昨日、フリマサイトで、アウトドア用のスタッキングできるクッカーセットの購入手続きを行った。
その荷物が本日届くとのことだったのだが、届く時間がはっきりしなかったことや、また夕刻まで出かけることもあり、注文番号を集配所に伝え、本日中に届くのであれば夕刻以降、そうでなければ明日の午前中にお願いしたい旨を伝えた。
結果的に、本日の夕刻に届いたのだが。
そもそも、配達担当者が、不在のときに荷物を送り届けてくれるというのが不憫でならない。
もっとも、料金の中には、そうした不在であった場合の料金も含まれている、という話もあるそうなのだが、ともあれ、そうした二重手間をなるべく避けたほうがいいと常に考えている。
今回届けてくれたのは郵便局。そしてヤマト急便にも、何か届けてくれる際、到着予定時刻があらかじめ解っている場合、かつ、その時間が不在になる場合は、実際に連絡して時間をずらして貰うようにしている。
こうしたことができるのも、いわゆるIT化が進んだ結果なのだろうけれど。
ともあれ、商品は無事手元に届いた。今後どのように活用するか、色々と考えていこう。