大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

カテゴリ : レポート

まいど(*・ω・)ノ
発達障害と診断されてから、まもなく2年になります。
私自身を理解するためにも、その発達障害に関する勉強を続けているわけですが…
いやもう、発達障害に関する書籍を読むと、見事に私のことを書いているもんだから、診断されて1年くらいは、精神的にきつかったですね。
今では、そうした障害を持っている自分自身を理解することで、気持ちとしては楽になっているわけですけれど…さてさて。

私、あまりご飯を食べません

これは以前からずっと言われていたことだけれど、私、麺類を食べてることが本当に多いんですよね。
food_udon_kamatama

特に、うどん。私はうどん大好きです(´∀`*)
とはいっても、常にうどんを食べているわけでもないんですけどね。自宅でも、うどんを食べることは、週に1度あるかどうか。それに、近所に、値段の手ごろなうどん店もあるし。最近行ってないけど。
一方、自宅では、あまりご飯を炊きません。
kome_tawara

一応、お米は買っているんですけどね、んでもふと気が付くと、先月なんて、3週間ほど、ご飯を一度も自宅では炊いていませんでした。
では何を食べているかというと、主食がなければ、おかずだけ食べていればいいわけでして、悦子からは、「よくおかずだけでご飯を済ませられるよね」なんて言われてたりします。
私自身は、そうして、あまりご飯を炊かないことそのものについては、さほど意識をしていませんでした。
以前から、親だけでなく、私の動画を見ている方々からも指摘されていたことなのですが、まだ発達障害がわかっていなかった当時、私は、「ちゃんとご飯も食べているのだし、麺類は確かに好きだけれど、麺類ばかりじゃないのに」と考えていました。
しかし発達障害者の特性のひとつである「感覚過敏」について調べていると、なんか思い当たることがありましてですね。

感覚過敏って何?
この、感覚過敏というのは、要するに、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚…といった感覚に対して、とある感覚、要するに刺激ですね、それに対して過剰に反応してしまう傾向のことです。
私の場合も、さまざまな特定の感覚に対して、過敏に反応してしまう、つまりストレスになるという傾向があります。
たとえば。
mabushii_man
光に関する感覚過敏もありまして、特に鉛筆で書いた文字が、反射によって輝く「金属光沢」という現象が私はともかく苦手。なので、トンボ鉛筆に相談したこともあります。一般的な方々であれば、気にならないようなことが、私は苦手なんですね。
要するに、「気になってしまう」。そして気になってしまうことが「ストレス」となってしまい、結果として、この場合であれば鉛筆が苦手だという原因だったわけです。
bunbougu_memo
最近では、その感覚過敏を理解したうえで、個人的に、鉛筆を使うトレーニングを行っていたりします。が、まだまだ苦手意識は抜けていません。

そして味や食感にも感覚過敏が…
まず私には視覚に対する感覚過敏があることを紹介しましたが、この、鉛筆が苦手だという明確な理由がわかったのも、発達障害に関することを学んだことで、ようやく理解することができたことです。
要するに、それまで、なぜ鉛筆が苦手なのか、考えたこともなかったんですね。
そして、この私の感覚過敏は、味覚や食感にも、同じようにあるのではと考えたんです。

私は、ごはんが苦手
ごはんそのものは一応食べることはできます。そもそも主食ですし。
cooking_onigiri_man
一時、塩だけで握ったおにぎりにはまったことがありまして、毎日の昼食は、そのおにぎりだけ、なんてこともありました。
ですが、白ごはん「だけ」で食べることは、振り返ってみると、私はあまり好きではないらしい

卵かけごはんや、どんぶり飯、カレーなどは食べますけれど、たとえおかずがあったとしても、白ごはんのみで食べることは、あまりない、ってことをまず自覚しました。
では、なぜ、白ごはん単体で食べるのが苦手なのだろうか。
ここで、私が何を行ったかというと。
白いごはんだけを、時間をかけて、ゆっくりと食べること。そして、ごはんの食感や味を確かめること。これは、マインドフルネスの応用なのですが、ともあれ、こうして、ごはんの味を確かめつつ、その時の私の思考について観察してみました。
そして、結論として出たのが、「ごはんの味が、あまり味気ないため苦手になっている」ということだったんですね。

どうすれば、ごはんを食べられるか
先日も、悦子から、「とりあえずごはんさえ炊いておけば、あとはレトルトカレーでもインスタントみそ汁でも用意すればいいだけなんだから」とか言われたりしましたし、私も改めてそのことを自覚したのですが…
では、どうすれば、ごはんを食べられるようになるの? ってのを、私なりに考えました。
前述のように、カレーを作ったら、場合によっては、炊いたごはん2合分すべてを食べてしまうこともありますし、food_tamagokakegohan
卵かけごはんや、どんぶりものなども好んで食べています。
と、いうことは。
ふりかけかけるといいんじゃね?
ってことで、ごはんに、何らかの味付けをすることで、ごはんの味そのものをさほど気にせずに食べることができるのがわかりました。
あるいは、味噌汁と一緒だと、ごはん・味噌汁だけの食事でも苦にならず、普通に食べています。

ただの食事の好き嫌いってわけじゃない?
このように文書で書いてみると、「ただ単に食事に好き嫌いがあるだけじゃないの」と思うはずです。こうして文書化している私もそう思います。
でも、ごはんそのものが嫌い、とかいう話じゃないですし、そもそも私、ごはん党だと思ってたりします。和食大好きですから。食パンなどパン類もあまり食べないですね。
それに、おかずに関しても、ある一定の味のものが苦手であることも最近わかってきています。
白菜を薄味で味付けした煮物は、あまり食べません。ですが、同じ白菜料理でも、漬物や、鍋料理になると、けっこう食べています。
このことから、薄味のものが苦手なのかとも思っていました(そもそも、徳島県人の作る料理は、全国的に見ても味付けが濃いらしい。徳島県人の味付けについては、こんなブログもありました)。
ですが、同じ薄味でも、とあるお店の料理に関しては、素材の味を引き出した薄味で、私も、悦子も大満足していたりして、その料理する人の腕前次第なのやもしれません。

同じ発達障害者でも人によって苦手な感覚は異なる
なお、この記事を読んでいらっしゃる方は、この記事を読むと、「発達障害者は総じてごはんが苦手なのか」と思われるやも知れません。ですが、それは誤解です。
この話は、単に、私がごはんが苦手だというのがわかったこと、それが発達障害者の感覚過敏が原因だと考えられること、というだけです。
そして、この感覚過敏は、人それぞれ、どの感覚が苦手なのかが異なります
一方、この感覚過敏を理由として、好きな感覚というのもあってですね、それが例えば私が使用している筆記具の素材についても言えるわけですが、このあたりの話は、いずれまた、ということにして…
ともあれ、感覚過敏を理由とした、苦手な感覚というのがいろいろあるということ、特に発達障害を持つお子さんを育てていらっしゃる保護者の方々には、お子さんは、自分の意思を伝えるのが苦手ですので、そうした苦手な感覚がいろいろあるということを理解していただきたく思います

それでも大嫌いな食べ物
食べ物の好き嫌いというのは、これは誰にでもあることだと思います、たぶん。
爆笑問題の田中さんは、
food_hoshi_shiitake
しいたけが苦手だそうでして、以前テレビ番組で、しいたけが食べられるようになるようどうにか克服しようとしておりましたが、やっぱりダメだったようです。催眠術をかけて、しいたけを食べられるようにした…ままにしておけばよかったのに、催眠術を解くと、食べていたしいたけを吐き出した、なんてのが放送されていました。
まあ、爆笑問題の田中さんのことはともかくとして。
この、好き嫌いというのも、感覚過敏、つまり特定の味や食感、香りなどに対する感覚が苦手だから、つまり感覚過敏が理由だと考えると、納得できるやもしれませんね
つまり、この場合の、食べ物の好き嫌いは、感覚過敏、つまり脳に原因があると考えると納得できると思われます。ただの食わず嫌いとは、また違うわけでして、どう努力しても、どうにもならないことなんです
子供の成長過程において、子供がピーマンやトマトが苦手などの、子供の好き嫌いに関しては、子供の成長に応じて解消されるものもありますが、これも脳や各感覚神経などが成熟していないから、とも言えます(実は医学的にはこの表現は間違っているようなのですが、あえてこう表記します)
ほかには、トラウマみたいなのもあるでしょう。
ちなみに。
私は、それでも、食べることができない食べ物はあります。
特にメジャーな食べ物の中でも、
food_osechi_kazunoko
数の子が大っ嫌い!
もっとも、そもそも数の子なんて、一般家庭でも出るようなもんじゃないんだが…
この数の子に関する話については、また別の記事で。





この書籍、アスペルガーの理解だけでなく、対策みたいなのもいろいろわかりやすく解説してくれていておすすめですよん♪
 

 

いい加減、発達障害関係の解説動画、製作再開しなきゃならんとか思いつつ、このところ勉強やら何かと忙しくて、ぜんぜん手がつかない常態なわけですが・・・。
今回は、「広汎性発達障害」と「自閉症スペクトラム」の、このふたつの言葉について、ちと、動画の原稿を作る案みたいな感じで書いてみます、はい。

まず、結論だけを書けば…

ってことで、この、「広汎性発達障害」と「自閉症スペクトラム」の、発達障害の症状についてのこのふたつの名称なんですけれど。
結論だけを先に言うと、このふたつは、「おなじもの」だという認識でいいと思います。 
もっとも、この表現は正確ではありません。が、一般的には、「おなじもの」だと考えていただいていいんじゃないかな、と。
では、なぜ、 「広汎性発達障害」と「自閉症スペクトラム」という、ふたつの用語が使われているのかというと、これが、なかなか面倒くさい話でして…

発達障害を診断するふたつの基準

まず、「広汎性発達障害」という名称についてですが、これは、WHO、つまり世界保健機構が定めている「国際疾病分類第10版」というのが関係しています。
これは、医学的に、さまざまな病気を分類している国際基準で、発達障害も、この基準のもとで分類されています。
この、分類では、発達障害の中でも、自閉症やアスペルガー症候群などなど、社会性やコミュニケーションをつかさどる脳の機能不全について、「広汎性発達障害」という、発達障害の3つの大きなカテゴリのうちのひとつを形成している、という感じです。
そしてもうひとつ、アメリカ精神医学会というところも、発達障害の分類を行っているわけですが、この分類については、WHOのそれとは少し違う考え方をしています。
と、いうのも、WHOの診断基準では、広汎性発達障害を、「自閉症」「アスペルガー症候群」「レット症候群」「小児期崩壊性障害」「特定不能の広汎性発達障害」という、主に5つの区分で分けているのですが、しかし「自閉症」と「アスペルガー症候群」についての線引きが非常に難しくあいまいであることや、また、それぞれの症状の強弱に個人差があり、厳密に細かく区分けしていくときりがなくなってしまいます。
ですので、細かく診断するよりも、大雑把にひとつにまとめたほうが分類しやすい、という考え方なのかどうかはわかりませんが、ともかく、「自閉症」や「アスペルガー症候群」という細かい分類を廃止し、「自閉症スペクトラム」という名称を使用、患者のそれぞれの症状にあわせて治療や改善を図る、という感じのようですね。
ちなみに、スペクトラムとは、連続体、って意味です。…もっとも、この表現だけだと、あまりよくわからないですよね。

風邪にたとえるとわかりやすいかも?
ってことで、このことをどのように説明すればわかりやすいかと考えていると、風邪に当てはめて考えるといいのかな? と思いまして。
ひとこくちに「風邪」と表現しても、いろいろありますよね。「発熱」「のどの痛み」「鼻水」「せき」「たん」などなど…
WHOの基準では、「風邪」という症状の中に、「発熱」「のどの痛み」「鼻水」「せき」「たん」などの症状を細かく分類し、それぞれの症状にあわせて治療を行っている、っていう風に考えていただくといいかと。
一方、そうした風邪の症状は、人によって違います。「発熱」といっても、微熱なのか高熱なのか違いますし、できが出ているかどうか、鼻水はでているかどうかなど、その症状のでかたには、人によって強弱があります。なので、そうした症状をいちいち区切って名称を使ってたらきりがないので、全部まとめて「風邪」という名称だけを使おう、ってのが、アメリカ精神医学会での考え方、って感じです。
もちろん、このたとえは、かなり乱暴なものでしょうけれど、ともかく、WHOとアメリカ精神医学会とでは、発達障害に対する区分の考え方が違う、という、ただそれだけのことなんですね。

実際の発達障害の判断基準は?

では、実際に、発達障害の診断は、どのようになっているのかというとですね、WHOとアメリカ精神医学会の、このふたつの判断基準を両方用いて診断している場合と、WHOの診断基準のみをもちいている場合の、二通りがあるようです。
要するに、アメリカ精神医学会の診断基準は、国際基準じゃないよ、ってことで、WHOの診断基準のみを用いて診断する医師もいる、らしい。そういう話を聞いたってだけの話ですよ。

では一般的な名称はどうなってるの?
厚生労働省では、基本的には、国際基準に習い、広汎性発達障害という名称を用いてはいます。
けれど、自閉症スペクトラムという名称も、厚生労働省の公式HPで解説されていたりもします。
また、WHOでの基準の中にも、自閉症スペクトラムという名称も登録されているらしく、そうした専門的な知識を持たない私からすると、何がどうなってるのかさっぱりわかりません。
ですが、そういうことも含め、「広汎性発達障害」と「自閉症スペクトラム」は、診断基準が違うってくらいで、結局のところ同じものだという認識でいいんじゃないかな、と思いますよ。

私は「アスペルガー症候群」と診断されているのですが、しかし同じアスペルガー症候群と診断された方々でも、その症状のでかたは、風邪のように違っているものです。要するに、症状の強弱があるんですね。
主治医も、「アスペルガー症候群という名称から、自閉症スペクトラムという名称に置き換えられつつある」、と言ってました。
んでも、なんというか…
「広汎性発達障害」という名称だろうと「自閉症スペクトラム」という名称だろうと、どっちの名称を使おうと、その障害を抱えている人の症状は同じ。なので、ただ名前が違うだけで、実のところ同じものだという認識でいいんじゃないかなあ
まあ、こんな感じで私はとらえている、ってだけの話なんですけどね。詳しいことは、それぞれ調べてみてほしいということでよろしくであります。



正月早々、食あたりと思われる症状に四苦八苦し、ようやく回復してきたと思っていたら、昨日から、喉がどうにも痛い。
配置薬の風邪薬を飲んで様子を見ていたのだけれど、今朝になって、喉の痛みが激しく、かつ、体もだるい。
これはいかんということで、風邪の治療の為に病院に出向いたわけだけれど…

風邪は内科よりも耳鼻咽喉科が専門の場合がある
私の場合、風邪を引いた場合は、内科ではなく耳鼻科に頼るようにしています。
内科は、基本的に、投薬などを中心に診療を行う科目ではあるんだけれど、内科医の守備範囲は、首から下の部位なんだそうだ。
そして、首から上の部位については、耳鼻咽喉科が専門とのこと。正確には、耳と鼻、そして喉の専門。なので、風邪を引いた場合は、耳鼻科に行くほうが、一番手っ取り早く、かつ、治りも早かったりします。
昨年、耳下腺炎をやらかしたときも、内科に相談した時は、「とりあえず我慢するように、そのうち治るから」という感じで、治療は一切なし。
ところが、たまたま耳鼻科の定期検診を受ける時期と重なり、耳下腺炎も相談してみると、その場で、必要な薬の処方箋を頂くことができたりします。
今回の場合も、喉の炎症を抑える薬などの他、薬剤を吸引するなどの処置を受けることができたことで、喉の強烈な痛みもかなり治まっており、かつ、熱も出ていたけれどそちらも下がっていたりします。

もちろん、風邪の症状すべて耳鼻科というわけでもない
とはいえ、風邪を引いたらとりあえず耳鼻科に行け、というわけでもないんですけどね。
そもそも、風邪といっても、様々な症状がありますが、中には肺炎をこじらせる可能性も…。そうした場合は、耳鼻科ではなく内科の担当です。
ですけれど、特に鼻と喉に風邪の症状が出ている場合は、耳鼻科に行く方が、私はお勧めだったりしますです、はい。



先々週、NTTを名乗る相手から電話がかかってきました。
その電話に対して、「またか」とかいう感じに話を聞いていたんだけれど、実際には、本当にNTTからの電話でしてですね。
その電話の内容は、「現在の契約状況がわからないというお客様が多いため、黄色い封筒で契約状況がどうなっているのかの確認の書類を送っている、必ず目を通して欲しい」とのことでした。
そして先週、再びNTTから電話がかかり、封筒を確認したかどうか聞かれたのですが、封筒はまだ開封してはいないものの、契約内容は覚えているし、現在の契約のまま利用し続けることを伝えています。
ところで。
その、NTTを名乗る電話に、「またか」って感じで、うんざりした理由なんですけれど。

とてつもなく多い、光コラボレーションのセールス電話
NTTの回線をレンタルする、いわゆる「光コラボレーション」のセールスが、毎週のように自宅にかかってくるようになっていました。
そもそも、光コラボレーションってのは、携帯でいうところの、「NTT」「AU」「SOFTBANK」以外の、その各大手携帯電話会社の回線をレンタルし販売しているようなビジネスモデルです。
NTTのインターネット回線を一括で業者がレンタルし、その分格安でユーザーに利用できるようにしたもので、一般的なNTTの回線接続サービスよりも、毎月千円以上割安になるのが売りです。
その、光コラボレーションというのが解禁になってから、あっちこっちから勧誘の電話がかかるかかる!
私が現在契約しているOCNからも2度ありました(代理店ではなくOCNからの電話だったっぽい?)が、そのほか、Biglobeや、中には聞きなれない回線業者からの勧誘の電話もありました。
中には、「お世話になっております、私、NTTフレッツ光、光コラボレーションサポートセンター○○です」とかいう感じで電話をかけてくるもんだから、「私、あなたのところにお世話になっていませんよね?」とかいう感じで受け答えしたり。
要するに、「NTT○○」とかいう感じに、いかにもNTTの関連会社ですよ、とかいう感じで電話してくる連中が多いもんだから、ややこしいのなんの!
なので、そうしたセールスの電話に対しては、ネット回線に関する専門的な話をしたりして撃退し、二度と電話がかかってこないよう仕向けてもいたりもしてました。

私が回線を乗り換えない理由
ってことで、表題になるわけですけれど。
毎月、千円程度、回線利用料が下がることは、金額だけを見ると、年間を通じて2万円、あるいはそれ以上差額が発生する可能性があります。しかも、回線を乗り換えた場合、数万円のボーナスが出るようなものもあったりするんですね。
んでも、私は、回線を変更する意志がまったくなかったりします。
その最大の理由ってのは、回線業者を変更してしまった場合、その回線にトラブルが発生すると、NTTではなく、NTTとは違う回線業者が担当することになるからです
もちろん、修理対応は、実際にはNTTが行うでしょうけれど、万が一のトラブルに、迅速に対応する力が、そうした、NTTの回線をただ借りているだけの業者には無いと考えているんですね。
実際、NTTの場合、回線に何らかの異常が発生した場合は、基本的に、24時間対応してくれています。深夜は、留守番電話での対応ですが、担当が順次対応してくれていますので、対応が完了するまで1時間もかかったことはありません。
ですが、NTT以外の回線業者は、それだけのサポート力がない。そもそも24時間対応ではありませんし、回線業者が変更になった場合、たとえ故障であったとしても、NTTは顧客には対応しません。だって事実上、顧客じゃないもん。
しかも、インターネットに接続するための設備は、回線業者であっても、NTT基地局内にあるそうですので、基地局内での故障に対しても、すばやく対応できるとは考えにくい。
もっとも、これは、そもそもインターネット設備に対する私の知識の無さもあり、偏見もあるでしょうけれど。
そしてもうひとつの理由ってのは、そもそも、私、NTTの長期利用による割引サービスなどに加入しまくっていて、そうした回線業者を選ばずとも、かなり格安で回線を利用しているんです
むしろそうして回線業者を変更した場合、莫大な違約金が発生します。その違約金を支払うだけのメリットが、一切ないんです。
また、将来、現在住んでいる家から引越しすることにもなるでしょうが、そうして引越しする際の工事手数料にも差が出てくるんじゃないかなあ。これは実際に調べたわけじゃないけどね。
ともあれ、安定したサービスを受けるためには、このままNTT回線を利用し続けるほうが有利だ、ということがいえるんです。
そもそも、こうした光コラボレーションってのは、プロバイダとセットになっています
もし、プロバイダだけに不備があった場合、自由にプロバイダを変更することができないため、ネットに接続できなくなる可能性もある。そうなると、利用者の不利益が発生する可能性が出てきます。
実際、プロバイダをふたつ同時に契約していた時期がありまして、ルーターで、接続先プロバイダを変更して、ネット回線の安定化を図っていた時期もありました。今では、そういうことをする必要性もなくなりましたが。
ほんと、プロバイダの、サーバーのトラブルで、何度も泣かされたからなあ。たとえば、Toppaとか、それから、Toppaとか、ほかにも、Toppaとか…

スマホ業者も変えてません
もともと、光コラボレーションが解禁になる際、実際にそれがどのようなものなのか、メリットとデメリット、また、当時のNTTとの契約内容をあらかじめ頭の中に入れていたため、セールスの電話がかかってきても、そのまま断ることができていました。
ですが、私のように、事前に情報を仕入れていた場合はともかく、そのセールスの電話に乗っかって、回線業者を変えた方がたくさんいらっしゃるようで、そのトラブルがNTTに多く寄せられているようですね。
ですので、NTTも、やむを得ず、利用者一軒一軒に、こうして、契約内容の確認を促すようになっているんでしょう。
ちなみに、スマホについても、私はSOFTBANKのまま、ほかの回線業者に変更することなく、使い続けることになっています。
そもそも、私のスマホ代、毎月2千円ちょいだし、それに、大手キャリア以外と契約した際、上記のように、たとえば、スマホ本体が壊れたとかのトラブルに、迅速に対応できるかといえば、そうではないと考えていますから。
ともあれ、値段がただ安くなる、というだけに目を向けず、回線業者を変更した際のリスクについても、一考するほうがいいですよ、って話です、はい。

そういや、SOFTBANKから、光コラボレーションのセールス電話、かかってきたことはなかったなあ。

自身の発達障害に対応するため、というか、発達障害関係なく自分のためなんだけれど、ストレス対策の一環として、マインドフルネスの修練を行っています。
マインドフルネスってのは、要するに、今の自分自身だけに焦点を絞る、って表現でいいのかな。今自分が感じていることだけに感覚を集中させ、それ以外のことは考えないようにする、って感じで。
だけれど、そのマインドフルネス状態に仕向けるためには、毎日地道な修練が必要でして、その修練を、日々の生活に少しずつ取り入れようとしています。
瞑想も、その手段のひとつではあるんだけれど…

食事でマインドフルネス?
この、マインドフルネスと瞑想を混同した情報が氾濫していますんで、あらためて。
瞑想は、マインドフルネス状態に仕向けるための、お手軽な方法であって、マインドフルネスと瞑想はイコールではないんですね
今の自分が感じている五感に意識を向けることが、マインドフルネスで、もっとも大切なこと。
なので、食事でもマインドフルネス修練が可能なんだわ。
まあ、食事でのマインドフルネス修練ってのは、結局のところ、ゆっくり食べて、食べることだけに集中する、ということになるわけでして、その修練を、これから地道に行っていこう、とまあ、こういうわけ。

食事における五感
ここで大切なのは、食事中、どのような感覚に意識を向けるか、ということなんだけれど。
たとえば。
白米を食べようとする際、
  • 視覚…お米の色、艶、粒の大きさ、一口の量、蒸気
  • 嗅覚…お米の香り、温度
  • 触覚…お米を口に含んだときの温度、舌触り、噛んだときの弾力、噛むごとに変わる粒の大きさの変化、粘り
  • 聴覚…咀嚼音、食器を置くときの音、
  • 味覚…お米の味、噛むごとに変わっていく味の変化
とまあ、五感に当てはめると、こういう感じでいろいろと感じ取ることができる。
こうして、時間をかけて、食事を通じた、自分が感じるさまざまな感覚に意識を向けるってのが、マインドフルネスの修練になる、ってわけ。
もちろん、食事中は、食事以外のことに、あまり意識を向けないほうがいい。たとえば、スマホを見ながらの食事は、スマホのほうに意識が向いてしまい、食事がおろそかになってしまいがち。
それよりも、食事だけに意識を向けて、食事だけを楽しむようにしていこう、とまあ、こういうわけ。
あ。悦子とご一緒に食事ってときは、また違う考え方になると思う。会話しながら食事を楽しむことも大切だから。

でも、この訓練には欠点が…
実際に、こうした訓練をはじめてみると、食事にかける時間が、大幅に向上する。
一般的な和食メニューで、だいたい30分くらいはかかるかな。
でも、この訓練って、麺類に対しては、避けたほうがいいよね。だって、時間をかけてしまうと、麺がのびるもん。
それに、時間をかければかけるほど、食材が冷めてしまうことも。
もちろん、そうした温度の変化を感じ取るのも、マインドフルネスの修練になるんだけれど、でもね、って感じでして。
牛丼などみたいなどんぶりものに対しても、あまり向いていないかも。牛丼屋にいって、時間をたっぷりかけての食事ってのは、別にマナー違反ではないものの、牛丼の楽しみ方としては、なんか違うような気もする。
もっとも、この、食事による修練ってのは、まだはじめたばかりなのだし、できるだけ毎日、こうした修練を積み重ねて、ストレスに強い脳に鍛え上げていくです、はい。

ストレス・フリー (7つの習慣実践シリーズ)
マイケル・オルビン
キングベアー出版
2015-02-28




このページのトップヘ