書くという行程は、自身の精神状態を確認する上でもかなり役立つと思う。
書くことに集中できているか、思考力は早すぎやしないか、雑念が強くないかなどなど。
その上で、書く道具にもいろいろと相性もあり、筆記具が違えば集中力も変わってくる。
私の場合、特に鉛筆が非常に苦手で、特に書いた後の文字の色がだめ。鉛筆で書いたあとで、筆記線が光って見えるのがストレスになってだめなのだ。
この、光って見える現象を金属光沢というそうで、以前トンボ鉛筆の技術者と相談したこともあったくらいだ。
そんななか、時間をなるべくかけながら書こうということで、朝日新聞の天声人語を、大人のえんぴつとエアプレスの、それぞれ2つの異なる筆記具で書いてみた。

2021_01_05 12_19 Office Lens
久しぶりに鉛筆(?)で筆記してみたのだが、意外なことに、筆記中も、その後も金属光沢は見受けられなかった。
またエアプレスも、筆記中にペン先にインクが溜まってしまい、定期的にペン先についたよけいなインクを拭かなければならなかった。もともと連続筆記には適していないということだろうか。
そして両者とも、ゆっくりと書こうと心がけていたにも関わらず、思ったよりも早く筆記が進んでしまい、丁寧に筆記することがむずかしかった。
普段万年筆を使用しているから、というのもあるのやも知れないが、私としては、改めて、ボールペンも鉛筆も苦手だと再認識した程度で終わってしまった。いやはや。