ドウモ( ・∀・)っ旦
ニコ生で生放送をしていると、いろんな方から相談を受けたりする私。
相談を受ける時には、相手の立場に立った上で、その問題の原因や考え方、また違った視点からの状況の指摘を行うなどといった考え方の元で、ある一定のアドバイスは行ってたりします。
もちろん、解らないことは解らないと言うし、無責任な事も言わないようにしている。何しろ、場合によっては、相手の人生を狂わせてしまう可能性もあるから。
また、相談を受けた時には、過去の様々な事例を照らし合わせて問題の共通項を探っていたりして、頭の中がフル稼働してる状態になってたりもしてたりします。

不妊治療中の女性からの悩み
そうやって相談を受けている中で、印象に残っている相談もいろいろあるんだけれど、その中でも、不妊に悩んでいるという方が、それぞれ違う時期にお二人、私に不妊治療をしていると伝えてきたことがあったんだ。
そのお二人は、それぞれ「相談しにきた」のではなく、どちらかというと愚痴吐き程度だったと思う。
だけど、不妊に悩んでいる方も少なくはないし、そうした悩みってのも今までいろいろと聞いてきてはいるんだ。
なので、そうした情報を元に、考え方だけを伝えるようにはした。
もちろん、私に相談したところで、不妊治療が成功するはずもないし、不妊に関する様々な情報を伝えたとしても、そもそも専門医の元で治療(という表現でいいのだろうか)を行っているわけだから必要性も感じないからね。
ってことで、私がなにを伝えたかってのを、ちと書いてみます。

決して自分を責めないこと

その女性にそれぞれ一番強く伝えたのは、「なにがあっても決して自分を責めないこと」ということなんだ。
過去、女性は、子供が作れない事をさんざん責められてきた歴史がある、ってのはご存じの通り。跡取り問題とか、いろいろあるんだよね。その不妊の原因が男性側にあったとしても、それでも女性のせいにされてきたいきさつがある。
それに、女性だって、子供を望んでいるのに授からないというプレッシャーにさらされてきた。家族や親族などだけでなく、妊娠しない女性自ら、自分自身にそうして抑圧を与えていた、ってこともあるんだわ。
もちろん、妊娠したあとも、死産や流産などというのもあり得るし、さらに出産しても五体満足な子供が産まれてくるとは限らない(パーフェクトビーシンドロームってのがあるんで検索してみてちょ)。
でも、そうしたトラブル(?)ってのは、女性自ら望んでそうなったわけじゃないでしょ
そもそも、愛する人との子供を宿したい、元気な子供を産んで育てたい、って願望があるのに、それでも妊娠できない、でも、それって、女性がわざと妊娠しないようにし向けているわけじゃないでしょ。
ところが、そうして悩む女性は、そうなってしまったのは自分が悪いって思いこんでしまう傾向があるみたいなんだわ。
もちろん、過去の何らかの積み重ねによって妊娠しにくい状態になったとかいう経歴がある場合もあり得るだろうけれど、そのあたりはこの話には関係ない。
それより、「妊娠・出産を望んでいるけれど、それでもできない」ことについて、それを自分が悪いからだ、とかいうふうに考えるのは、それは筋が違うと思うんだ。

そんな時の、私の伝え方
ってことで、私が、そうした不妊についての相談や愚痴を聞いたときは、次のように話すようにしてある。

まず最初に、悪い事から話をするよ。
あなたが不妊で悩んだり苦しんだりしているのは、あなたが望んでそうなったわけじゃないでしょ。でも、そうした不妊に関するプレッシャーってのは、特に女性が受けやすいし、たとえ男性側に原因があっても、不妊治療は女性の側に多く負担がかかってしまう。
でも、そうした妊娠するしないってのは、それは運としか言いようがないんだ。
たとえ妊娠したとしても、死産や流産の可能性だってあるし、生まれてきても何らかの障害を持っている場合だってある。でもそれだって、あなたが望んでそうしたわけじゃない。
だからこそ、どんなことがあっても、決して自分を責めないようにしてほしい。そうなってしまっているのは、仕方がないことなんだ。
ただ、あなたが、見ず知らずの私に、そうして話をしたのは、それだけあなたが必死になって取り組んでいるってこと、それはなぜかというと、それだけ旦那さんのことを愛しているってことだよね。
なので、旦那さんとも、しっかりと話し合って欲しい。二人で決めてやってきたことについては、後悔するようなことは何一つないはずだよ。この話し合いの中には、もちろん、不妊治療を打ち切るって事も含まれる。
繰り返しになるけれど、ともかく、自分を責めないこと。それは、あなたのせいじゃないんだから。
その上で、うまくいくといいね。
結果どうなったかとかは、私に伝える必要はないよ。それよりも夫婦としての生活を優先してね。

と、こんな感じだよ。

後日談・嬉しい知らせが
ってことで、後日談。
そうやって相談して回答した内容については、その後どうなったかについては、私は気にしないようにしているし、聞き出さないようにしている。
気にならないのか、と言われると、確かに気にはなるけれど、それは好奇心の範疇になるし、そもそも見ず知らずの、どこの誰だか解らない方から受けた相談でもあるから、こちらから問い合わせを行うこともできない。そもそも、私が後にどうなったかなどを知るのは、それは単に好奇心を満たす以外の何者でもないし、その人の人生に介入することになってもしまうから、(相談を受けた相手すべてにおいてもそうだけど)その後どうなったかなんてのは、あまり気にしていないんだわ。
そんな中、まず最初に相談を受けた方は、後にうまく妊娠し、順調に育っていることを生放送中で伝えてくれて、でも「私に伝えてくれるのは嬉しいけれど、私に伝えることそのものはどうでもいいから、身体を大切にしてね」って伝えた。
後に、出産3ヶ月くらいして、無事に生まれ、順調に育っていることを教えてくれた。
そして二人目の方なんだけれど、その方も、妊娠したことを教えてくれたものだから、同じように、今後どうなるか解らないのだし、報告してこなくてもいいこと、身体に気を配るよう伝えていたんだ。
それからしばらくして、またとある日の夜、生放送でコメントしてくれたんだけれど、そのとき、「あれ?そういや、そろそろ予定日なんじゃ?」なんて思ってたら、「今日出産しました」というコメントが!
いやもうびっくりしましたよほんと、ってか、私が生放送しているからってわざわざそう伝えてきてくれたことにもびっくり。

妊娠した、無事出産したってのは、それは実際のところ、ただの結果論に過ぎないし、私は単に受け答えをしただけなんだけれど、それでも、すごく嬉しかった。

私の子供が欲しいか?
さて、私はというと。
若い頃は、「子供の父親になってみたい、子供を育ててみたい」という理想はあった。
でも、後に考え方も変わっていき、悦子と出会った頃には、そうした意識は完全に無くなっていた。
悦子と出会った当初、悦子自身は、「しーちゃんの子供、産んであげられるよ」とか言って、実際悦子がそうし向けようとしたこともありはしたんだけれど、んでも今は、私も悦子も、二人の子供が欲しいという意識は無くなってる。
このあたりは、経済的な事情とは関係なく、純粋に私たちの年齢を考えてのことだし、そもそも悦子はすでに一人子供を育て終えているのだから、それで充分なんじゃないか、と思ってる。悦子の子供を養子に迎え入れる考え方はないよ。
私が母から継いだ中野の家計は、元禄時代から続く古いものではある。資産といっても、お墓と先祖の遺骨だけだし、血筋を残す云々という考え方もこれっぽっちもない。
悦子とは、一緒に暮らしたいという意識しか持っていないんだわ。
ただ、不妊や妊娠、子育てに関する考え方そのものは、以前からいろいろと学んでいたもんだから、その知識がほかの人に役だったのなら、それで私は充分かな。



ちと強烈なタイトルの本ではあるんだけれど、踏ん切りをつけたいときの為の役に立つかな、と思って。
うまくいくのが一番いんだけれどね、んでも、人間の体って、そう都合良くできてはいないもんだから。
それに、子供を産み育てることだけが幸せってわけじゃないからね。他人の幸せを素直に喜べるくらいの余裕は常に持っていて欲しいと思う。