大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

タグ: YouTube

ドウモ( ・∀・)っ旦
このところ、全然動画をアップしていない私ではありますが、これではいかんと思い、急遽、動画を作成することに。
以前から、今までの動画の作り方とは全く違う考え方で作ってみようと思っていて、その試験的な位置づけになるんだけれど…

レモンシロップを作ろう
さて、それで実際に作った動画は、こちら。

https://youtu.be/IgTqlA2IOmw

動画の製作裏話
ってことで、この動画を作るにあたって、色々と裏話みたいなものを。
この動画は、前述の通り、これまでとは違う考え方で作ることにしてみた。
と、いうのも、今までは、棒読みちゃんを使って解説音声を入れることはあっても、今回のように、トーク形式で作ったことは無かったんだわ。
なぜトーク形式での解説動画を作らなかったかというと、会話を行わせるというシナリオの作り方に、自信がなかったから。
でも、他の投降者の、ゆっくり解説の動画を視聴していると、単独で淡々と語らせるよりも、トーク形式のほうが、解りやすいとは思っていたんだわ。
なので、今回は、その、トーク形式で、行き当たりばったりで原稿を作成して、それを読み上げさせるようにした、というわけ。
また、字幕を入れたほうが、動画としても解りやすいとは思ったんだけれど、今回は、動画の製作時間の短縮を図るため、その手間をあえて省略した。字幕を入れていない動画も、色々あるもんだから。

動画の製作ソフト
さて。
今回の動画の製作にあたって、まず動画の撮影は、ウェブカメラで行った。
撮影の為のカメラがあればいいんだけれど、予算の都合で購入することができないし、それに、とりあえず身近にあるものを利用すればいいやと思って。
で、動画の編集は、いつも通りPowerDirectorを使用。ここに、棒読みちゃんを使用し出力した音声データを貼り付けていく、という方法を取ってる。
ちなみに、ゆっくりボイスを使用した動画の製作を円滑に行えるツールがあるのは承知しているんだけれど、たとえ手間がかかっても、慣れた環境の元で動画の編集をしたいと思っているもんだから、今後も、この手の動画は、同じ方法で製作していくことになると思う。

次回の動画は…
肝心の動画の完成度については、まあお察しって感じかなあ。
んでも、トーク形式の動画を作ることが、とりあえずはできたということは、私の自信に繋がってる。
このトーク形式の動画製作なら、いろんな解説動画を作る事もできるだろうし、動画の作り方についても幅ができるんじゃないかな、と思ってるわけ。
実際、読み上げる原稿だけ先に用意しておいて、あとはその読み上げる原稿に相応しい画像を貼り付けていくだけで、それで動画ができるわけだから、わざわざ映像を撮影する必要性もなくなってくるんだし、動画のネタも、小出しにできるんじゃないかな、と思ってたりする。
で、次回の動画については、実はこのブログを執筆しているタイミングで、すでに編集作業をしていたりします(゚∀゚)
はてさて、どのような動画になるかな?




まいどでやんす。
このブログも、例によって、デイケアで記事を書いていたりします。
昨日は、丸1日費やして、「広汎性発達障害って、何?」という動画を作りました。が、動画のエンコード作業を始めた時になってはじめて、すでに23時を過ぎていたのに気がつき、速攻で寝ました(´・ω・`)
アスペルガー者特有の、過集中ってやつですね。
その、過集中のおかげで、1日であの動画を作り上げることができたわけだけれど、一方で、そうやって、一気に動画を作ってしまわないと、動画をうまく作る事ができなかったりします。
このあたりも、発達障害の特性を考慮すると説明がつくわけだけれど、つくづく面倒くさい頭脳構造だよなあ。普通だったら、少しずつこつこつとやっていくんだろうけれど、そもそも、人とは違う思考特性をしているそうなので、やむを得ないんだよなあ。

私のゆっくり解説の作り方
ってことで、いわゆる、ゆっくりボイスを使用した解説動画を作ったわけですが…
ゆっくり動画は、現在では、ゆっくりムービーメーカーを使用しての制作が大半です。そのほうが、作業効率が高いそうですから。
だけど、私は、その方法は取っていません。そもそも、そのゆっくりムービーメーカーのライセンス条件を理解するのが面倒くさいってのと、それと、そのソフトの操作を覚えるのも手間だし、出力できる動画サイズにも限界があったものですから。
なので、私は、パワーディレクターという動画編集ソフトと、棒読みちゃん、テキストエディタなどを使用し、動画を製作するようにしました。

原稿は、どこでも書ける、けど…
まず、動画の原稿を書き上げるわけですが、原稿そのものは、その原稿を作成するための端末さえあれば、どこでもできはします。
AndroidタブレットとWinタブの2台、そしてBluetooth接続キーボードの3つがありますので、キーボードを使用して原稿を書くという工程そのものは、自宅のPCでも同じです。
ですけれど、Androidタブレットでは、なぜか外部接続キーボードではATOKが使えない(´・ω・`)これはその機種の仕様上の問題で、これがともかく不便極まりないんですわ。
そしてWinタブについては、もちろんメインPCと同じATOKが使用できるため、文章入力もスムーズに行う事が出来ます、けれど、タブレット版Windowsは、やや操作環境が違う(これはタブレットならではの問題で、どうしようもないんです)。
原稿の保存先は、Cloudで行っているわけですけれど、AndroidタブレットではGoogleKeepを、WinタブではOneNoteをあえて使用するなど、保存先が統一されていないんですね。
その、保存された原稿を、今度はメインPCのテキストエディタにコピーして使用しているわけでして、正直、作業効率がいいとは言えないんですわ。
正直言うと、小型ノートPCを導入さえすれば、さらに作業効率が上がるのでしょうけれど、今のところその導入に関しては見送ってます。そりゃ別に買ってもいいけどさ、買うと今使っているそれぞれのタブレットが無駄になるし、そもそも充分使いこなせていますんで、不満は一切ないんです。だから、あえて購入する必要そのものがないってわけ。
ちとCloudベースでのテキストエディタ、なんか考えないといけないですね。Evernoteを使うべきなんかなあ。

棒読みちゃんで原稿を読ませる
そして、仕上げた原稿を、今度は棒読みちゃんを使用し、読み上げさせます。
立ち上げた棒読みちゃんに、段落ごとに原稿を読ませ、それをすべてファイル出力しているんですね。
もちろん、この時に、読み間違いがないかとか、また、英語については、また別の読み上げソフトを使用して録音するなどして、微調整していってます。
そして出力したファイルの名前にナンバリングし、それをそのままパワーディレクターに読み込ませているわけですね。

動画編集は…
音声を動画編集ソフトに取り組んだら、今度は、その音声ファイルと、元となっている原稿をテロップとして関連づけし、音声ファイルの長さと、読み上げている原稿のテロップの表示を同じ長さに調整し、また音声ファイルと原稿テロップを…ってのを繰り返します。
そして、段落と段落を、そのまま連続して読ませてしまうと、やはり解りづらいので、ある程度間隔をあけるようにしてはいるのですが、前回の動画では、まだ違和感がありますので、微調整を続けなければなりませんね。

映像や図を挿入する
そして映像と図を挿入していくわけですが、前回の動画では、フリーで使用することができる画像を選び、図についても、厚生労働省HPのものを使用することにしました。
本当は、自分で図を製作し使用するのが一番いいのでしょうけれど、このあたりは、いずれ検討する、ということで…。

動画として出力する
そして、動画編集ソフトの最終段階として、動画を出力するわけですが…
動画は、今のところ、1920×1080の、フルHDにて出力しています。このほうが、文字が見やすいですから。
でも、その動画を見る人からすると、ファイルサイズが大きいという問題が出るのやも知れません。
幸いにも、動画そのものに、大きな動きはありませんので、フルHDで出力しても、前回の動画では200MBちょいのサイズで収まりました。
また、ニコニコ動画が、1.5GBまでのファイルサイズに対応したことから、こうしたゆっくり解説動画については、従来まで行っていたニコニコ動画専用のエンコードを行わずに投稿することにし、動画投稿に関する作業効率を向上させるようにしました。
正直言って、この、ニコニコ動画の、ファイルサイズに関する動画投稿制限の緩和は、私にとっては、非常にありがたいことですね。ただ、プレミアムアカウントであれば、フルサイズで動画の視聴が可能なのでしょうけれど、一般会員の場合だと、従来通りの動画視聴制限があるはずですから、あえてYoutube版へのリンクをつけることにしています。

動画説明文を記載する
Youtube、ニコニコ動画それぞれ、動画をただアップロードするだけではありません。
まず、動画のサムネイルを選ばなければならないのですが、これは、動画始まって5秒の状態を、それぞれ共通して使用することにしました。
また、Youtube版は、チャンネル登録の動画を付加することで、視聴者数を増やすことができるそうですが、こちらは今のところ検討課題としています。Youtube版、ニコ動版にそれぞれ共通する告知動画を付加しておいても良さそうですが、それはさておき。
そして動画の説明文を記載するわけですが、基本的な情報は、YouTube版、ニコ動版共通です。
困るのが、動画のタグをどうするか、ですが…
その動画のテーマにしたがったタグを付けるわけですが、どんなタグをつけると有効なのか、悩むところ。特にニコ動版は、私が自由に設定できるタグは5つまでですので、有効なタグをどうつけるのかが問題となります。
なお、YouTube版でいうところの「再生リスト」、ニコ動版で言うところの「マイリスト」は、まだ設定していません。いずれ設定し、定型文として使用するのがいいのでしょうね。

そしてブログを書く
YouTube版、ニコ動版の動画の投稿作業が終了したら、今度は、その動画に関するブログ記事を執筆するわけですが…
動画に対する補足説明やら、その動画に関する愚痴など、好き勝手に書いておいて、ついでに、動画に使用した原稿をそのままコピペして、動画投稿完了! って感じにしています。
でも、これで終わらないんですね。
投稿したブログのアドレスを、それぞれ投稿した動画の説明文に追加して、これでようやく、一連の作業が終了する、とまあ、こういう感じです。

一番やっかいなのが、やはり、こうした一連の作業を、一気に行わなければ、自分自身がうまく作業ができない、ということでして…
まず原稿を一気に書き上げる。
棒読み音声を一気に出力する。
動画を一気に作り上げる。
動画を投稿し、動画説明文を書き、ブログ記事を投稿し、動画説明文を修正する。
この4つの行程に分散させるのであれば、なんとか作業を行うことはできます。
ですので、今後は、この4つの工程に分けて、作業を分散させるつもりなんだけれど、果たして、うまくいくのやら。

ちなみに。
実はつい先ほど、「ADHDって、なに?(仮題)」という動画の原稿を、一気に書き上げたばかりでして。
これを、メインPCでゆっくりボイスに変換して動画作って文章作って云々…面倒くさいよねえ…。
んでも仕事にしているんだし、しゃあない。他の発達障害者の人達の為にも、頑張るです(`・ω・´)ゞ


https://youtu.be/J_NdCZyXeac 

と、いうことで、自分自身の発達障害に関するトークの第二弾です。
前回の動画は、あとで画面サイズを小さくエンコードしてしまったことが解った為、今回は、ちゃんと1920×1080のフルサイズでエンコードしました。時間かかった(´・ω・`)
それと、アノテーションも色々と追加しています。話している内容について、あとから情報を付加できるので、便利でいいですね、この機能は。
なお、発達障害の体験談として、色々と話したいこともありますけれど、一度に動画をたくさん作ってアップしまくってもしょうがないんで、ちょっとずつやっていけばいいかな、と思っております。
動画の編集技術も身につけなきゃならんし、他にも色々と考えなきゃならんこともあるし。それに何より、自分自身のこれからのことを考えると、本当に先が思いやられるわ。
先日もTwitterで、
なんてことを書いたりもしましたが…
こうした苦しさってのは、当事者でなければ解らないし、当事者以外の人達は、その当事者がなぜ苦しいのか理解する努力ができる人でないと、理解できないんだよなあ。
もっとも、その人がなぜ苦しいのか理解しようともせず、危害を加えようとしている連中の相手をする必要はないんだし、そういう人達って、なんか見ててかわいそうだなと思ったりもするけれど、とりあえずほっとけばいいか。痛い目見ないと解らないんだろうしさ。

愚痴はともかくとして…。

動画の作り方そのものは、今まで通り、シンプルなやりかたで今はいいと思う。そもそも高度な編集技術なんぞ持ち合わせていないし、むしろ凝ってしまうと、編集そのものに多大な時間と労力がかかってしまう。それよりも今は情報を提供するのを最優先にしなきゃね。
次の動画から、なるべく役に立てる話なんぞをやってみるとしますか。



 

このページのトップヘ