大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

タグ: ADHD

まいど(*・ω・)ノ
ちと、私がストリーム配信している、ニコ生での生放送で、リスナーさんから、「耳で聞くのが苦手なのはどうしてか」とかいう話題があったので、その話題を今回の記事のネタにさせてもらいますです。
私が発達障害の診断を受けたときに、医師から受けたアドバイスのひとつに、「意思疎通は、会話ではなく文章で行うように」と、メールなどを活用するようにと指導を受けています。
日常会話であっても、相手の言葉を耳で正確にとらえるのが苦手なところがあるわけなのですが…

耳が悪い、わけじゃない
そもそも、会話というものは、口で発声し、耳で聞くものです。
その、耳で聞くことそのものが不得手なんです。
mimi_sumasu_man2
でも、決して耳が悪いわけじゃない。
私の場合だと、左耳は、現在、耳鳴りに悩まされていて、ある一定の音域をとらえるのが苦手ではあるのですが、それでも、音は普通に聞こえます。右耳は異常なしです。
なので、音が聞こえたら、聞こえてることはもちろん解ります。
その上で、会話に関するやり取りを行うことが、そもそも健常者と比較して、とてつもなく苦手なんですね。
これには、さまざまな条件や要因が重なってくるんですけれど…

言われたことをすぐ忘れてしまう
症状として一番困っているのは、まさしくこれです。
発達障害者は、ワーキングメモリ(瞬間記憶)が、健常者のそれよりはるかに劣っています。
body_nou
これは、脳の「海馬」と呼ばれている部分に異常があるためとされているわけですが、このあたりの話については、いずれまたわかりやすく解説できるようにしてみます。この部分を明確に理解していただければ、発達障害者が苦手としている部分が見えてくると思います。
ともあれ、この脳の機能が著しく劣っているため、その場で行われている会話についても、次々に忘れてしまっていくんですね。
ひとつの例として、電話をしていて、その電話を切ったときに、今まで何をしゃべっていたのかわからなくなってしまったりします
こうしたことは、誰にでも一度は経験したことがあるとは思うのですが、その頻度がとてつもなく多いんですね。

言葉を誤解したり曲解したりしてしまう
そして、このワーキングメモリが原因による症状として、瞬間記憶の記憶違いも頻繁に発生します
相手が言っていることと、まったく関係のない回答をしてしまうことも多くあるのですが、それも、相手が何をしゃべっていたのかを、部分的に忘れてしまうから、と考えられます。
悦子と一緒に精神科医の診察を受けていたとき、医師の質問に対して、私はその質問を正確にとらえ、回答した、つもりでした。しかし悦子から、「しーちゃん気付いてる?全然関係ないことを言ってるよ」と言われたことがあったり…。
おそらく、そうした私の勘違い発言で、悦子もかなり苦労しているとは思うんですけれど…でも、私はそのとき、何をどう勘違いしているのか、全然わからないんです。

複数の話題についていけない
さらに、発達障害者は、ひとつのこと「だけ」しかできません。同時に複数のことを並列で行うことが苦手なのです
たとえば、会話中に、ひとつの話題で盛り上がっているときに、その話題とは全く関係の話題が突然振られてしまうと、それまで何を話していたのか、すっぽり消えてしまうんですね。
この症状は、会話だけでなく、実生活についても同じことが言えます。「これおねがい。…ついでにこれも」という感じでお願いされてしまうと、それがとても簡単なことであったとしても混乱してしまいます
ひとつの話題にまず集中させ、それをすべて終わらせてから、次の話題にうつるようにしなければ、それがどんな簡単な内容であったとしても、ワーキングメモリが劣っている発達障害者は、解らなくなってしまうんです。

周囲の音に疎外されて集中できない
たとえ1対1の会話であっても、周囲にさまざまな音が発生している場合、その会話に集中できない、あるいは音が混ざって聞こえてしまったりして、相手が何を言っているのかわからなくなります。それが、どのような些細な音であったとしても。
これは無意識のうちに、周囲の音を気にしてしまう傾向があるからで、決して耳が悪いわけではありません。

実は会議が苦手
さらに、これは特に自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の場合になりますが…
一対複数の対話が、とてつもなく苦手です。
kazoku_kaigi
これは悦子からも指摘されたことなのですが、家族での会話であったとしても、他の人がいろいろしゃべっていると、私はだまって聞いているだけになります。積極的に会話の輪の中に入ることができないんです。
要するに、1対1の会話のキャッチボールができているのであれば、ある一定の会話は可能です。ですが、どこからボールが飛んでくるかわからないような、複数での会話の場合は、やはり私はダメです
先日も、とあるワークショップに参加していましたが、どうやっても、うまく話すことができませんでした。
こうした、複数での会話の場は、さまざまな話題であふれています。それを頭の中でうまく整理することが非常に難しいんです。
講演会のような、一人で延々としゃべるだけの場であれば、なんとかなるのですが。

会話が苦手な発達障害者が取る対策は?

そこまで会話が苦手で、すぐに忘れてしまうのであれば、ならメモを取りながら話せばいいのでは、と思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、上記に書いたように、発達障害者は、複数の作業を同時に行うのが苦手です。話を聞きながらメモを取ることも、非常に難しいんです

会話が苦手な発達障害者が心がけることはあるの?
そんなこんなで、会話が、脳の機能障害のせいで苦手な私ですが…
では、どのようにすれば、うまく会話ができるか、どんな工夫ができるのかについて、私自身、いろいろとやってみたところ、対話の場面において、絶対にうまくいくような方法は、まだひとつも見つかっていません
唯一、わからなければ、もう一度言ってもらうようお願いするくらいでして…
私が落ち着くことができる雰囲気で、1対1での会話、そして相手が安心できると感じることができた場合は、会話そのものは、ある程度うまくいきます
もっとも、アスペルガー者の特性である、特徴的な言葉遣いがあるため、誤解されることも多々ありますが、そのあたりは、私の言葉は事務的にとらえて欲しいと事前に伝え、相手に理解してもらうようにしています。
そしてそれ以上に、なるべく文章でのやり取りを行うよう心掛けています。文章、特にメールやLINEであれば、送信する前に見直すこともできたりして確認しやすく、また情報を反復して読むことで理解がしやすいですね。
もっとも、中には、そうした文章でのやり取りを拒否されることもあります。やむを得ないのかもしれませんが…。

発達障害者に対して健常者に心がけてほしいこと
では、発達障害者に対して意思疎通をする際に、何を心がけてほしいか、ですが…。
hitsudan
発達障害者側は、しっかりと自分の意思を伝えたいと考えています。そのために、一般的な手段での意思疎通ではなく、筆談や、メールなどでの、文章でのやり取りを希望することもあります。
その希望を尊重しさえいただければ、安心して会話を行うことができるのです。
ですので、口でしゃべったほうが楽だとか、面倒くさいとか思わず、正確に、かつ明確に意思疎通ができるよう、配慮をお願いします

余談。ニコ生での私の感覚は?
ところで。
ニコ生でストリーム配信をずっと続けている私ではありますが、そのさい、リスナーさんとの対話がスムーズにできている、と感じている方も多くいらっしゃるはずです。
その、ニコ生での私の感覚は、その対話の場においては、1対0です。つまり、一般的な会話の感覚とは違うんです。
その時の私の感覚は、送信されたデータに対して受け答えをしている、という表現でいいと思います。
それでも、ひとつの話題に集中しているときに、まったく関係のないコメントがきてしまうと、それまで話していたことが頭の中から吹っ飛んでしまうことは多々。
こうしたことを自覚したことも、精神的にはしんどいことではあるけれど…しょうがないんだよなあ…。









どうも(*・ω・)ノ
なんだかんだで毎日何かしらやらかしている私ではありますが、それもこれも、脳の異常によるもの。
その異常のせいで、健常者と比較してかなり面倒な生活を送っておりますが、工夫することによって、何とかなっていることもあるんです。

自転車かスクーターに乗って移動してます
さてさて、私が住んでいる地域は、公共交通手段があまり整備されていません。
バス停まで遠いわ、そのバスも1時間に1本バスが来るかどうかって感じで、都心部に比べて、移動が不便だったりします。タクシーしょっちゅう呼べるほどお金もありませんし。
ですので、徳島で住むには、こうした公共交通手段があまり整備されていないことから、生活には移動手段が必須。なので、一般家庭でも、車を数段保有していることも珍しくありません。
言い換えると、それだけ徳島で暮らすためには、自家用車などが必要、ということなんですね。
かくいう私は、自転車とスクーターを併用しています。

自転車はなぜか2台あります
yubin_jitensya_bin
自転車は、クロスバイクを使用。クロスバイクっていっても、手ごろなお値段のものなんですけどね。
1台目は、交通事故に逢って廃車(´・ω・`)
2台目は、その交通事故で廃車になったクロスバイクと同等のものを入手。さらに荷台や前かごをつけて、荷物の運搬を容易にできるようにしてました。
が。なんと盗難に逢いまして、やむを得ず、通販で、送料込み1万円ちょいくらいのクロスバイクを購入し、使用し続けておりました。
クロスバイク 自転車 【即納】【送料無料】 26インチ 軽量 シマノ6段変速 メンズ レディース 男性 女性 通勤 通学 街乗り おしゃれ 【一年安心保障】
クロスバイク 自転車 【即納】【送料無料】 26インチ 軽量 シマノ6段変速 メンズ レディース 男性 女性 通勤 通学 街乗り おしゃれ 【一年安心保障】
↑こういうのです。
そして盗難に逢ってから1年後くらいだったかな。警察から連絡がありまして、その盗難にあっていた自転車が見つかった、とのこと。
なので、現在、私の自転車は2台。気分に合わせて使い分けていたり、また、悦子とのサイクリングデートにも使っていたりします。
手ごろな値段のクロスバイクですが、楽しいですよ♪ 最近は、月500円くらいで自転車用の任意保険があるようですし、私も早めに入っておかなければ。

中古でスクーターも入手
bike_scooter_man
そしてスクーターも、こちらは中古で3万円で譲ってもらいまして、それを現在ではおもに使用しています。何しろ、通っている場所までかなりの距離がありまして、自転車で行くにも無理があるもんだから。
このスクーターで、今まで、広島まで二度ほど行ったこともあったのですが…
実は購入してから、何度も故障したりトラブルに逢ったりしてですね、修理代だけで10万円は使ってます(´・ω・`)
タイヤの交換は、これは必要なことだから当然だとしても、マフラーに穴が開いてだめになって丸ごと交換したり、スピードメーターが動かなくなってその部品も交換しなきゃならなくなったとか、あげくのはてに、ベルトがちぎれて走行不能になったとか。
よくこんな状態で、2回も広島まで往復して無事だったもんです、はい。
特にベルトについては、引きちぎれてずたぼろになっておりまして、バイク屋さんがいうには、「場合によっては転倒して大事故になっていたかも」とか言われたり…こわいこわい。
んでもまあ、こうしたトラブルに逢ったことから、最重要パーツはすべて交換していますので、これで安心して乗れるってもんです、はい。…修理代トータルしたら新車買えてるやんけ。まあいいけどね。スクーターで移動するために節約できる時間を買ったわけだから。

自転車にもスクーターにも鍵は必須!
で、この自転車にもスクーターにも、当然鍵はついています。
key
鍵は、カラビナにつけて、家の鍵と一緒にし、計3つの鍵をまとめているわけですが…
出かけるときになって、鍵を探すことなんてのは、日常茶飯事!!
自宅に帰って鍵を置いて、次の瞬間、鍵をどこに置いたのかわからなくなってあちらこちらを探すことなんて当たり前。
それどころか、どこを探しても見つからない、まさか…と思って外を見ると、スクーターにしっかり鍵が刺さったままになっとる。これが一度や二度じゃなく、しょっちゅうだから困ったもんです。

それって誰にでもあることだよね?と思うでしょ。でもね…

こんなことは、私にとっては日常的なわけですが…
鍵をどこに置いたのか忘れたなんて、誰にでも経験あるよと、おそらく誰もが思うんじゃないでしょうか
確かに、こうして、鍵をどこに置いたかとかいう、うっかりミスってのは、誰にでもあります。
ですが、発達障害の3つの特性のうち、ADHDが強く出ている人は、この頻度が非常に高いんです
こうして鍵がどこに置いたか忘れたのが、年に数度くらいある程度なら、これは誰にでもあることです。
でも、ADHDの特性が強い人は、それがほぼ毎日なんです(´・ω・`)
これは、脳の機能のうち、海馬という、短期記憶をつかさどる部位が成長していないため、あるいは、脳に何らかのノイズが発生するためなどと言われておりますが、ともあれ、健常者と比較して、この海馬がうまく機能していないため、短期記憶が苦手となり、結果、生活に支障が出る、とまあ、こういうわけ
要するに、こうして、すぐものを忘れてしまうのは、それは脳に異常があるためで、その人自身が悪いわけじゃないんです。
このあたりの話は、「障害者とは何か」を考えていただくとわかるかな。いずれ記事にしてみます。

鍵を紛失しないようにした私の工夫
では、どうすれば、可能な限り、鍵を探す手間を省くことができるようになるのか。
そもそも、私、発達障害の勉強をするまで、私がそうしてしょっちゅう鍵を探すことそのものを意識していませんでした。私にとって、そうして困ることそのものが、当たり前だったし、どうすればうまくいくかと考えることすらなかったんですね。
その上で、ADHDの特性を理解し、では、どのようにすれば、鍵を可能な限り紛失しないようにできるか。鍵を置いた場所を忘れないようにする努力ではなく、鍵の置き場所を気にしなくて済むように工夫することを考えたんです
私は、出かける際は、必ず、バッグを持ち出すようにしています。些細な用事であっても、です。
このバッグの中には、外出先で使用するであろうさまざまな道具が入っています。財布や携帯はもちろんのこと、身分証明書、医療関係の書類、血糖値を測定する機械、外出用の手帳、ノート、タブレットPCなどなど…
こうして、外出先で必要になると思われるものを全部持っていこうとするのは、これはアスペルガー者(自閉症スペクトラム)の特徴でもあるようなのですが、この話しについては、またの機会にするとして。
このバッグに、鍵を、カラビナでまとめて、バッグの金具に必ず取り付けるようにしました。

それでも完璧ではないけれど
このように、バッグに鍵を取り付けるようにしさえすれば、バッグを身に着けると、自動的に鍵も手にすることができます。
つまり、鍵を探すという行動を行うという手間から、私はこれである程度解放されたんです
でも、完璧ではないんですわこれが。
前述のように、スクーターに鍵をつけっぱなしにすることは、これは現在でも、週に一度は、必ずやらかします。…よく盗難にあわなかったなあ、ほんと。
それでも、以前とはくらべものにならないくらい、鍵を探す手間がなくなりました。言い方を変えると、鍵を探すという無駄な時間を、かなり減退させたわけですね。
ただ、現在ではそのようにできてはいるものの、発達障害者は、そもそも習慣づけが難しいとも言われているように、その習慣を行う明確な理由を強く意識しなければ、鍵をかばんに取り付けるという行為に繋がりません。実際、現在でも、頻度は減りましたが、かばんに鍵を取り付けなかったことで、鍵を探すことはあります。
ですが、それでも、以前に比べて、鍵を探す頻度は大幅に下がっています。
私の場合、「かばんに鍵を取り付ける明確な理由」を認識する必要があったからこそ、意識してかばんに鍵をつけるようになっていますけれど、その意識ができなかった場合は、スクーターにつけっぱなしだったり、家のどこかに鍵を置いてたりして、困ったことになってしまいます。

なお、なぜスクーターに鍵をつけっぱなしにしてしまうのかについては、その時の様子の言語化もできていますし、いずれ紹介します。





YouTube版 → https://youtu.be/m6KrUgilYcc

ってことで、かなり間があきましたけれど、発達障害体験談の、ゆっくり解説動画をアップロードしました。
今回は、フリーズについての解説ですけれど、編集中、「これって、別に、発達障害者じゃなくとも、健常者でも発生するよね」って思いはしたんですけどね。
んでも、こうした状態に、発達障害者がなりやすいってのもありますし、まあいいか、って感じです。
例によって、動画編集中、動画に関連しているようでどうでもいいようなコメントもいくつか書いていたりもします。嫁さん大好き、とかね(゚∀゚)
それにしても、私の嫁さん、…まだ婚約状態だけど…、ほんとにすごいと思うんだよね。私ができないこと、苦手なことを、はいはいって感じでやってのけてしまいますから。それに、私の事をよく見てくれてる。
一方、私が、彼女が調子が悪そうとか、そういうのを見抜くことができない、言ってくれなきゃわからないってのが、心苦しかったりもします。脳機能障害のため、努力しても、そういうことができないってのは、解ってはいるつもりなんですけどね、んでも健常者だったら、少しでも彼女の様子が悪そうなら、言われなくても気がつくんだろうなあ、と思ったりして、心苦しかったりしますです、はい。

ちなみに、この動画の中にもちと書きましたが、「ワーキングメモリ」についての解説を行う予定です。
こちらは、まだ言語化そのものは完全ではないものの、様々な方の協力を得ながら、実際にその開設手順でいいのかどうか、確認を行っているところです。
その中でひとつ思うのが、ワーキングメモリの解説を行うさい、解りやすく例える方法を模索し、ひとつの結論を出したのですが…
その方法を用いると、実際に脳内で発生している症状とは違いはするものの、結論は同じだ、という感じの内容になってしまいます。ですが、症状を理解するためには、その例えでもって話をすすめるほうが解りやすい。 
では、医学的には間違っているものの、理解しやすい方法で解説をして本当にいいのかどうか、ってところなんです。
イメージしやすい方法ではあるが、でも医学的には間違っている、それで本当にいいのか、ってことですね。
そのあたりを、今年中に結論を出して、実際にその方法で解説するか、あるいは、あえて解説しないでおくかを決めてみますです、はい。

ってことで、この動画に使用した元の原稿を、例によってそのまま掲載します。
 

 続きを読む

昨日の朝の話なんだけれど…

徳島は、台風真っ盛りで、外はもちろん暴風域。 その様子を撮影して、動画としてアップロードしてたりもします。映像は迫力ないけど。


YouTube版 → https://youtu.be/UiQL0kqAHio

そして、自宅で、まったりのんびりと、色々と書き物をしつつ、今後どういう風に勉強していこうかな、などなどと考えているうちにですね、ふと、ノートが気になりました。
筆記には、もちろんノートも重要な要素でして、そのノートと、筆記具との相性については、非常に興味深く考えているところ。
安定して使用できているのは、コクヨのキャンパスノートなのですが、他にも、様々なメーカーから、様々なノートが発売されています。
そして重要な事として、各社で使用しているノートは、それぞれ紙質が違いましてですね…
以前手に入れたキョクトウ・アソシエイツのノートは、表面がざらざらしていて、万年筆での筆記の際は、その紙のざらつきがどうしても気になってしまう。
コクヨやツバメのノートは、表面がつるつるしていて、万年筆での筆記でも、安定しているんだけれど、んでもそれなりのコストがかかってしまう。
そんなことを考えていると、ふと、ダイレックスに、プラス社のノートが、10冊セットで格安で販売されていることを思い出し、すぐにでもその書き味を試したい、と思ったわけです。
そうなると、台風で荒れ狂っている天気模様のことなぞあまり考えず、雨具を着込んでスクーターに乗り込んだわけですが…50メートルもいかないうちに挫折しました(´・ω・`)
そして、自宅に帰り、思うわけです。「私、何やってんだろ」と。
そもそも、そのノートは、今すぐ手に入れなければならないような、重要な事ではなかった。冷静に考えると、優先順位も非常に低い。にもかかわらず、どうしても、そのノートを今すぐ手に入れて書き味を試したい、と考え、現在の天気模様を考えず、出かけた、とまあ、こういうわけなんですわ。
なお。
台風が過ぎ去った夕方、再びスクーターにまたがり、その気になっていたノートを手に入れたんですけれど、手に入れただけで終わってしまい、まだ試し書きすらしていなかったりします。要するに、そのノートを手に入れたことで満足し、その衝動にけりをつけることができたわけです

ADHDの衝動性とは、こういうこと
今日、そのあたりをカウンセラーに確認をしてみたところ、それはADHDの衝動性が理由である、ということでして。
このように、冷静に考えると、今行わなくてもいいことであるにもかかわらず、そのことで頭がいっぱいになってしまい、状況を考えず実行してしまう
んでも、こうした、衝動にかられて行動してしまうことは、実際には、誰にでもあることです。
ですが、その頻度が非常に多いことから、それが「障害」であると認定されているわけですね。
後に、冷静になって当時のことを振り返ってみると、「そのノートを今すぐ入手し、試し書きをしなければ気がすまない」という思考パターンになっています
この、衝動的な思考については、普段は理性でもって押さえているわけですが…
たとえば、「○○をしたい」と、ふと思いついたときは、その内容をまずメモや手帳に書き留め、翌日以降、改めてその内容を確認し、実際にそれが必要なのかどうかなどを考えるようにしています。
ですが、その理性が働かず、突発的に、無鉄砲な行動を起こすことが頻繁に発生する、ということが言えます。
もちろん、そうした衝動性については、繰り返しになりますが、理性でもって抑えてはいます。しかし、その理性が働かない状態になってしまうことがあるわけですね。
カウンセラーによると、そうした衝動性は、完全に抑えきることは、事実上不可能らしい。んでも、理性をしっかり保てるようにすることで、ある程度抑えることはできる、とのこと
このあたりは、以前からも何度も聞いていたことではあったんだけれど、昨日の出来事があったからこそ、あらためて、自分自身の、そうした衝動にかられての行動を認識することができ、ひとつ勉強にはなりました。

衝動性を抑える為に、私が行っていること
以前から、そうした衝動性を抑える為に、私が何をしているかというと、ありとあらゆる物事について、理由をつけていること。つまり、価値観の構築ですね。
その物事について、納得さえしてしまえば、衝動は収まります。なので、納得できるよう、理由を探り出しているわけです。
言い方を変えると、好奇心を満たすことさえできれば、衝動性は収まります。その好奇心を、どの段階でけりをつけられるかが問題になってくるわけです。
それと、ADHD改善薬の服用も、そうした衝動性を抑えるのに役立っています。

いずれにせよ、昨日の出来事が、私の、衝動性に関する思考特性を読み解くことができたことは、私にとって、大きな出来事でした。
この、衝動性は、衝動買いについても、同じくADHDの特性のひとつとしてあげられます。いろんなものが私の身の回りにあるのも、こうした衝動性が理由である、と言い換えることもできるわけです。
そして、衝動性を出さない為には、その衝動が発生する物事について、明確な価値観を構築することが大切であることも解っています。
ですので、現在、様々な物事に関する価値観の、徹底した構築を行っているわけですが、構築する価値観の項目があまりにも多くて、まだまだ時間がかかっていますです、はい。



YouTube版 → https://youtu.be/4EnVd1rL890

ってことで、今回は、フラッシュバックについての解説動画を作ってみました。
例によって、原稿を外出先で、動画の編集作業を自宅で行っています。
ちなみに、今回は、段落の間を、1秒を基準にあけてみたりしていますが、それ以上に、動画編集のコツをすこし掴みまして、作業スピードを向上させることができました。
んでも、帰宅してから、結局、3時間くらい作業しているのかな。原稿そのものは、1時間くらいで仕上げましたけどね。
他にも、動画に細かな仕様変更を行っています。他にも色々と工夫しなければならないところもあるのですが、このあたりは、私の変種技術の未熟さ故、仕方がないですね。

ってことで、このブログの続きに、この動画を作る際に使用した原稿を公開します。
動画編集中、テロップでアドリブを入れたりしていますけれど、そのあたりは、この原稿には反映されていません。



 続きを読む

このページのトップヘ