大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

カテゴリ : ニュース

先々週、NTTを名乗る相手から電話がかかってきました。
その電話に対して、「またか」とかいう感じに話を聞いていたんだけれど、実際には、本当にNTTからの電話でしてですね。
その電話の内容は、「現在の契約状況がわからないというお客様が多いため、黄色い封筒で契約状況がどうなっているのかの確認の書類を送っている、必ず目を通して欲しい」とのことでした。
そして先週、再びNTTから電話がかかり、封筒を確認したかどうか聞かれたのですが、封筒はまだ開封してはいないものの、契約内容は覚えているし、現在の契約のまま利用し続けることを伝えています。
ところで。
その、NTTを名乗る電話に、「またか」って感じで、うんざりした理由なんですけれど。

とてつもなく多い、光コラボレーションのセールス電話
NTTの回線をレンタルする、いわゆる「光コラボレーション」のセールスが、毎週のように自宅にかかってくるようになっていました。
そもそも、光コラボレーションってのは、携帯でいうところの、「NTT」「AU」「SOFTBANK」以外の、その各大手携帯電話会社の回線をレンタルし販売しているようなビジネスモデルです。
NTTのインターネット回線を一括で業者がレンタルし、その分格安でユーザーに利用できるようにしたもので、一般的なNTTの回線接続サービスよりも、毎月千円以上割安になるのが売りです。
その、光コラボレーションというのが解禁になってから、あっちこっちから勧誘の電話がかかるかかる!
私が現在契約しているOCNからも2度ありました(代理店ではなくOCNからの電話だったっぽい?)が、そのほか、Biglobeや、中には聞きなれない回線業者からの勧誘の電話もありました。
中には、「お世話になっております、私、NTTフレッツ光、光コラボレーションサポートセンター○○です」とかいう感じで電話をかけてくるもんだから、「私、あなたのところにお世話になっていませんよね?」とかいう感じで受け答えしたり。
要するに、「NTT○○」とかいう感じに、いかにもNTTの関連会社ですよ、とかいう感じで電話してくる連中が多いもんだから、ややこしいのなんの!
なので、そうしたセールスの電話に対しては、ネット回線に関する専門的な話をしたりして撃退し、二度と電話がかかってこないよう仕向けてもいたりもしてました。

私が回線を乗り換えない理由
ってことで、表題になるわけですけれど。
毎月、千円程度、回線利用料が下がることは、金額だけを見ると、年間を通じて2万円、あるいはそれ以上差額が発生する可能性があります。しかも、回線を乗り換えた場合、数万円のボーナスが出るようなものもあったりするんですね。
んでも、私は、回線を変更する意志がまったくなかったりします。
その最大の理由ってのは、回線業者を変更してしまった場合、その回線にトラブルが発生すると、NTTではなく、NTTとは違う回線業者が担当することになるからです
もちろん、修理対応は、実際にはNTTが行うでしょうけれど、万が一のトラブルに、迅速に対応する力が、そうした、NTTの回線をただ借りているだけの業者には無いと考えているんですね。
実際、NTTの場合、回線に何らかの異常が発生した場合は、基本的に、24時間対応してくれています。深夜は、留守番電話での対応ですが、担当が順次対応してくれていますので、対応が完了するまで1時間もかかったことはありません。
ですが、NTT以外の回線業者は、それだけのサポート力がない。そもそも24時間対応ではありませんし、回線業者が変更になった場合、たとえ故障であったとしても、NTTは顧客には対応しません。だって事実上、顧客じゃないもん。
しかも、インターネットに接続するための設備は、回線業者であっても、NTT基地局内にあるそうですので、基地局内での故障に対しても、すばやく対応できるとは考えにくい。
もっとも、これは、そもそもインターネット設備に対する私の知識の無さもあり、偏見もあるでしょうけれど。
そしてもうひとつの理由ってのは、そもそも、私、NTTの長期利用による割引サービスなどに加入しまくっていて、そうした回線業者を選ばずとも、かなり格安で回線を利用しているんです
むしろそうして回線業者を変更した場合、莫大な違約金が発生します。その違約金を支払うだけのメリットが、一切ないんです。
また、将来、現在住んでいる家から引越しすることにもなるでしょうが、そうして引越しする際の工事手数料にも差が出てくるんじゃないかなあ。これは実際に調べたわけじゃないけどね。
ともあれ、安定したサービスを受けるためには、このままNTT回線を利用し続けるほうが有利だ、ということがいえるんです。
そもそも、こうした光コラボレーションってのは、プロバイダとセットになっています
もし、プロバイダだけに不備があった場合、自由にプロバイダを変更することができないため、ネットに接続できなくなる可能性もある。そうなると、利用者の不利益が発生する可能性が出てきます。
実際、プロバイダをふたつ同時に契約していた時期がありまして、ルーターで、接続先プロバイダを変更して、ネット回線の安定化を図っていた時期もありました。今では、そういうことをする必要性もなくなりましたが。
ほんと、プロバイダの、サーバーのトラブルで、何度も泣かされたからなあ。たとえば、Toppaとか、それから、Toppaとか、ほかにも、Toppaとか…

スマホ業者も変えてません
もともと、光コラボレーションが解禁になる際、実際にそれがどのようなものなのか、メリットとデメリット、また、当時のNTTとの契約内容をあらかじめ頭の中に入れていたため、セールスの電話がかかってきても、そのまま断ることができていました。
ですが、私のように、事前に情報を仕入れていた場合はともかく、そのセールスの電話に乗っかって、回線業者を変えた方がたくさんいらっしゃるようで、そのトラブルがNTTに多く寄せられているようですね。
ですので、NTTも、やむを得ず、利用者一軒一軒に、こうして、契約内容の確認を促すようになっているんでしょう。
ちなみに、スマホについても、私はSOFTBANKのまま、ほかの回線業者に変更することなく、使い続けることになっています。
そもそも、私のスマホ代、毎月2千円ちょいだし、それに、大手キャリア以外と契約した際、上記のように、たとえば、スマホ本体が壊れたとかのトラブルに、迅速に対応できるかといえば、そうではないと考えていますから。
ともあれ、値段がただ安くなる、というだけに目を向けず、回線業者を変更した際のリスクについても、一考するほうがいいですよ、って話です、はい。

そういや、SOFTBANKから、光コラボレーションのセールス電話、かかってきたことはなかったなあ。

ってことで、タイトル通り、ハッピードリームサーカスの徳島公演に行ってきました(`・ω・´)ゞ
会場の様子などは、撮影が禁止されているため、画像をアップすることはできないんで、文章だけで感想を書いてみますです、はい。

徳島公演は、こぢんまりしている?
まず、サーカスが開催されているテントの中に入った感想ですが…
ちっちゃ!
中央にあるステージが、想像よりもすごく狭い?!
広さにすると、どれくらいだろう…?10メートルもないくらいの広さのように思えます。
その、ステージを囲むように観客席が配置されているわけですが、ステージとかなり近い印象がありますね。
実際、会場に入るとき、ステージ近くまで行くこともできますが、私が座った自由席との距離も、5メートルもないくらい、ともかく近い。
そして、天井に吊された様々なギミックが目に引きます。
また、会場内も、独特の匂いみたいなのがありました。ペンキの匂いのような…

実際のステージの様子は?

とまあ、そんなこんなで、会場入りしての第一印象は、「本当に大丈夫かなあ」って感じでして…
そもそも、サーカスそのものが初めてですし、サーカスといえば、動物使いも出てくるような大規模なものを勝手に想像していたもんだから、自分勝手に拍子抜けしてしまいました(関係者の皆さん、ごめんなさい)。
そして開演…女性5人とトリックスター(ピエロ)2名によるダンスが始まったのですが、私が訪れたのは平日の昼間でして、お客さんもさほど入っておらず、盛り上がりにかけるような感じでスタート(´・ω・`)
ところが。
その、開演ダンスの後、いきなり男女2名の、中を舞う、迫力のあるステージが!!
それも客席からステージが近いもんだから、もう、すごいのなんの!
開演してすぐ、圧倒されまくりですよ、ほんと。
そうして次から次へと様々な演技が用意されておりまして、アクロバティックな演技の合間の息抜きみたく演じられるジャグリングなども、迫力そのものは失せはしますが、素晴らしいものでした

実際の講演の内容について

徳島公演の場合、ステージが小さいこともあり、公式HPに掲載されているような、モーターショーみたいなのはありません。
もちろん、猛獣ショーとか動物使いも無し(´・ω・`)もっとも、いわゆる動物虐待云々とかで、動物ショーは近年では見かけないみたいですね。
そのかわり…
舞台で様々な演技を見せてくれる!
ジャグリングや体の柔らかい方の演技については、迫力そのものは無いにしても魅せてくれるって感じですし、また、ステージ全体を使った迫力のあるショーについても申し分なし!
さらに、舞台装置を組み立てたりする合間の時間繋ぎを行っている二人のトリックスターの演技もユニークで、観客を飽きさせませんでした。
途中、10分ほどの休憩を挟み、全部で1時間30分の公演でしたが、あっという間に時間が過ぎ去っていった感じで、ものすごく満足してしまいました、はい。
繰り返しになりますが、ともかくステージと客席が近く、間近で様々な演技を見られるのが圧巻です

お勧め度合いは?
ってことで、私のお勧め度合いですけれど。
ともかくご満足であります(`・ω・´)ゞ
小さなお子さんでも楽しめる公演か、と言われると、動物が出ない分、がっかりされるのかも知れない。
ただ、迫力のあるステージは、本当に見物ですね。そちらはお子さんでも楽しめると思います。
このところ、ずっとストレス溜まりっぱなしでしたが、それらが一気に吹き飛んだ、楽しいひとときでした。
会場に入ったときの、会場の狭さに対するがっかり感が、うそみたいです、はい。

どの席がお勧め?
今回は、自由席での閲覧となりましたが、その自由席でも充分に堪能できるステージとなっています。
この、席の配置については、公式HPをご参照下さい。あらかじめ確認されておいたほうがいいですよ。
もちろん、ステージをおもいっきり堪能するためには、会場全体を観察させてもらったところ、やはりBOX指定席が一番いいのは、言わずもがな。真正面だし、ステージが一番近い場所ですね。その分料金もお高めではありますが。
自由席に追加料金が必要なSS指定席だと、会場の様子や、またテント中央・天井で行われるアクロバティックな演技が全体を通して堪能できるため、こちらのほうがお勧めかも。ステージから離れてしまうのが難点ではあるんだけれど、俳優さん(と表現するの?)の演技内容次第で、SS席のすぐそばまで行って演技する方もいらっしゃいますよ。

ってなわけで。
たまたま、デイケア利用者で寄り集まって行く機会があったもんだから、ってことで、息抜きがてら見学させていただいたのですが、すごく楽しかったです(゚∀゚)
だからこそ、こうしてブログ記事を書いているわけです、はい。
徳島公演は、延長追加公演も決まっているそうですので、タイミングがあえば、再び行ってみたいですね。

なお、ハッピードリームサーカスは、会場のアナウンスによると、2001年に設立された、まだ若いサーカスだそうです。
また、徳島公演は、他の会場に比べると、規模は小さめのようですね。 ですが、その規模の小ささが、かえって、間近で演技を見ることができる機会を与えてくれているようで、すばらしかったです、はい。
実際に公演を見に行って、損はないはずですよ♪
 

2016年4月1日より、新しく、障害者を法で守る為の法律が施行されます。

その法律の名称は、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律という、けっこう長い名前がついていますけれど、ともかく、そういう内容の法律でして、要するに、障害を持っている人を差別するんじゃね~よって事ではあるんですけどね。
具体的な法律の内容については、次のリンクをご参照のほど。
この法律の施行により何が変わるのかと言えば、私達の側からすると、単純に、障害者の相談窓口が増える程度のものだと考えればいいかと。
それに、この法律をよく読むと、この法律を遵守するのが、国や地方自治体、事業者といった、いわゆる「団体」に限定されており、国民、つまり個人個人にこの法律を守るよう促すような内容ではないことがまず解ります。
その証拠に、この法律には、罰則規定も設けられていますが…ちと条文をピックアップしてみましょう。
第六章 罰則
第二十五条 第十九条の規定に違反した者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
第二十六条 第十二条の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をした者は、二十万円以下の過料に処する。
この、罰則の対象となる、第十九条と第十二条をピックアップすると、
(秘密保持義務)
第十九条 協議会の事務に従事する者又は協議会の事務に従事していた者は、正当な理由なく、協議会の事務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。

(報告の徴収並びに助言、指導及び勧告)
第十二条 主務大臣は、第八条の規定の施行に関し、特に必要があると認めるときは、対応指針に定める事項について、当該事業者に対し、報告を求め、又は助言、指導若しくは勧告をすることができる。
と、このように書かれています。
つまり、この法律で定めている、この法律の対象は、この法律を運用する立場にある者あるいは団体を対象としており、国民一人一人に対しての責務を定めた法律ではない、と、言い換えることもできます。
ただし、もともと日本には、障害者基本法という法律がありますので、国民一人一人に関連する法律としては、こちらのほうが強いのやも知れませんね。
障害者基本法もそうですが、今回施行される法律も、順次、時代の流れに沿って、改定が続けられるものと考えています。
で。
私が気になっているのは、この法律に書かれている一文でして。
こちらもちとピックアップしてみますと、
(定義)
第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
一 障害者 身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)がある者であって、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう。
二 社会的障壁 障害がある者にとって日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物、制度、慣行、観念その他一切のものをいう。
三 行政機関等 国の行政機関、独立行政法人等、地方公共団体(地方公営企業法(昭和二十七年法律第二百九十二号)第三章の規定の適用を受ける地方公共団体の経営する企業を除く。第七号、第十条及び附則第四条第一項において同じ。)及び地方独立行政法人をいう。
ここで、発達障害については、精神障害(発達障害を含む。と記されています。
つまり、この法律上では、発達障害を、精神障害のひとつとも捉え兼ねられない表現をしているようにも見受けられますが…
これは、まだ発達障害が具体的にどのような障害であるのか、まだ研究が始まったばかりであること、そして、現実的に、発達障害を診察しているのは、精神診療を行っている医師であること、発達障害も精神障害も共に脳機能障害であることなどなど…が、理由として挙げられるのでしょうね。
この法律の上で、精神障害と発達障害とを分けて表記せず、同一のもののように記載しているのは、違和感がありますが…ですが、そうして気にしてしまうと、言葉遊びの延長線上になりますし、そもそも、この法律でも、発達障害者も、他の障害者と同じ立ち位置で考えるようにされているということから、記載方法はどうあれ、まあいいんじゃないかな、といった感じではありますね。

なお、発達障害のことで限定した話題としては、今国会でも、発達障害に関連のある法が、色々と成立していますね。
発達障害者支援に関する予算もすでに成立していますし、私が期待している発達障害者支援法の法改定も、まもなくといったところなのかも知れません。
また、立法だけでなく、国や国の関係機関でも、発達障害の研究は続けられており、その最新資料も、次々と公開されています。
私も、それらにも、一部分ではありますが目を通しているのですが…こうした資料って、私、ディスプレイを通しては読みにくいもので、印刷してから見ているんですけれど、ともかく用紙の消耗が激しいです。それだけのコストがかかるのは覚悟の上ではありますし、書籍を購入するよりも安上がりではあるんですけどね。んでも痛いなあ、このコストは…。 

 

元徳島県議の扶川あつしさんから、はがきでの活動報告が届きましたので、紹介致します。
もっとも、届いたのはずいぶん以前ではあるおですが…。
img102

 ちと電話番号はあえてぼかしました(´・ω・`)

以前開催された徳島県議会議員選挙では、共産党から出馬した新人と票を分けた形になってしまいました。
その原因について、扶川さんは、まず、選挙の準備期間が短すぎたこと、また、裁判などにより選挙対策に時間をかけることができなかったことにより、結果的に票を得ることが難しかったとしています。
選挙結果について、念のため資料としてリンクを貼っておきます。
http://touitsu2015.go2senkyo.com/14395/32721

で。ここだけの話なのですが…
この選挙が終わってすぐ、扶川さんから電話がありまして、当選ラインまで約千票足りなかった、これは、選挙にかける準備が足りなかったからで、これくらいの票数なら、必ず次の占拠で上乗せすることができる、と、はっきり言ってたりします。
だいたい、共産党新人が獲得している票よりも多くの票を持っていることからも、共産党を抜きにした、彼の人望をうかがい知る事ができるというもんです。
実際に、選挙が終わってすぐに、扶川さんの元へは、いろんな方からの相談があったりして、県議会議員時代以上に忙しくなっているようです。
また、災害が発生した各地への支援活動も例によって行っているようでして。
…だいたい、福島とか広島とか、 徳島県議会議員になるための票集めには、全然関係ないやん(´・ω・`)
それでも、その現地へ出向いて、支援活動を行っているってのは、相変わらずだなあ。

なお、扶川あつし氏は、ご存じのように、生活保護に関する問題により逮捕起訴され、執行猶予付きの有罪判決が出ております。現在、高裁に上告している状態で、今後の裁判の動向にも注目しなければなりません。
が、一方で、この有罪判決について、実は報道各社が、なぜ有罪判決が下ったのか、そもそも裁判の内容そのものも何かおかしい、と記事にしてもいたりします
この事件の全容については、支援者の手により、実際にこの事件がどのようなことだったのか、説明会が開催されております。
説明会は過去2度開催されており、それぞれ、その説明会の内容を撮影しておりまして、この動画は、その初期のときの模様です。

この動画の、6分40秒から、この事件についてのいきさつが語られております。
この、いきさつに関する報道は、現在でも、ほとんどなされておりません。扶川さんが逮捕されたことだけがセンセーショナルに報道されており、その逮捕理由、そしてその事件の全容について、詳細に解説したマスコミは皆無なんですね
また、支援者は、この説明会において、扶川さんをかばう目的ではなく、あくまでも状況の説明のみに特化した内容で説明をしています。この中には、現在の生活保護制度の問題点にも少し触れています。

なお、この動画は、「前半」というタイトルを記しているのですが、もちろん、この動画には、続きの動画も存在しています。ですが、後半部分に関しては、現在でも公開する予定はありません。もし公開するならば、その時は、扶川さんとの、動画公開の合意があったときになるでしょう。まだその合意に至る時期は先になりそうですし、また、この後半部分の動画に関しては、たとえ第三者からの依頼があっても提供することはありませんので、その旨ご了承ください。

ちなみに、扶川さんとは、もともと、彼の父親が徳島現代詩協会の会長であって、その息子さんとしてお会いしてからの付き合いです。
友人の一人ではあるのですが、その付き合いは非常に浅く、たまに、ちょこっとイベントがあれば遊びに行く程度の仲です。連絡を取り合うのも、年に数回くらいかなあ。
また、彼とは、政治家としての立場での付き合いは一切行っていなかったりします。
なお、彼は、人間として、けっこう面白い人ですよ。


こんにちは。徳島現代詩協会の静葉です。
このことろ、ブログについては、投稿した動画をただ掲載しているだけになっておりますけれど、いい加減、本格的に再始動しなければなりませんね。
そのための計画はすでに立てているわけですが、はてさて、どうなることやら。

さて、このブログは、livedoorブログを使用しておりまして、また、有料プランを選択しています。
そのため、livedoorが提供している広告が非表示になっているわけです。
が、その有料プランについて、livedoor運営から、ちょっとしたニュースが流れました

【完全無料宣言】livedoor Blogの全有料プランを撤廃!最上級プラン(月額1,890円)の機能を無料開放します
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51881996.html

と、まあ、そういうことでして、5月1日から、無料化し、現在までの有料プランの中から、最上位プランを無料で全ユーザーに開放する、ということになりました
現在、このブログは、毎月315円のプランに加入しているわけですが、これは、ブログのカスタマイズや、また、独自ドメインを使用する為でして、そもそものこのブログの維持費は、月315円+独自ドメイン維持費として年間1000円必要となっています。
ドメインの維持費については、今回の無料化とは関係のない話ですので、継続して支払うことになるのですが、月315円の負担が軽くなるのは、非常にありがたいですね
一方で、懸念もあります。
 続きを読む

このページのトップヘ