大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

カテゴリ : 動画・ストリーム配信

ニコ生で生放送をしていると、いろんな方から相談を持ちかけられます。
その、相談内容に対する、私からの意見というのは、どうも一般の方々とは違うらしい。
今回は、その一例として、実際にどんな相談があったのか、そして、私がその相談を受けて、何をどのように考えたのか、そのプロセスを書いてみます。
なお、相談を受けた時期は、この記事を書く、少なくとも半年以上前のものです。

今プロポーズしてもいいのだろうか?

さて、今回は、男性からの相談内容。
お付き合いしている女性がいるのだけれど、このタイミングでプロポーズしていいかどうか意見が欲しい、と、まず持ちかけられました。
もちろん、私は、その相談者がどのような方なのか、また、どのような立場であるかはわかりませんし、私の意見ひとつで、相手の人生をコントロールすることもできません。
それを踏まえ、その相談に対する明確なアドバイスを行うための、必要最低限の情報を聞きだす必要があります。

アドバイスするために聞いたこと
そこで、私は、私がアドバイスを行うために必要なことを聞くことになるわけですが、私が、そのアドバイスを行うために得た情報は、
  • 相談者は未婚
  • 相手女性はシングルマザーで、低学年のお子さんがいる
  • 付き合って1年経過している
たったこれだけです。この3つの情報を元に、アドバイスを送ることにしました。
このブログを読んでいる方で、この3つの条件だけで、「自分なら、どのようなアドバイスをするだろうか」とか想像しつつ、私が、どのような考えのもとでアドバイスを行ったかを読んでいただけたらありがたいです
それぞれいろんな考え方があるでしょうけれど、静葉はこのように考えた、というだけの話ですよ。

相談を受ける際の注意事項
さて、相談を受ける際、私がどのようなことを心掛けているかですが。
そもそも、相談者の人生は、相談者のものです。私の人生ではありません。「このようにすべきだ」という方法論で解決するような話であれば、そうした話を行います。
ですが、私は、その相談者に指示を行う立場でもなく、ましてや、こうしなさいああしなさいという立場でもありません。
その上で、その相談者が見えていないこと、つまり、「視野を広げる」ことに重点を置いています
ですので、今回の場合だと、相談内容は、プロポーズしてもいいかどうか、ということなのですが、私は、その質問に対して、YesNoで返答することはしませんし、立場場できません、行ってもいけません。

相談内容に対する判断基準

そして、相談を受けた際、私から、何をどのように伝えるか、なのですが…
物事を考える際、その物事を行ったあとのことまで私は考えるようにしています
今回の場合だと、相談者は、相手女性にプロポーズをすることだけに焦点を当てているように思えました。これから、伴侶として一生涯付き合っていくというところまで、相談者は見えていないとも感じます。
これは私が計画を立てる際の判断基準なのですが、その物事を達成するだけではなく、できるだけ、その物事を達成したあとのことまで考えるようにしています。
これは、私の座右の書であるT.Qや7つの習慣などの、先人の知恵(自然の法則)を、ほんの一部ですが習得していることや、おそらく私自身の特殊な思考特性も含まれていると思います。
また、匿名ではあるものの、さまざまな方が、自分の人生経験をネット上で語ってくれておりまして、そうした出来事を私自身の知識として蓄えていることもあります。
今回の相談内容の場合であれば、再婚やシングルマザー、プロポーズ、離婚などなど…をキーワードとした、数多くの、さまざまな方の人生経験が頭の中に、「流れ」として記憶されたものが一度に思い出され、それらもその相談内容に対する参照として組み入れています。
文章にすると、複雑な工程のように思われるでしょうが、この判断は、判断するために必要な情報を得た際、一瞬で判断を下しています。いわゆる、ゼロ秒思考というやつですね。

私が相談者に伝えたこと
さて。今回の相談に対する私のアドバイスですが。
まず、プロポーズすべきかどうかについては、上記の通り、私は判断しません。
その上で、相談者が何を考えなければならないのかを伝えています。
その、もっとも重要なこと。それは、プロポーズをした後のことです。
これはT.Qにおける「役割」の考え方が、非常に重要な判断材料となっています。
まず、彼は、女性と結婚した際、ふたつの役割が生じます。まず、女性の夫という役割。そして、女性のお子さんの父親という役割のふたつです
もし、お互いがお子さんがいなければ、突然「父親」という役割は必要ありません。お子さんができてから、父親としての役割を演じることになります(役割を演じる、という表現は、T.Qに従ったものです)。
そして、女性にも、お子さんの母親という役割が現時点であり、そして新たに、相談者の妻としての役割が発生することになります。
ここで一番重要な点。女性にとっては、母親としての役割がとてつもなく重要なはずです。もし、お子さんと相談者、どちらかを取らなければならないという状況に立たされた場合、間違いなくお子さんを取るでしょう。
それを踏まえ、私が相談者さんに最後に伝えたこと。
女性と、どのような家庭を築き上げるかを、じっくりと話し合うように。
上記の、「役割」についての話をしたうえで、最終的に、そのように伝えています。

相談者にあえて伝えなかったこと
その話をしている中で、その相談者から、気になる一言を受けています。
「女性と一緒に、お子さんにプレゼントを頻繁に送っている」
この言葉が、私はかなり引っかかりました。
もちろん、実際に、相談者さんを含めた3人の方が、どのようにお付き合いをしているのかはわかりませんし、それは私が知るべきではない、知る必要のない話です。
その上で、この一言を聞いたときに感じたのは、その相談者さんは、父親としての役割が発生することを、まだ自覚していないのではないかということ、そして、お子さんの気持ちを汲み取ることができているのかどうか、ということです。
上記で、相談者さん、そして女性が持つそれぞれの、既存の、そしてこれから生じる役割について記しました。
この「役割」というのは、もちろんお子さんにも発生します
その時点では、母親の子ども、という役割だけでしたが、実際に結婚生活を送るようになると、そのお子さんには、相談者の子どもという役割も発生します。そして、そのお子さんに新たに発生するその役割について、相談者さんは、そこまで考えることができていないのではないだろうか、と。
「役割」は、生活をしていくうえで、自然に演じるようになるものでもありますが、ですが、その役割に気づかず、役割を反故にしたり、気が付いていても放棄したりする方も中にはいらっしゃいます。今回の事例では、家族のありかたを問うものになります。血のつながりがあるかどうかは関係ありません
そして、女性の側からすると、母子家庭、つまり、既存の家庭の中に、相談者さんという新たな同居人が増えることになるのですが、相談者さんは、プロポーズのことだけに意識を向けてしまい、そののちの生活のことまで考えることができていないのではないかとも感じたわけです。
そこで、私は、その女性と、今後の人生について、じっくり話し合うように伝えたのですが、その女性との話し合いの中で、必ず、お子さんとの関係についても必ず話題が出るはず。そしてそれ以上に、お子さんが、何を新たな父親に求めようとしているのかもわかるのではないか、そして、その求めているものを、相談者が提供できるかどうか、それに相談者が気づくことができるかどうか。
つまり。
相談者さんは、女性に対してプロポーズをするかどうか悩んでいるが、お子さんにもプロポーズする必要性を認識できているのだろうか。これが私が引っかかったところなんですね。
ですが、女性とお子さん、このおふたりと優良な関係ができているのならば、今後の人生についての話を進めるにあたり、そのことに、おそらくは気が付くだろうと私は思ったわけです。
だから、お子さんの視点からのアドバイスは、一切行いませんでした。
もっとも、あとになって、伝えたほうがよかったかな、と思うことはあるんですけどね。

もうひとつの私の思い

相談を受ける際に、私が思うこと。その一番大きなポイントは、本当の意味での幸せになってくれたらいいな、ということです。
今回の相談者さんを例にあげると。
プロポーズに成功するか失敗するかというだけでとらえるとするならば、成功するにせよ、失敗するにせよ、どちらにせよ幸せになってほしい、ということ。
相談者さんただ一人だけの問題で済むことなのなら、何をどうすればいい、とかいう感じでアドバイスを送ることもあるでしょう。
ですが、この問題は、相談者さん一人だけの問題ではありません。相談者さんを含め、三人のこれからを考える必要があるわけです。
そして、その女性と今後を話し合うようにと伝えたのは、相談者さんの為だけでなく、その相談者さんと生涯を共にしていいかどうか、女性とお子さんにも考える機会を設けるためでもある。
その話し合いの中で、お子さんのことについても、婚約者と同じく大切に考えられるかどうかが最大のポイントになる、それに相談者が気がつくかどうか。おそらく話し合いの中で、女性からも話題として出るはず、だからこそ私がその点を指摘するべきではない、と考え、あえてそこだけは伝えませんでした。

とまあ、こんな感じで私は考えたんですよ、という、ただそれだけの話です(`・ω・´)ゞ
その相談者さんが、その後どうなったかについては、私は知りませんし、知らされてもいません、そして知る必要も…興味はありますが、ありません。そもそも、その相談内容が事実かどうかも私は判断できないわけですし。
また、この記事では、ただ単に「こう考えた」というだけの記事で、その考え方が正しい間違っている、という話でもありません。その旨ご了承のほどを。




YouTube版 → https://youtu.be/udh5w8YI78k

ってことで、かなり久しぶりの、もぐもぐ動画です。
朝食、何にしようか悩んでいたんだけれど、なんか作るのが面倒くさくなったので、にゅうめんにしました。
茹でたてのそうめんを、水にさらさずにそのままインスタントのスープに放り込むだけ。
味は、けっこういけるんですけれど…なんか物足りなかったです、はい。
 


YouTube版 → https://youtu.be/gS2vuS0OqkY

ってことで、今回は、今後制作するであろう解説動画の予告ってのを作ってみました。
そもそも、なんでこういう動画を作ったのかというと、実のところ、今後の動画製作の為のフォーマット作りが一番の目的だったりします。
その一方で、発達障害で悩む方々に対し、「こういうのを覚えておけば楽になるよ」ってのを、あらかじめ伝えたかったから、ってのもあったり。
特にストレスに関しては、ストレスコーピングマインドフルネスのふたつを覚えると、とんでもなく楽になります。
なので、その動画が制作されるまで待つよりも、こういうのを覚えておいたほうがいい、と先に伝えておけば、興味のある方や、悩んでいる方が、動画製作を待たずに対策を取ることができるようになりますから。
なお、動画文中にも書きましたが、私自身、かなりのストレスを抱えているようでして…
まず、マインドフルネスを覚え、気が向いたタイミングで行うようにしていたり。マインドフルネスは、1回あたり10分程度という目安があるのですが、30秒くらいでもある一定の効果があります。
また、ストレスコーピングってのは、要するに、ストレスの発散方法なんですけれど、これ、本当に面白い概念ですよ。詳しくは、今後制作する動画にて…と、言いたいところですが、現在の動画製作工程からすると、年内に紹介できるかどうか。

なお、今回の動画から、ニコニコ動画版は、あらためてエンコードを行うことにしました。
ファイルサイズが大きくなりすぎると、再生が円滑にできませんから。
なので、例によって、YouTube版のリンクアドレスを張っておいて、画質が悪かったらYouTube版を見てね♪ って感じにしました。
 
それにしても…
動画に、テロップ、やっぱりいれておいたほうがいいなあ。 

例によって、この動画で使用した原稿を記載しておきますね。


 続きを読む

ってことで、最近、解説動画を作るにあたり、棒読みちゃんを使った、いわゆる、ゆっくり解説動画を作るようになっています。
ゆっくり音声を使った動画を作るために、ほとんどの人が、AviUtilと、ゆっくりムービーメーカーの、2つのソフトを組み合わせて作るようになっていますね。このふたつの動画編集ソフトを使えば、比較的スムーズに、動画の製作ができ、かつ、それらソフトウェアは無料で使用できます。
ですが、私は、その方法を使用していません。
では、私は、どんなふうに、ゆっくり解説動画を作っているかというと…

まず、原稿を作成する
一番最初に行うのが、まず、読み上げる原稿の作成。
ともかく、まず原稿を作り上げてしまいます。
原稿は、現在、OneNoteで書き上げるようにしているのですが、これは、オンラインストレージを使用することで、複数台の端末からでも編集できるようにするため、そして、自動的にバックアップを取ってくれるため、不慮のデータ損失を防ぐという理由も含まれています。
なお、原稿そのものは、自宅でも、また、外出先でも制作できます。
なお、この原稿を作る前に、動画のテーマやプロットも、もちろん考えてはいるのですが、この工程については、とりあえず割愛。

棒読みちゃんで、音声データを出力する
次に、制作した原稿を、テキストエディタにコピーします。テキストエディタには、行番号を表示する機能があるのですが、この行番号の表示が、重要になってきます。
そして、各行ごとに、棒読みちゃんに、まず音声を読み上げさせ、読み間違いが発生しないかどうかなどを確認します。このとき、読み上げさせることによって、文章の間違いなどに気がつくこともありますので、そうした調整を、この行程で行います。
そして、読み上げに不備がないことを確認したら、ファイルに出力するのですが…
この、ファイルに出力する際、ファイル名の冒頭に、行番号を入れておきます。この行番号を振っておくことで、棒読み音声を読み上げさせる順番がわかる、とまあ、そういうわけですね。

動画の背景画像を編集する
動画の背景をどうするか、についてですけれど。
変な話、私の解説動画って、別に背景を入れておく必要って、ないんですけどね。それに、背景を入れれば、そのぶん、ファイルサイズも大きくなりますし。
んでも、ある程度見やすい動画にするためにも、やはりデザイン性は必要なわけでして。
なので、背景画像をどうするか、検討しておきます。
一度だけ、フリー素材を使いましたが、現在では、過去に私が撮影した画像を使用するようにしています。
その、動画背景に使用する画像を作る為だけに、日帰り撮影旅行なんぞをやってみてもいいかな、なんて思っていたり。こういう、重要性のまったくないことに時間をかけることも、人生を楽しむ為には大切だっったりします。
ちなみに、画像を編集する際には、修正のためのソフトを使っているわけですが
…現在は主にPicasaを使用。
しかしGoogleは、Picasaのオンラインサービスを終了し、Googleフォト及びGoogleDriveにサービスを移行、Picasaアプリはサポートを終えています。
簡単に写真のレタッチができるソフト、いろいろ出ていますし、無料で使用できるものも多々。私のような、写真ど素人には、無料で利用できるソフトで充分かな。

Power Director13で、動画の編集を行う
ここから、動画作りの本番(`・ω・´)ゞ
現在使用している動画編集ソフトは、Power Director13。この原稿を執筆している段階で、すでに新しいバージョンが発売されているわけですけれど…まあ、別に今のところ、最新版を購入する必要性は感じていないわけですが…それはともかく。
動画タイトルは、テンプレートを作っているので、文字を変えればいいだけ。
あとは、制作した音声データを一気に取り組み、その音声データに応じたテロップを作成し、必要であれば、そのテロップに応じた図面や文章を追加し、音楽も入れて、全体的な動画の調整をして、それで完成!
と、まあ、文章にすると、こんな流れになりますね。
音楽は、ゆっくり解説動画に関しては、Power Directorで使用できるマジックミュージック機能を使い、動画の長さに合わせた音楽を出力、それをそのまま使用しています。
もっとも、動画の内容にあった雰囲気の音楽ってのは、あまり選択の幅がないんですけどね。

総合的な作業時間は?
では、1つの動画に対して、だいたいどれくらいの時間がかかっているか、というと…
まず、原稿を作成するのに、かなりの時間がかかります。
原稿作りは、勉強してきた内容を、そのまま書き上げているわけですけれど、文章表現や構成を考えなければならず、もちろん、動画のプロットも考えなければならないので、ここにかなりの時間がかかります。
つまり、動画の原稿作りは、動画製作の計画も兼ねているため、その遂行に多大な時間を要するんですね。
言い方を変えると、この原稿作りさえしっかりできていれば、あとは、流れ作業のようにこなすことができます。
ゆっくりボイスの出力は、だいたい1時間ほど。段落ごとに読み上げさせ、それぞれをファイル出力する、という作業になるわけですが、その際、出力されるファイルの数は、だいたい50から80くらいです。
動画の背景に使用する画像の編集は…後日、今まで撮影した動画をすべて加工するようにしていますので、動画の製作工程に影響がでるようなことはないと思うんですけれど…
まあ、画像のトリミングと、色調の調整だけを行っていますので、それでも画像1枚あたり10分もかかってないですね。
なお、フリー素材を使うのをやめたのは、画像を探す手間を省くため、だったりします。もっとも、フリー素材を利用するほうが、かえって綺麗な画像を用意できるんですけれど、んでも、動画の内容が大切なのであって、背景画像は、おまけみたいなもんだから、なんとも。
で、最終工程の、動画の製作についてですが…
はじめのころは、ゆっくり解説動画の製作を、効率良く行う事ができませんでした。
いまでは、どのようにすれば効率良くできるかが解ってきていますので、以前と比べても、かなりスムーズに作業ができるようになっています。おそらく、はじめの頃から比べると、作業時間は1/3以下になっているんじゃないかな。
また、今後、この動画編集の工程で、資料として使用する様々な画像を用意することになるのですが…特に、発達障害の3つのカテゴリを表記するための図など、様々な図を用意しなければなりません。
今は、厚生労働省などの国の機関の資料を引っ張り出しているんですけれど、なるべくオリジナルの資料を用意したほうがいいかな、同じ図を何度も使い回すことになるだろうから、テンプレも津h喰ったほうがいいかな、とか、いろんなことを考えています。
いずれにせよ、今後も工夫を重ねることで、動画の編集における作業時間は、さらに短縮できると思います。

なぜゆっくりムービーメーカーを使わないの?
ここで、動画制作者から疑問に思われることとして、なぜ、効率良くゆっくり解説動画を作る事ができる、ゆっくりムービーメーカーを使わないのか、ってことだけれど…
まず、操作を覚えるのが面倒だった、というのがあったりします(´・ω・`)
一応、AviUtilも、ゆっくりムービーメーカーもインストールはしているんですよ。んでも、操作環境は、私としてはPower Directorのほうが使いやすいし、そもそも使い方を覚えるのは、それだけ負担がある。
少し使いはしたんですよ。初期設定がどうのこうのとかいうのがあって、そのあたりは一応出来るようにはなったんだけれど、総合的な操作環境をイメージすることができなかったもんだから、なんとも。それに、動画の出力形式も、あまり選択肢がなかったもんだから。
なので、ある程度使い慣れている(使いこなしている、ってわけじゃないです)Power Directorを使い続けようとしている、ってわけでして。
それに、ゆっくり霊夢を登場させて、口パクなどのアニメーションを利用する、なんてことは、ひとつも考えていませんです、はい。

現時点での、今後の解説動画の予定は?
ってことで、最後に、ゆっくり解説動画で、今後、どのようなものを作るか、ってことなんだけれど。
発達障害体験談、というサブタイトルで提供している、発達障害に関する動画については、今後も提供をしていくつもりです。
ただ、何を優先して伝えていくべきかについては、まだ悩んでいるところでして…このあたりの話は、また別の機会に。
そして、おなじく、ゆっくり解説を使用して、現在学んでいる「ストレス」についての講座や、時間管理、思考術、その他の話題を提供してみようと考えています。
実のところ、解説動画を作るという工程は、学んできたことを復習することにも繋がっていますし、実際、解説動画を作る工程で、原稿は没にしたものの、理解が進んだ事柄もあったりします。
それに、何かを伝えようとするのなら、まず、その伝えようとしている事柄について熟知していなければなりません。ですので、解説動画を作っていると、私が何を理解していないのか、解る事もあったりします。
また、解説動画は、ゆっくり解説に限らず、YouTube、ニコニコ動画それぞれ、様々な人が、様々な事柄を、様々な方法で行っています。そうした、数多く発表されている動画解説でも、まだ行われていない事柄を探り出し、かつ、できるだけ解りやすい内容になるよう心がけつつ…
そして、可能な限り、実践的な内容の動画を作っていくことができたら、と考えていて、その動画シリーズのプランニングを現在行っていたりします。これがとてつもなく大きな範囲にまたがるないようになってしまうので、慎重に事を進めないといけませんね。





YouTube版 → https://youtu.be/m6KrUgilYcc

ってことで、かなり間があきましたけれど、発達障害体験談の、ゆっくり解説動画をアップロードしました。
今回は、フリーズについての解説ですけれど、編集中、「これって、別に、発達障害者じゃなくとも、健常者でも発生するよね」って思いはしたんですけどね。
んでも、こうした状態に、発達障害者がなりやすいってのもありますし、まあいいか、って感じです。
例によって、動画編集中、動画に関連しているようでどうでもいいようなコメントもいくつか書いていたりもします。嫁さん大好き、とかね(゚∀゚)
それにしても、私の嫁さん、…まだ婚約状態だけど…、ほんとにすごいと思うんだよね。私ができないこと、苦手なことを、はいはいって感じでやってのけてしまいますから。それに、私の事をよく見てくれてる。
一方、私が、彼女が調子が悪そうとか、そういうのを見抜くことができない、言ってくれなきゃわからないってのが、心苦しかったりもします。脳機能障害のため、努力しても、そういうことができないってのは、解ってはいるつもりなんですけどね、んでも健常者だったら、少しでも彼女の様子が悪そうなら、言われなくても気がつくんだろうなあ、と思ったりして、心苦しかったりしますです、はい。

ちなみに、この動画の中にもちと書きましたが、「ワーキングメモリ」についての解説を行う予定です。
こちらは、まだ言語化そのものは完全ではないものの、様々な方の協力を得ながら、実際にその開設手順でいいのかどうか、確認を行っているところです。
その中でひとつ思うのが、ワーキングメモリの解説を行うさい、解りやすく例える方法を模索し、ひとつの結論を出したのですが…
その方法を用いると、実際に脳内で発生している症状とは違いはするものの、結論は同じだ、という感じの内容になってしまいます。ですが、症状を理解するためには、その例えでもって話をすすめるほうが解りやすい。 
では、医学的には間違っているものの、理解しやすい方法で解説をして本当にいいのかどうか、ってところなんです。
イメージしやすい方法ではあるが、でも医学的には間違っている、それで本当にいいのか、ってことですね。
そのあたりを、今年中に結論を出して、実際にその方法で解説するか、あるいは、あえて解説しないでおくかを決めてみますです、はい。

ってことで、この動画に使用した元の原稿を、例によってそのまま掲載します。
 

 続きを読む

このページのトップヘ