大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

タグ: ロジカルシンキング

ロジカルシンキング、要するに論理的思考ってやつなんだけれど、どうも私、もともと論理的思考ができているみたい。
ただ、それを補う為にも、紙に書いて明確にする必要があるわけでして、それで役に立っているのが、
この本。
マッキンゼー式ロジカルシンキングと銘打った本はたくさんあるけれど、この本の著者である赤羽雄二さんの本が、極めて一般向けなんじゃないかな、と思ってたりします。
実際Twitte上でも評価高いですよ。
この本の中で紹介されている「A4メモ術」を用いて考え事をしているわけなんだけれど、その考える内容については、私としては、どちらかというと、お遊びみたいな感覚で取り組んでいたりします。
ただし、私のやりかたは、赤羽さんの開発した方法を、自分がやりやすいよう、自分なりに改造していたりもします。
で、今日、そのお遊びの一環で、何を考えたかをTwitterでアップしてみました。










…今振り返ったら、7つ目、アップしてないでやんの。まあいいや。

今日書いたことは、全部まとめてファイル書庫に放り込んで、終了!
あとでフランクリンプランナーに計画を移し替えることもありますけれど、まあとりあえず、今日はこれで終わり!って感じです、はい。

ちなみに、使用した筆記具は、私はパーカーのボールペン。で、赤羽さんは、Vコーンを使用しているとか。
私は速記の際は、ちと力が入ってしまうんで、ボールペンのほうが有利。このところ、油性ボールペンも、色合いがよくなってきて、いい感じです、はい。

発達障害、特にADHDは、集中力の持続が非常に難しく、ひとつの物事を深く考えようとしても、集中力が途切れて考えることができなくなってしまう傾向があります。
そこで取り入れたのが、A4メモ術という方法。
この方法は、もともと、


こちらの書籍で紹介されていた方法なんだけれど、私の場合、少しばかりアレンジを加えて活用しています。
で、今日考えたことをTwitterで、画像で色々と投稿してみました。













…と、まあ、こんな感じで、1日10項目の事を、A4メモ術を使用して考える、というノルマをこなしました。

ちなみに、ここで考えた内容については、後日見直すことにもなりますし、また、重要な要素がある場合は、その場で手帳やノートに書き写してタスク化することもあります。
このA4メモ術というのは、けっこう面白い思考術ですんで、発達障害関係なく、ぜひ皆さんもお試し下さいませ。





 

このページのトップヘ