大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

カテゴリ : 動画・ストリーム配信

どうも(。・ω・)ノ゙
ってことで、PowerDirectorなどを使用し、ゆっくり解説動画をまた作ってみました。
作ってみたのはいいものの、まだ粗さが目立ちますね。

YouTube https://youtu.be/zQ856uRfA60
このブログの一番下(あるいは、「続きを読む」という部分をクリック)に、動画の元原稿を記載しています。内容が微妙に違っているところもありますけれど、動画とほぼ同じ内容です。

動画の制作裏話
さて。
study_daigakusei_man
こうした解説動画を円滑に作るために、まず、ゆっくり音声で読み上げさせる動画の原稿を作るところからはじめるわけですけれど。
この、動画原稿は、自宅のPCだけでなく、スマホやタブレットPCからでも編集できるようにしています。こうすることで、自宅以外の場所でも、原稿を作成することができますから。
この、原稿の製作においては、これまで、GoogleKeepあるいはOneNoteを使用していました。
ところが。
pose_necchuu_computer_man
タブレットPCでこれらアプリを使用することは、もちろん可能ではあるものの、ただ動画原稿を作成するには、GoogleKeepでは後に編集しづらく、OneNoteは、ほぼワープロみたいな機能がついているため、フォントサイズの変更など、ただ単に文書を入力するだけなのに余計な機能がついています。
メインPCなどの各端末にインストールされているテキストエディタを使用してもいいのですが、その場合、定期的に、自動的にバックアップを行うことができなかったりして、トラブルにより、今まで作成していた原稿がすべてパァになっちゃうこともあるんですね。
そうしたことから、もっとシンプルに、文書だけを入力し、各端末でそれぞれ同じように作業できないかな、と思案していたところ。
あるじゃないですか。このブログの記事編集システムという手段が!!
まず文書を作成し、下書き保存することで、どの端末からでも「ブログ編集」という名目でテキストを製作することができますし、そして、その下書き原稿をそのまま流用することで、記事もできてしまう。
ブログエディタは、ブラウザ上で使用できますので、どの端末でも、(日本語変換システムの違いなどはありますが)同じように作業できます。
そして完成した原稿を、PCのスクリーンエディタに取り込み、棒読みちゃんで読み上げさせ、音声出力してやればいい。
こうすることで、作業時間が、ほんの少しだけれど短縮することができるようになりました。
とはいえ、この動画そのものも、原稿の製作時間を除けば、作業時間はだいたい6時間ほど。
棒読みちゃんでの音声出力を、文節ごとにまず行い、原稿内容の微調整や、動画内で使用する画像の選択、字幕の挿入などなどを行っていると、5分程度の動画でも、やはりそれなりの時間がかかってしまいます。
もぐもぐタイムのような、映像をそのまま適当に編集して終了!なんて感じの方法であれば、もっと短時間に編集できるんですけどね。
ともあれ、これで、また作業効率を、ほんの少しだけですが向上させることはできました。
んでも、AviUtilなどを使えば、もっと作業は早く済むんでしょうけどね。まあとりあえず私は今の方法でやっていけばいいや。

自分で自分をほめるだけ!「ほめ日記」をつけると幸せになる!
手塚 千砂子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2011-11-15

この書籍、のちに動画内でも紹介する予定です。ちょっと変わった考え方ですが、面白いですよ。

続きを読む

まいど(`・ω・´)ゞ
ってことで、久しぶりに、動画を作成し投稿しました。
今回は、その内容と裏話でも…。

発達障害者が積極的に摂るべき栄養素 

URL https://youtu.be/cXSDj7Ric_s

この動画の製作にあたって
さてさて。
例によって、棒読みちゃんを使用し、ゆっくり解説動画として制作したわけなんだけれど。
ゆっくり解説動画を作成する場合は、AviUtilなどのソフトを使用して制作するほうが効率がいいってことは、私も知ってはいるし、一応インストールもしてある。
だけれど、今まで通り、PowerDirectorを使用した方法のほうが、私としてはわかりやすいんだわ。
なので、これまで通り、まず原稿を作成し、それを、棒読みちゃんで音声ファイルを出力し、テロップをコピペで入力して、画像を貼り付けて云々、という、手間のかかる方法をとっている
さらに、これまでの作り方だと、なんか味気ないって感じがしていたもんだから、フリー素材を使用させていただくことにした。特に背景の画像は、私の趣向に沿った感じだし、そもそもスマホで私が撮影した画像は、色が濃すぎて、なんとなく見づらいって感じもしていたからね。
それなりの撮影技術やら、画像の加工技術やらがあれば、私ですべてのデータを制作することもできるんだろうけれど、んでも、そうした技術の習得は、また後ほどって感じでいいと思う。
また、いずれ、PowerPointを使用してのプレゼンテーション動画にも挑戦してみたい、とも考えている。慣れれば、こちらのほうが、動画制作は早くなるとは思う。

過集中入りました(´・ω・`)
で、この動画なんだけれど、悦子が徳島から広島の自宅に無事帰宅してから、制作を開始したんだ。
pose_necchuu_computer_man
動画を投稿していなかった間、今後どのように動画を投稿すればいいのか、検討していたんだけれど、それをある一定の形にしようとして、動画の内容に関するテンプレートから、動画タイトルのテンプレート、動画の原稿を作り、それを棒読みちゃんで出力、さらに資料となる画像をあちらこちらから取り寄せたり云々で、一気に仕上げました。
nebusoku_tetsuya_ake_man_smile
気がつくと、すでに夜が明けていて、強烈なのどの渇きと疲労感に襲われたもんだから、動画の出力を実行したあと、動画が完成するのを待たずに、ばたんきゅ。
確か、トータルで7時間ほど、延々と、動画に関する作業を行っていたと思う。その間、トイレを含む休憩一切無し。
この、過集中状態というのは、作業効率からするといいことではないか、と思われるだろうけれど、実際には、身体にも精神にも多大な負担がかかってしまい、かつ、その反動が強烈なんだわ
この、過集中状態を、いかに自分自身でコントロールするかってのも、今後の私の課題ではある。
ちなみに、このブログ記事を執筆しているときも、過集中状態だったりします。いかんいかん。

動画の内容に関する懸念も
そして、動画そのものについてなんだけれど。
まず、棒読みちゃんで読ませている、いわゆるゆっくりボイスについてなんだけれど、読み上げ中、ノイズが入っているのが気になってる。んでも、これはおそらく仕様だろうから、仕方ないかな。
そもそも、発達障害者って、棒読みちゃんのような、ある一定のリズムに従った音声が聞き取りやすく、かつ心地よく感じるものなんだわ。なので、あえて、発達障害に関する動画に関しては、私の音声ではなく、棒読みちゃんを使用している。
ノイズの原因については、たぶん、ソフトの仕様だけでなく、私のPC環境も関係しているんじゃないかな、とは思うんだけどね、そのあたりは、どうなんだろ。
それと、今回は、勢いに任せて原稿を作成しているもんだから、その内容に関して、少し筋をはずしているとも感じている。そもそも、今回の動画の内容の根拠となった資料の提示をあまり行えていないってのもあるからね。
なので、今後は、まず原稿をしっかりと執筆した上で、動画制作作業を行うよう心がけるようにするつもりです。

この動画の元となっているブログ記事

で。
この動画は、事前に、このブログに掲載した内容と同じような感じになっている。
動画の説明文には、その記事を元にして動画を制作したよ、って感じに書いたんだけれど、実際には、そのブログ記事を一切参考にせずに、一気に動画を作り上げてます。

今後の動画制作に関して
さてさて。
今回の解説動画から、ひとつの取り決めをしてみたんだ。
その取り決めとは、動画のシリーズ化を考えず、当面は、単発の内容として提供していこう、ということ。
私の特性として、
karoushi_hakui_man
情報を整理し提供することそのものが苦手だというのが解ってきている。
一応、プランニングを行う為のツールも、考え方も知識として蓄えているし、それを実践することも可能ではあるんだ。
でも、当面は、動画制作に関する技術向上とフォーマット作りに焦点を当て、単発の企画だけでやっていこうかな、と。
そうしないと、頻繁に情報を提供することが難しい、と思ったからね。そもそも、動画の制作そのものもさぼりがちだし。
もっとも、動画の制作が滞っているのは、機材の故障だけじゃなく、他にもいろいろと勉強したり、いろんな方の助力をいただかなければならなかったりするからなんだけど。
んでも、動画による情報の提供で、誰かの役に立てるようにも考えているから、せめて週に1本のペースで、情報の提供ができれば、と考えていますよ。



動画の編集で使用しているソフトは、このソフトの旧版。新版は、さらに使いやすくなっているそうだよ。

ニコ生で生放送をしていると、いろんな方から相談を持ちかけられます。
その、相談内容に対する、私からの意見というのは、どうも一般の方々とは違うらしい。
今回は、その一例として、実際にどんな相談があったのか、そして、私がその相談を受けて、何をどのように考えたのか、そのプロセスを書いてみます。
なお、相談を受けた時期は、この記事を書く、少なくとも半年以上前のものです。

今プロポーズしてもいいのだろうか?

さて、今回は、男性からの相談内容。
お付き合いしている女性がいるのだけれど、このタイミングでプロポーズしていいかどうか意見が欲しい、と、まず持ちかけられました。
もちろん、私は、その相談者がどのような方なのか、また、どのような立場であるかはわかりませんし、私の意見ひとつで、相手の人生をコントロールすることもできません。
それを踏まえ、その相談に対する明確なアドバイスを行うための、必要最低限の情報を聞きだす必要があります。

アドバイスするために聞いたこと
そこで、私は、私がアドバイスを行うために必要なことを聞くことになるわけですが、私が、そのアドバイスを行うために得た情報は、
  • 相談者は未婚
  • 相手女性はシングルマザーで、低学年のお子さんがいる
  • 付き合って1年経過している
たったこれだけです。この3つの情報を元に、アドバイスを送ることにしました。
このブログを読んでいる方で、この3つの条件だけで、「自分なら、どのようなアドバイスをするだろうか」とか想像しつつ、私が、どのような考えのもとでアドバイスを行ったかを読んでいただけたらありがたいです
それぞれいろんな考え方があるでしょうけれど、静葉はこのように考えた、というだけの話ですよ。

相談を受ける際の注意事項
さて、相談を受ける際、私がどのようなことを心掛けているかですが。
そもそも、相談者の人生は、相談者のものです。私の人生ではありません。「このようにすべきだ」という方法論で解決するような話であれば、そうした話を行います。
ですが、私は、その相談者に指示を行う立場でもなく、ましてや、こうしなさいああしなさいという立場でもありません。
その上で、その相談者が見えていないこと、つまり、「視野を広げる」ことに重点を置いています
ですので、今回の場合だと、相談内容は、プロポーズしてもいいかどうか、ということなのですが、私は、その質問に対して、YesNoで返答することはしませんし、立場場できません、行ってもいけません。

相談内容に対する判断基準

そして、相談を受けた際、私から、何をどのように伝えるか、なのですが…
物事を考える際、その物事を行ったあとのことまで私は考えるようにしています
今回の場合だと、相談者は、相手女性にプロポーズをすることだけに焦点を当てているように思えました。これから、伴侶として一生涯付き合っていくというところまで、相談者は見えていないとも感じます。
これは私が計画を立てる際の判断基準なのですが、その物事を達成するだけではなく、できるだけ、その物事を達成したあとのことまで考えるようにしています。
これは、私の座右の書であるT.Qや7つの習慣などの、先人の知恵(自然の法則)を、ほんの一部ですが習得していることや、おそらく私自身の特殊な思考特性も含まれていると思います。
また、匿名ではあるものの、さまざまな方が、自分の人生経験をネット上で語ってくれておりまして、そうした出来事を私自身の知識として蓄えていることもあります。
今回の相談内容の場合であれば、再婚やシングルマザー、プロポーズ、離婚などなど…をキーワードとした、数多くの、さまざまな方の人生経験が頭の中に、「流れ」として記憶されたものが一度に思い出され、それらもその相談内容に対する参照として組み入れています。
文章にすると、複雑な工程のように思われるでしょうが、この判断は、判断するために必要な情報を得た際、一瞬で判断を下しています。いわゆる、ゼロ秒思考というやつですね。

私が相談者に伝えたこと
さて。今回の相談に対する私のアドバイスですが。
まず、プロポーズすべきかどうかについては、上記の通り、私は判断しません。
その上で、相談者が何を考えなければならないのかを伝えています。
その、もっとも重要なこと。それは、プロポーズをした後のことです。
これはT.Qにおける「役割」の考え方が、非常に重要な判断材料となっています。
まず、彼は、女性と結婚した際、ふたつの役割が生じます。まず、女性の夫という役割。そして、女性のお子さんの父親という役割のふたつです
もし、お互いがお子さんがいなければ、突然「父親」という役割は必要ありません。お子さんができてから、父親としての役割を演じることになります(役割を演じる、という表現は、T.Qに従ったものです)。
そして、女性にも、お子さんの母親という役割が現時点であり、そして新たに、相談者の妻としての役割が発生することになります。
ここで一番重要な点。女性にとっては、母親としての役割がとてつもなく重要なはずです。もし、お子さんと相談者、どちらかを取らなければならないという状況に立たされた場合、間違いなくお子さんを取るでしょう。
それを踏まえ、私が相談者さんに最後に伝えたこと。
女性と、どのような家庭を築き上げるかを、じっくりと話し合うように。
上記の、「役割」についての話をしたうえで、最終的に、そのように伝えています。

相談者にあえて伝えなかったこと
その話をしている中で、その相談者から、気になる一言を受けています。
「女性と一緒に、お子さんにプレゼントを頻繁に送っている」
この言葉が、私はかなり引っかかりました。
もちろん、実際に、相談者さんを含めた3人の方が、どのようにお付き合いをしているのかはわかりませんし、それは私が知るべきではない、知る必要のない話です。
その上で、この一言を聞いたときに感じたのは、その相談者さんは、父親としての役割が発生することを、まだ自覚していないのではないかということ、そして、お子さんの気持ちを汲み取ることができているのかどうか、ということです。
上記で、相談者さん、そして女性が持つそれぞれの、既存の、そしてこれから生じる役割について記しました。
この「役割」というのは、もちろんお子さんにも発生します
その時点では、母親の子ども、という役割だけでしたが、実際に結婚生活を送るようになると、そのお子さんには、相談者の子どもという役割も発生します。そして、そのお子さんに新たに発生するその役割について、相談者さんは、そこまで考えることができていないのではないだろうか、と。
「役割」は、生活をしていくうえで、自然に演じるようになるものでもありますが、ですが、その役割に気づかず、役割を反故にしたり、気が付いていても放棄したりする方も中にはいらっしゃいます。今回の事例では、家族のありかたを問うものになります。血のつながりがあるかどうかは関係ありません
そして、女性の側からすると、母子家庭、つまり、既存の家庭の中に、相談者さんという新たな同居人が増えることになるのですが、相談者さんは、プロポーズのことだけに意識を向けてしまい、そののちの生活のことまで考えることができていないのではないかとも感じたわけです。
そこで、私は、その女性と、今後の人生について、じっくり話し合うように伝えたのですが、その女性との話し合いの中で、必ず、お子さんとの関係についても必ず話題が出るはず。そしてそれ以上に、お子さんが、何を新たな父親に求めようとしているのかもわかるのではないか、そして、その求めているものを、相談者が提供できるかどうか、それに相談者が気づくことができるかどうか。
つまり。
相談者さんは、女性に対してプロポーズをするかどうか悩んでいるが、お子さんにもプロポーズする必要性を認識できているのだろうか。これが私が引っかかったところなんですね。
ですが、女性とお子さん、このおふたりと優良な関係ができているのならば、今後の人生についての話を進めるにあたり、そのことに、おそらくは気が付くだろうと私は思ったわけです。
だから、お子さんの視点からのアドバイスは、一切行いませんでした。
もっとも、あとになって、伝えたほうがよかったかな、と思うことはあるんですけどね。

もうひとつの私の思い

相談を受ける際に、私が思うこと。その一番大きなポイントは、本当の意味での幸せになってくれたらいいな、ということです。
今回の相談者さんを例にあげると。
プロポーズに成功するか失敗するかというだけでとらえるとするならば、成功するにせよ、失敗するにせよ、どちらにせよ幸せになってほしい、ということ。
相談者さんただ一人だけの問題で済むことなのなら、何をどうすればいい、とかいう感じでアドバイスを送ることもあるでしょう。
ですが、この問題は、相談者さん一人だけの問題ではありません。相談者さんを含め、三人のこれからを考える必要があるわけです。
そして、その女性と今後を話し合うようにと伝えたのは、相談者さんの為だけでなく、その相談者さんと生涯を共にしていいかどうか、女性とお子さんにも考える機会を設けるためでもある。
その話し合いの中で、お子さんのことについても、婚約者と同じく大切に考えられるかどうかが最大のポイントになる、それに相談者が気がつくかどうか。おそらく話し合いの中で、女性からも話題として出るはず、だからこそ私がその点を指摘するべきではない、と考え、あえてそこだけは伝えませんでした。

とまあ、こんな感じで私は考えたんですよ、という、ただそれだけの話です(`・ω・´)ゞ
その相談者さんが、その後どうなったかについては、私は知りませんし、知らされてもいません、そして知る必要も…興味はありますが、ありません。そもそも、その相談内容が事実かどうかも私は判断できないわけですし。
また、この記事では、ただ単に「こう考えた」というだけの記事で、その考え方が正しい間違っている、という話でもありません。その旨ご了承のほどを。




YouTube版 → https://youtu.be/udh5w8YI78k

ってことで、かなり久しぶりの、もぐもぐ動画です。
朝食、何にしようか悩んでいたんだけれど、なんか作るのが面倒くさくなったので、にゅうめんにしました。
茹でたてのそうめんを、水にさらさずにそのままインスタントのスープに放り込むだけ。
味は、けっこういけるんですけれど…なんか物足りなかったです、はい。
 


YouTube版 → https://youtu.be/gS2vuS0OqkY

ってことで、今回は、今後制作するであろう解説動画の予告ってのを作ってみました。
そもそも、なんでこういう動画を作ったのかというと、実のところ、今後の動画製作の為のフォーマット作りが一番の目的だったりします。
その一方で、発達障害で悩む方々に対し、「こういうのを覚えておけば楽になるよ」ってのを、あらかじめ伝えたかったから、ってのもあったり。
特にストレスに関しては、ストレスコーピングマインドフルネスのふたつを覚えると、とんでもなく楽になります。
なので、その動画が制作されるまで待つよりも、こういうのを覚えておいたほうがいい、と先に伝えておけば、興味のある方や、悩んでいる方が、動画製作を待たずに対策を取ることができるようになりますから。
なお、動画文中にも書きましたが、私自身、かなりのストレスを抱えているようでして…
まず、マインドフルネスを覚え、気が向いたタイミングで行うようにしていたり。マインドフルネスは、1回あたり10分程度という目安があるのですが、30秒くらいでもある一定の効果があります。
また、ストレスコーピングってのは、要するに、ストレスの発散方法なんですけれど、これ、本当に面白い概念ですよ。詳しくは、今後制作する動画にて…と、言いたいところですが、現在の動画製作工程からすると、年内に紹介できるかどうか。

なお、今回の動画から、ニコニコ動画版は、あらためてエンコードを行うことにしました。
ファイルサイズが大きくなりすぎると、再生が円滑にできませんから。
なので、例によって、YouTube版のリンクアドレスを張っておいて、画質が悪かったらYouTube版を見てね♪ って感じにしました。
 
それにしても…
動画に、テロップ、やっぱりいれておいたほうがいいなあ。 

例によって、この動画で使用した原稿を記載しておきますね。


 続きを読む

このページのトップヘ