ドウモ( ・∀・)っ旦
ってことで…記事の投稿をおろそかにしてしまい、ちと時期をはずした記事になってしまいますが…
先日、「生まれてはじめてうどんを打ってみた」って動画をアップし、この動画にも紹介しました。
今回は、その打った動画を食べる動画についての紹介と、裏話をいくつか…。

自作手打ちうどんを食べる

https://youtu.be/MJRd6yX2eZI
ってことで、実際に、打ってみたうどんを食べた動画が、こちらになる、の、ですが…
いやもうなんというか、買ったほうが安いね(´・ω・`)それを言っちゃおしまいよ、ってコメントになっちゃいますが。
まず、麺の太さが不揃い! 太いのもあれば細いのもあり、これ麺というよりも板だよね、なんてものもあったりで、ともかく大きさがまちまちなんですわ。
そして、食べ応えについてだけれど、コシが強すぎてつるつる食べる事ができないでやんの!
いやもう、よくかんで食べましょう、というコメントが似合ううどんなんて初めてですよこれ
動画内でも触れているように、鍋用のうどんとして使うのがいいんじゃないかってくらい、とてつもないコシでして…
まあ、はじめて打ったうどんだし、とりあえずうどんとして食べる事はできるものだという感じで納得はしているんですけどね、んでも、なんか違うと思う(´・ω・`)
なお、出汁は、希釈用めんつゆを温めて、そこに溶き卵を流したものでして、このつゆを使っての食べ方が私は大好きだったりします。
面倒くさかったら、釜揚げうどんでもいいんだけどね。

実はすでに2回目、3回目に挑戦済み!
さて、このブログを執筆している昨日と今日の2回にわけ、それぞれ再びうどん打ちに挑戦していました(゚∀゚)
その様子については、ニコ生にて配信しておりますので、いずれ動画としてまとめてみるつもりではいるのですが、再挑戦してみて、いくつか気がついたことがありました。
その最大のポイントは、打ち粉をケチってはいけないってことだったりします。
いや、なんというか、私、けっこう貧乏性なんで、打ち粉も少なくていいやって思っていたんですよ。んでも、たっぷり使わないと、うどんを切り分けた際にくっついてしまうことに2回目にやっと気がつきました、3回目の挑戦では、わりかし普通にうどんを楽しむことができたりしました。
それでも、なんというか…うどんって、買ったほうが安いよね(´・ω・`)
んでも自分で打ったうどんは、市販のうどんとはまた違った味でしたので、それはそれで満足していたりします、はい。


徳島には、「たらいうどん」と「なるとうどん」の、2つの独自のうどん文化がありまして、これはそのうちのなるとうどん版。鳴ちゅる、ってネーミングがされていますけれど、かなり独特なうどんだったりします。