大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

カテゴリ : 雑記

且⊂(゚∀゚*)ウマー
このところ、「限界しりとり」というスマホアプリにはまっております。
Android、iPhoneそれぞれで遊べるのですが、残念ながらPC版は今のところ発売されておらず。
限界しりとりについての詳細やダウンロードについては、こちらのGoogleでの検索結果からそれぞれ確認してもらうとして…

限界しりとりとは?
そもそも、アプリ版限界しりとりってのは、いわゆる1vs1のしりとりゲーム、なんだけれど、しりとりに使用するワードについては、文字数がランダムで決められています。
たとえば、「あの7」と表示された場合であれば、あではじまる7文字の言葉を返さなければならない、って具合で。
また、各自持ち時間として2分が用意されているわけなんだけれど、この持ち時間2分のあいだに、シンキングタイム及び文字入力をしなければならないってわけ。
また、ものがしりとりなだけに、どれだけ言葉を知っているかってのもポイントになってくる。
ただ単にしりとりするのではなく、文字数が設定されていることが、このしりとりの面白いところで、なおかつ、私の知らない言葉を相手が使ってきたりするのも、さらにこのゲームが面白いと感じるところ。何しろ、私の知らないことを知る機会があるわけだからね。
ちなみに、アプリは、もちろん無料で遊ぶことができるよ。

私なりの言葉の返し方
さて、その私の、限界しりとりにおける、言葉の選び方なんだけれど…
私自身、そんなに言葉を知っているわけでもなし。
その上で、どうしても言葉に詰まった場合は、次の攻略法っぽいことを使用している。
この記事では、その詳細についてはあえて話さないようにするんだけれど、…まあ、とりあえず、静葉ちゃんが、こんな感じで遊んでいるよって感じで思ってくれるといいかな。
  • 地名+「えき」は案外通りやすい
  • 人名+「だいすけ」も比較的通りやすい
  • それっぽいお寺の名前を適当に入れると案外通る
  • 各地方自治体+「しちょう」or「ちょうちょう」(+必要であれば「せんきょ」)が間違いなく通る
  • ○がつ○にちは間違いなく通る
  • 漫画やアニメの主人公の名前は通るが脇役の名前が通らないことがある
上記についての詳細については、後日このブログで少しずつ解説してみるね。

ってことで、ずっとさぼってたブログのネタがゲームの話になったわけだが…
そもそも、このブログシステム、長いこと放置していたこともあり、ちとHTMLの細かな修正が必要になっているんだよなあ。なので、その修正も少しずつ行っていかなきゃならない。
まあ、ぼちぼちやっていくとしますかね。

今回の記事は、Androidのライブドアブログアプリで書いているため、文字修飾が一切なし。
このアプリなんだけれど、一応動作は軽いものの、書いた文書が消えることもあるとかで、そこまで評判はよくないっぽい。
それに、記事本文は書けるけれど、前述の通り文字修飾も画像の挿入も、リンクの埋め込みもちと難しい。まあブラウザで書き込めばいいだけなんだけどね。

さて、表題の通り、徳島には現在、すたみな太郎は1店舗もないんだわ。

徳島に最初にできた店舗が私の自宅近くにあったところで、話によると、オープン初日の売り上げが全国一位だったのだとか。
でも、例のコロナ騒動で、政府がバイキング料理店を槍玉にあげてしまったこともあり(実際には違うけれど)すたみな太郎が営業を自粛、後に一時通常営業したんだけれどまた自粛して、そして再開したのもつかの間、結局閉店になってしまいました。
現在、すたみな太郎の跡地は賃貸住宅が建設中です。

で。
もし、すたみな太郎に行きたいなと思ったら、私の自宅から一番近いのが、香川にある屋島店。自宅からの距離約60Km!!
片道約2時間かけてすたみな太郎に行くってのは、ちと厳しいかな、と思っていたりするんですけれど…

どうせ行くなら、そのすたみな太郎から距離はまあまあ離れているんだけれど、四国健康村という、いわゆる健康ランドがあって、そこは仮眠もできるそうなんだけれど、そういう施設を利用するのもいいのかも知れない。
あるいは、どこかのキャンプ場でテントを立ててから、すたみな太郎で食べまくって、そして一泊して帰る、というのもいいのかも知れない。
さすがにおなかが破裂する寸前まで食べまくってスクーターで帰ってくる地震はない(´・ω・`)

いずれにせよ、すたみな太郎を利用するには、最低でも半日は時間を確保しなければならないね。

ちなみに、徳島には、もちろんほかに焼き肉の食べ放題もあるし、しゃぶしゃぶの食べ放題もあるんだけれど、平日のランチタイムで焼き肉を、手軽な価格で食べることができるところってのがないんだわ。
なので、できれば今年中にでも、すたみな太郎にいってみたいもんだね。

3
IMG_20201016_060317
タブレットPCにてAndroid版Livedoorブログツールでの投稿テスト。うまく投稿できるかなっと。
画像はタブレットPCで撮影した自宅ベランダからの朝焼けの様子です。
使いこなすことができれば、頻繁にブログを投稿することができるようになるかもね。


ってことで、カランダッシュ・エクリドールを修理に出しています。
修理に出しているのは、ミレニアム・エディション。私が使用しているボールペンの中で、もっとも使用頻度の高いものだったりします。
そもそも、私、油性ボールペンのインクの色が苦手。と、いうのも、油性ボールペンのインクの色には、紫色が混じっておりまして、それが光の反射によって見えてしまい、気持ち悪く感じてしまう。だけど、カランダッシュの油性ボールペンリフィルは、そうした色が今まで見えたこともないし、書き味も、また、持ったときのバランスもちょうどいいってわけ。

で、実際に修理に出してみたんだけれど…
まず、修理に出すためには、見積もりとして千円必要、とのこと。それは修理するしないの有無に関わらず必要なのだそうで、さらにそこから修理代が必要になる、とまあ、こういう形になるそうで。
修理そのものは、たぶん日本で行うんだろう。場合によってはスイス本国に送ることになるのかも?

また、コロナウイルスの騒動のせいで、修理から帰ってくるまで、だいたい2ヶ月くらい見て欲しい、とのことでして。まあ、しゃあないですね。

ちなみに、修理する場所は、クリップ。クリップがいつのまにか開いてしまっているものだから、こちらを治さなきゃならん。はてさて、修理代、いくらかかることやら。
購入価格は1万円だったっけ確か。クリップ部って溶接されているだろうし、新しいものに交換するようになるとは考えにくいけれど、はてさて、どうなることやら。

ドウモ( ・∀・)っ旦
8月に転倒した際に両手をつき、その痛みがなかなか取れないとして整形外科に相談したのが11月。
その整形外科でMR撮影を受け、首の神経に狭窄があることがわかり、その日からリハビリが開始。
翌日、その旨を主治医に相談すると、さらに脳のMR撮影を受けることに。つまり、日をおいて二度、MR撮影を行うことになった。
そしてその検査結果についてなんだけれど、昨年12月に同じくMR撮影を行っていて、その比較もしてもらいつつ説明を受けたんだけれど…
それが、小脳などの萎縮が年齢からしてかなり進行している、とのこと。
現時点では経過観察ということになっているけれど、将来的には何らかの治療が必要になる可能性を指摘されていたりする。

小脳、中脳、橋に異常?
指摘されているのは、小脳、中脳、そして橋(きょう)と呼ばれている部分。
いずれも、運動神経などを司る部分とされているみたい。
ん~、私、発達障害の学習をする上で、大脳、つまり思考を司る部分についてはある程度注目しているし、また小脳の成長過程と発達障害に、ある一定の関連がある、というくらいは知っていた。
んでも、中脳や橋という言葉を聞いたのが今回が初めて。なので、なんですかそれは状態だったりする。
個人的に気になっているのは、今回指摘されている小脳の萎縮が年齢と比較して進行していることそのものが発達障害と何らかの関係があるのか、という点なんだけれど、ただ、その関連性があろうとなかろうと、事実そのような状態になっているので、対策は取らなきゃいけないんだけどね。

で、私が思うこと。
まあ、その小脳の萎縮がどうこうってのは、実際そうなっているんだから仕方がない。
また、主治医は、大脳については異常は一切ないと言ってる。なので、「少なくとも思考力に影響がないなら何とかなるかなあ」って感じに、気軽に考えてはいるんだわ。
その上で思うことがもうひとつ。私自身、少しずつ確実に、死に向かっているんだなあ、ってこと。
日常生活においては、私は特に自分の年齢について自覚することもないし、それこそ、記憶を失った当時と変わっていないと思っている。
たまに振り返ると、以前より知識も経験も豊富になっていることが解るため、それだけ私も成長しているんだよなと思うくらいで、現時点で私が45歳だということを全く自覚していないんだよね。
もし若い頃に結婚して、子供がいたりしてたら、そうした自覚もあるのだろうけれど。
んでも、こうした明確なデータが出てくると、私も歳を取っているんだなあと、他人事みたく思うわけです。

 ↑
主治医から言われたのが、運動することで脳の萎縮の進行速度を軽減させられるよ、ってことなんだが、私、そもそも運動苦手なんだよなあ。
今、移動手段としてスクーターを多様しているんだけれど、今後は徒歩に切り替えようと考えている。
なぜそういう風に考えるようになったかについては、またいずれブログで書いてみるつもりです、はい。



このページのトップヘ