大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

カテゴリ : 動画・ストリーム配信

ドウモ( ・∀・)っ旦
このところ、全然動画をアップしていない私ではありますが、これではいかんと思い、急遽、動画を作成することに。
以前から、今までの動画の作り方とは全く違う考え方で作ってみようと思っていて、その試験的な位置づけになるんだけれど…

レモンシロップを作ろう
さて、それで実際に作った動画は、こちら。

https://youtu.be/IgTqlA2IOmw

動画の製作裏話
ってことで、この動画を作るにあたって、色々と裏話みたいなものを。
この動画は、前述の通り、これまでとは違う考え方で作ることにしてみた。
と、いうのも、今までは、棒読みちゃんを使って解説音声を入れることはあっても、今回のように、トーク形式で作ったことは無かったんだわ。
なぜトーク形式での解説動画を作らなかったかというと、会話を行わせるというシナリオの作り方に、自信がなかったから。
でも、他の投降者の、ゆっくり解説の動画を視聴していると、単独で淡々と語らせるよりも、トーク形式のほうが、解りやすいとは思っていたんだわ。
なので、今回は、その、トーク形式で、行き当たりばったりで原稿を作成して、それを読み上げさせるようにした、というわけ。
また、字幕を入れたほうが、動画としても解りやすいとは思ったんだけれど、今回は、動画の製作時間の短縮を図るため、その手間をあえて省略した。字幕を入れていない動画も、色々あるもんだから。

動画の製作ソフト
さて。
今回の動画の製作にあたって、まず動画の撮影は、ウェブカメラで行った。
撮影の為のカメラがあればいいんだけれど、予算の都合で購入することができないし、それに、とりあえず身近にあるものを利用すればいいやと思って。
で、動画の編集は、いつも通りPowerDirectorを使用。ここに、棒読みちゃんを使用し出力した音声データを貼り付けていく、という方法を取ってる。
ちなみに、ゆっくりボイスを使用した動画の製作を円滑に行えるツールがあるのは承知しているんだけれど、たとえ手間がかかっても、慣れた環境の元で動画の編集をしたいと思っているもんだから、今後も、この手の動画は、同じ方法で製作していくことになると思う。

次回の動画は…
肝心の動画の完成度については、まあお察しって感じかなあ。
んでも、トーク形式の動画を作ることが、とりあえずはできたということは、私の自信に繋がってる。
このトーク形式の動画製作なら、いろんな解説動画を作る事もできるだろうし、動画の作り方についても幅ができるんじゃないかな、と思ってるわけ。
実際、読み上げる原稿だけ先に用意しておいて、あとはその読み上げる原稿に相応しい画像を貼り付けていくだけで、それで動画ができるわけだから、わざわざ映像を撮影する必要性もなくなってくるんだし、動画のネタも、小出しにできるんじゃないかな、と思ってたりする。
で、次回の動画については、実はこのブログを執筆しているタイミングで、すでに編集作業をしていたりします(゚∀゚)
はてさて、どのような動画になるかな?




どうも(`・ω・´)ゞ
このところの寒さで、部屋の室温が下がり、うまいこと指が動かず、キーボードを打つその作業効率がかなり落ちていたりします。
なので、室内でも、作業を効率良く行うために、薄手でいいので手袋でもつけたほうがいいのかな、などと思ってみたり。んでも手袋つけたら、つけたぶんだけ指が太くなって、タイプミスが増えないかな、とも思っていたりします。

ニコニコ動画の新しいサービスが発表されましたが…
さてさて。
ニコニコ動画の運営から、新しいサービスの提供が発表されました。
あえてそのニュースなどのリンクは省略しますが、
computer_monku
これがともかく大ブーイング!

私も、長年、ニコニコ動画及びニコニコ生放送などを利用してきていますけれど、運営は、あまり利用者の視点でものを考えていないんじゃないかな、ってのが正直な感想だったかな。
どちらかというと、こういうサービスを作ったから利用しろっていう感じで、やや強制されているような、そんな印象さえ持ってる。
ニコニコ動画を運営しているドワンゴは、もちろん企業でもあるから、いかに利益を上げるかについて考慮しなければならない、ってのは当然。なんせその利益がなければ、サービスの提供もできないから。
ただ、ニコニコ動画を母体として、多角化しすぎている、って印象を正直持っている。学校法人・N高校を設立したりってのもそうかな。それが悪いと言うわけじゃないけどさ。

動画視聴の安定化に問題が…
サービスを提供している立場として、運営が一番頭を悩ませているのが、おそらくはFlashからHTML5への移行なんじゃないかなあ。
今後、Flashは、諸処の事情で、ネットから消え去る宿命。その対応に追われているってのは、私も理解してる。
これまでアップロードされている動画についても、Flash形式から移行しなければならないなど、その動画のフォーマットの移行に伴うシステムの変更が、なんかうまくいってないかな、って感じがする。
computer_net_osoi
少なくとも、私のPC環境では、chromeでの動画の再生に難があるばかりでなく、生放送の視聴においても、場合によっては一切視聴できなかったり。
また、EDGEでの生放送の視聴も、安定してはいない。
この問題には、実際には、私のPC環境、それもグラフィックカードの影響も確かにありはするんだけれど、それでも、これまでと同様のサービスを提供しているにもかかわらず、以前と同じように視聴することができていないというのは、問題だと思うんだよね。

動画のアップロード上限が解除されたとは言え…
動画の投稿者としての視点からすれば…このところ、動画、全く投稿していないけれど。
かなり以前、動画の投稿ファイルサイズ上限が、1.5GBになった。これは動画をエンコードする立場からして、楽になった。
douga_haishin_youtuber
このファイルサイズの場合だと、横幅720pxくらいの動画であれば、もちろんエンコードの条件にもよるんだけれど、動画制作ソフト上だけで対応できる。
それまでファイルサイズが100MBだった時代の場合、「つんでれんこ」というソフトを使用して、再エンコードを行う必要があった。この手間が省けるのは、動画投降者からすると、手間が省けるという点で本当にありがたかったんだわ。
つまり、YouTube用、ニコニコ動画用の、それぞれ2つの動画を用意する必要がなくなったことで、両方に同時にアップロードでき、時間の短縮にも繋がっているってわけ。
もっとも、ニコ動サーバーのほうで、再エンコードされてるんだけどね
また、それまで、1ユーザーごとに、アップロードできる動画の総ファイルサイズが定められていたんだけれど、それが撤廃されているってのも大きな点ではあった…けれど、こちらは、頻繁に動画を投稿する人からするとありがたいくらいだったかな。私はあまり意識してないよ。
でも、それって、かえって、ニコ動サーバーの負担を増やすことにもなってるよね?

ニコ生の制約の解除はありがたいんだけれど…
また、ニコ生の配信についても、先日、PCからだと、予約なしで最大6時間、連続で配信できるようになっている。こちらは、生放送を配信する者からして、確かにありがたかった。
それと、生放送を行う事自体が、クリエイター奨励プログラムの対象になったこともかなり大きい。それまで、私の場合だと、動画の投稿くらいしか恩恵を受けなかったものが、生放送でも、もちろん動画と同じようにとはいかないけれど収入源に繋がっているのは、ありがたいことではあるんだ。
ただ、動画の配信上限が2Mbpsまで向上した、ってのは…これも、ニコ生のサーバーの負担を増やすだけでなく、生放送の配信者、そして視聴者の、それぞれのPC環境に大きく負担がかかることになっている。
computer_server_panku
もちろん、サーバーの性能が強化されたことや、ブロードバンドのさらなる高速化などにより、大量のデータ通信ができることになったからこそ、そうした大容量映像配信ができるようになった、のはいいんだけれど、その恩恵を最大限受けられるユーザーって、そこまでいないんじゃないかなあ。

その上での新サービスの印象は…
とまあ、そんな印象を持ち続けていたその上で、今回の、ドワンゴの、新サービスの発表については、私自身、ユーザーの視点に立ったサービスを考慮していない、って印象を持ってる
具体的にどうこうとかいう意見は控えるけどさ。そもそも、私は、そうしたサービスを提供してもらってる側の人間なんだし、運営母体が、その利用約款や環境、制度を変えたら、それに従うしかない。
それが気に入らないなら、ニコニコ動画から離れればいいだけなんだし。YouTubeをはじめ、同様のサービスを提供しているサイトは、いっぱいあるからね。
とはいっても、私自身、現在でもお世話になっている義理もあるから、現時点ではサービスの利用を取りやめるつもりはないんだけどさ。
ただ、今回発表された新サービスについては、私は一切利用しないと思う
要するに、従来通りでいいんだわ。

私が運営に求めるとするならば…
運営は、前述の通り、利益を上げなければならない。そのために、他の同様のサービスを提供しているサイトとの差別化を図らなければならないってのは、それは経営者としては当然の考えではある。
なので、オンラインゲームの提供や、デジタル書籍の提供といった、デジタルコンテンツの強化については、そのあたりは別サービスとして、私は評価してはいるよ。実際に利用者もいるわけだしさ。
ただ、差別化ってのを、そこまで重視しなくてもいいんじゃないかな、とも思うんだわ
それよりも、サービスの安定した提供ってのを、少なくとも私は求めている。
動画の視聴についても、これまで以上にスムーズに行えるようになること、また、生放送についても、タイムラグが限り無く低く、スペックの低い環境でも安定して視聴できるよう、など…
つまり。高画質化などは、少なくとも私は求めていないんだわ
それよりも、恒久的な、安定したサービスの運用のほうが、私は重要なんじゃないかな、と思う
YouTubeと比較すると、それはもちろんサービスの規模が全然違うんだし、喧嘩を売ってもかなうはずがない。それよりも、従来以上に、サービスの安定性をお願いしたいんだよね。
このサービスの提供の安定性さえ行ってくれさえすれば、私は文句はない。
そこには、もちろん、何らかのトラブルが発生した際の、ユーザーサポートの充実も含まれる。
私自身、運営には、いろんな問い合わせをしているし、(テンプレ回答もありはするけど)サポートはし続けてくれてはいる、んだが、このところ、そのサポートの遅延が目立つようにも思う。
こうした、細かな部分の強化が、本来ユーザーから求められている部分なんじゃないかなあ。
要するに、よそはよそ、うちはうちで、これまでの運営のノウハウのまま、新しいサービスよりも、さらに地盤を固めるほうに力を入れて欲しいと思ってたりするわけです、はい。
まあ、ブログで、こういう話をしても、運営に届くはずもないんだけどね。

余談。私のNLEの設定
実際、私の生放送そのものも、こちらは私のPC環境のせいではあるんだけれど、
WS000224

WS000222
参考までに、これが現在の、NLEの詳細設定になってる。
この設定内容からも解るように、合計ビットレートについては、旧来の生放送の仕様になるべく沿う形にしてあるんだけれど、ただ単に配信するだけなら、これくらいでも充分なんだわ
つまり、運営が発表した高画質化は、私自身、全く望んでいないってわけ。
もちろん、私のPCの、特にグラフィックカードのスペックが貧弱なのも原因ではあるんだけれど。
視聴者の側からも、私のこの設定で、通常の配信は充分だと言ってくれてる。
ちなみに、私のグラボがAMD製で、このNLEの開発母体となっているXspritとは相性が悪い、なんてことも言われてるんだが、それはさておき、ユーザーの生放送でも、よほどのことが無い限り、画質の綺麗さなどは、そう求められていない、ということが言えるんじゃないかな。

スマホアプリの操作環境が変わりましたね
そういえば。スマホアプリの視聴環境が、YouTubeのそれとほぼ同じようになってる。
それはそれでいいんだけど…操作環境が少し変わったくらいで。まだそこまで使ってるわけじゃないんだけれど、まあまあいいかな、って感じかなあ。
今後も、PCよりもスマホで視聴する人のほうが多くなるとは私も思ってるし、そちらのユーザーインターフェースを改善したってのは、私は評価してたりします。
もっとも、Wi-Fi接続での視聴は、相変わらず、ポート固定の設定入れておかないと駄目だけどね。



ニコ生で配信する際、以前使用してたマイクが、これ。
一般的なマイクと違い、部屋の音のすべてを拾ってくれるから、手ぶらで放送できて楽だった。
今はウェブカメラについているマイクを使用している。
棒読みちゃんの音声を、スピーカーから流してマイクに拾わせるって方法を、今でも行っていたりしますよ。


どうも(*・ω・)ノ
映画公開当初、何かと話題になっていた、映画「デッドプール」。
U-NEXTでレンタル視聴が可能、とのことでしたので、ようやく今になって視聴しました。
※原作と映画は設定が色々と違っています。Wikipediaは見ないほうがいいかも?

U-NEXTは、動画サイトとしては、ちと割高なイメージがありますが、1つのアカウントで4つのIDを登録できること(私のアカウントで悦子も視聴しています)や、スマホオリジナルの音楽配信サービスを受けることができたりするので、そういう点では私は割安だと思ってたりします。
デッドプールは、この記事を書いている2017年10月12日現在、ポイントを使用して視聴するようになっていますが、毎月ボーナスポイントが入るようになっていて、そのポイントを使用して視聴しました。

 

どんな映画?
まず注意。この映画は、グロテスクな表現が多々あり、R-15指定されてもいます
依頼を受け、街のチンピラからごろつきから住民を守る生活をしていた元軍人。
ある日、とある女性と出会い、付き合い、婚約したのはいいが、体内に複数ガンが見つかり、手遅れ状態になっていたことが解る。
そんな彼に、ガンを直すと謎の人物に声をかけられ、その人物を頼り彼女に黙って家を去り、そして連れて行かれた場所で(だまされて)ミュータント手術を受けさせられ、不老不死になった一方、顔を含め全身が醜くなってしまう。
この顔では彼女に会うことができない、そう考えた彼は、唯一、顔の治療ができると言っていたその手術を行った者を探し出そうとするのだが…
(公式サイトに書かれているあらすじは以下の通り)
かつて特殊部隊の有能な傭兵だったウェイドは、ある日、末期ガンと宣告される。謎の男にガンを治せると聞かされ、彼は連れていかれた施設で治療に臨むが、そこでは余命わずかな者たちが人体実験を施され、戦闘マシンとして売られるという恐ろしいプロジェクトが進んでいた。ウェイドも実験によって改造され、どんな攻撃を受けても回復できる肉体を手にするが、醜い姿になり施設から脱走。元の自分に戻り、愛する女性と再会するため、自作のコスチュームで「デッドプール」となった彼の戦いが始まる!

見所は…?
この主人公は、アメコミヒーローの中でも、異色の存在だと思う。
そもそも、彼自身「ヒーロー」になることを望んでおらず、X-MENに加入しろとするその誘いも劇中断っている。
そして、彼の目的は、純粋に、彼女と再び元の生活を送ること。そのために醜くなってしまった顔を直したい、ただそれだけなんですね。
また、米国のヒーロー映画は、そのヒーローを続けることに対する葛藤などが描かれることも多いと思うんだけれど、そんなヒーロー映画の中でも、彼の行動原理が「自分のため」だけなんだわ。誰かの為ではなく、自分の為だけに戦う…。
そして、そのために、努力を惜しまない。知人の協力を得つつ、コスチュームも試行錯誤をしながら自作する(自分でミシン使って作ってる!)様子なんてのは、これまでのヒーローの中でも独特なんじゃなかろうか。
そしてアクションシーンについても、とてつもなくアクロバティックな様子を見せながらも、しかし戦い方は徒手空拳及び剣と銃! 不老不死でとてつもない回復力を持ちつつも、超人的な身体能力を活かした(パルクールの動きのように見える)戦闘シーンは圧巻!
その上で…色々とナンセンスなことをやってたりする。映画視聴者に向けてコメントをしたり、発言が下品(下ネタ満載)だったり…
中でも、主演男優自ら、主演男優に「演技が下手」とか言ってみたり、同じ主演映画のキャラクターがどうこうと言ってみたり、登場人物が少ないのは予算のせいだとか言ったりなどなど…と、セルフコメディーみたいなことも色々やってたりする。
それでも、純粋に、一人の女性と長く一緒に居たいという純粋なその思いだけで動く彼の一途な姿と、飽きさせない映画構成で、一気に映画を見ることができました。
登場人物も少なく、そして物語もシンプルであることから、私でも素直に楽しむことができています。

静葉ちゃんのお勧め度
★★★★★/5点満点中
この映画は、U-NEXTでは、字幕版と吹き替え版があり、先に字幕版を、後に吹き替え版を視聴しているんだけれど、もちろん先に字幕版の視聴をお勧め。
その上で、吹き替え版も、字幕版とはまた違った楽しさがあります。
前述のように、アクションシーンも圧巻!
そして、たったひとつの、シンプルな目的の為に動く彼の姿に見惚れてしまう…のは、いいんだけれど…あんたそのシーンでそのハンドサインするかとか、米国流のジョークがふんだんにちりばめられていたり突っ込みどころ満載でもあったり。
映画の展開そのものも、スピード感あふれていて、最後まで飽きることのない内容でした。

デッドプール [DVD]
ライアン・レイノルズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2017-06-09





どうも(。・ω・)ノ゙
ってことで、PowerDirectorなどを使用し、ゆっくり解説動画をまた作ってみました。
作ってみたのはいいものの、まだ粗さが目立ちますね。

YouTube https://youtu.be/zQ856uRfA60
このブログの一番下(あるいは、「続きを読む」という部分をクリック)に、動画の元原稿を記載しています。内容が微妙に違っているところもありますけれど、動画とほぼ同じ内容です。

動画の制作裏話
さて。
study_daigakusei_man
こうした解説動画を円滑に作るために、まず、ゆっくり音声で読み上げさせる動画の原稿を作るところからはじめるわけですけれど。
この、動画原稿は、自宅のPCだけでなく、スマホやタブレットPCからでも編集できるようにしています。こうすることで、自宅以外の場所でも、原稿を作成することができますから。
この、原稿の製作においては、これまで、GoogleKeepあるいはOneNoteを使用していました。
ところが。
pose_necchuu_computer_man
タブレットPCでこれらアプリを使用することは、もちろん可能ではあるものの、ただ動画原稿を作成するには、GoogleKeepでは後に編集しづらく、OneNoteは、ほぼワープロみたいな機能がついているため、フォントサイズの変更など、ただ単に文書を入力するだけなのに余計な機能がついています。
メインPCなどの各端末にインストールされているテキストエディタを使用してもいいのですが、その場合、定期的に、自動的にバックアップを行うことができなかったりして、トラブルにより、今まで作成していた原稿がすべてパァになっちゃうこともあるんですね。
そうしたことから、もっとシンプルに、文書だけを入力し、各端末でそれぞれ同じように作業できないかな、と思案していたところ。
あるじゃないですか。このブログの記事編集システムという手段が!!
まず文書を作成し、下書き保存することで、どの端末からでも「ブログ編集」という名目でテキストを製作することができますし、そして、その下書き原稿をそのまま流用することで、記事もできてしまう。
ブログエディタは、ブラウザ上で使用できますので、どの端末でも、(日本語変換システムの違いなどはありますが)同じように作業できます。
そして完成した原稿を、PCのスクリーンエディタに取り込み、棒読みちゃんで読み上げさせ、音声出力してやればいい。
こうすることで、作業時間が、ほんの少しだけれど短縮することができるようになりました。
とはいえ、この動画そのものも、原稿の製作時間を除けば、作業時間はだいたい6時間ほど。
棒読みちゃんでの音声出力を、文節ごとにまず行い、原稿内容の微調整や、動画内で使用する画像の選択、字幕の挿入などなどを行っていると、5分程度の動画でも、やはりそれなりの時間がかかってしまいます。
もぐもぐタイムのような、映像をそのまま適当に編集して終了!なんて感じの方法であれば、もっと短時間に編集できるんですけどね。
ともあれ、これで、また作業効率を、ほんの少しだけですが向上させることはできました。
んでも、AviUtilなどを使えば、もっと作業は早く済むんでしょうけどね。まあとりあえず私は今の方法でやっていけばいいや。

自分で自分をほめるだけ!「ほめ日記」をつけると幸せになる!
手塚 千砂子
KADOKAWA/メディアファクトリー
2011-11-15

この書籍、のちに動画内でも紹介する予定です。ちょっと変わった考え方ですが、面白いですよ。

続きを読む

まいど(`・ω・´)ゞ
ってことで、久しぶりに、動画を作成し投稿しました。
今回は、その内容と裏話でも…。

発達障害者が積極的に摂るべき栄養素 

URL https://youtu.be/cXSDj7Ric_s

この動画の製作にあたって
さてさて。
例によって、棒読みちゃんを使用し、ゆっくり解説動画として制作したわけなんだけれど。
ゆっくり解説動画を作成する場合は、AviUtilなどのソフトを使用して制作するほうが効率がいいってことは、私も知ってはいるし、一応インストールもしてある。
だけれど、今まで通り、PowerDirectorを使用した方法のほうが、私としてはわかりやすいんだわ。
なので、これまで通り、まず原稿を作成し、それを、棒読みちゃんで音声ファイルを出力し、テロップをコピペで入力して、画像を貼り付けて云々、という、手間のかかる方法をとっている
さらに、これまでの作り方だと、なんか味気ないって感じがしていたもんだから、フリー素材を使用させていただくことにした。特に背景の画像は、私の趣向に沿った感じだし、そもそもスマホで私が撮影した画像は、色が濃すぎて、なんとなく見づらいって感じもしていたからね。
それなりの撮影技術やら、画像の加工技術やらがあれば、私ですべてのデータを制作することもできるんだろうけれど、んでも、そうした技術の習得は、また後ほどって感じでいいと思う。
また、いずれ、PowerPointを使用してのプレゼンテーション動画にも挑戦してみたい、とも考えている。慣れれば、こちらのほうが、動画制作は早くなるとは思う。

過集中入りました(´・ω・`)
で、この動画なんだけれど、悦子が徳島から広島の自宅に無事帰宅してから、制作を開始したんだ。
pose_necchuu_computer_man
動画を投稿していなかった間、今後どのように動画を投稿すればいいのか、検討していたんだけれど、それをある一定の形にしようとして、動画の内容に関するテンプレートから、動画タイトルのテンプレート、動画の原稿を作り、それを棒読みちゃんで出力、さらに資料となる画像をあちらこちらから取り寄せたり云々で、一気に仕上げました。
nebusoku_tetsuya_ake_man_smile
気がつくと、すでに夜が明けていて、強烈なのどの渇きと疲労感に襲われたもんだから、動画の出力を実行したあと、動画が完成するのを待たずに、ばたんきゅ。
確か、トータルで7時間ほど、延々と、動画に関する作業を行っていたと思う。その間、トイレを含む休憩一切無し。
この、過集中状態というのは、作業効率からするといいことではないか、と思われるだろうけれど、実際には、身体にも精神にも多大な負担がかかってしまい、かつ、その反動が強烈なんだわ
この、過集中状態を、いかに自分自身でコントロールするかってのも、今後の私の課題ではある。
ちなみに、このブログ記事を執筆しているときも、過集中状態だったりします。いかんいかん。

動画の内容に関する懸念も
そして、動画そのものについてなんだけれど。
まず、棒読みちゃんで読ませている、いわゆるゆっくりボイスについてなんだけれど、読み上げ中、ノイズが入っているのが気になってる。んでも、これはおそらく仕様だろうから、仕方ないかな。
そもそも、発達障害者って、棒読みちゃんのような、ある一定のリズムに従った音声が聞き取りやすく、かつ心地よく感じるものなんだわ。なので、あえて、発達障害に関する動画に関しては、私の音声ではなく、棒読みちゃんを使用している。
ノイズの原因については、たぶん、ソフトの仕様だけでなく、私のPC環境も関係しているんじゃないかな、とは思うんだけどね、そのあたりは、どうなんだろ。
それと、今回は、勢いに任せて原稿を作成しているもんだから、その内容に関して、少し筋をはずしているとも感じている。そもそも、今回の動画の内容の根拠となった資料の提示をあまり行えていないってのもあるからね。
なので、今後は、まず原稿をしっかりと執筆した上で、動画制作作業を行うよう心がけるようにするつもりです。

この動画の元となっているブログ記事

で。
この動画は、事前に、このブログに掲載した内容と同じような感じになっている。
動画の説明文には、その記事を元にして動画を制作したよ、って感じに書いたんだけれど、実際には、そのブログ記事を一切参考にせずに、一気に動画を作り上げてます。

今後の動画制作に関して
さてさて。
今回の解説動画から、ひとつの取り決めをしてみたんだ。
その取り決めとは、動画のシリーズ化を考えず、当面は、単発の内容として提供していこう、ということ。
私の特性として、
karoushi_hakui_man
情報を整理し提供することそのものが苦手だというのが解ってきている。
一応、プランニングを行う為のツールも、考え方も知識として蓄えているし、それを実践することも可能ではあるんだ。
でも、当面は、動画制作に関する技術向上とフォーマット作りに焦点を当て、単発の企画だけでやっていこうかな、と。
そうしないと、頻繁に情報を提供することが難しい、と思ったからね。そもそも、動画の制作そのものもさぼりがちだし。
もっとも、動画の制作が滞っているのは、機材の故障だけじゃなく、他にもいろいろと勉強したり、いろんな方の助力をいただかなければならなかったりするからなんだけど。
んでも、動画による情報の提供で、誰かの役に立てるようにも考えているから、せめて週に1本のペースで、情報の提供ができれば、と考えていますよ。



動画の編集で使用しているソフトは、このソフトの旧版。新版は、さらに使いやすくなっているそうだよ。

このページのトップヘ