ってことで、今回も、発達障害に関する動画を作ってみたよって話ではあります。

YouTube版 → https://youtu.be/VjuB27lZVIA
ニコニコ動画版 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm28733670

今回は、アスペルガー症候群特有の、コミュニケーション障害についての解説その第一弾って感じにしましたけれど、その第一回目は、「コミュニケーション障害として一般的にイメージする症状」を、あえてスルーしてみました。
そもそも、コミュニケーション障害についての言葉の定義を勘違いしている人が多いんじゃないかな、と思って。
動画でも触れているように、コミュニケーション障害とは、他者と円滑なコミュニケーションをとることができない障害の総称でして、これは精神あるいは思考に関する障害と、身体的な事情による障害の、2つの系統にわけることができます。
その具体的なリストアップについては、今はあえて避けているんだけれど、いずれ、そういう解説動画も作ってみていいのかなあ。
で。
こうした障害の解説を行うにあたっては、資料にかかれていることだけでなく、自分の実体験と、他者の思考パターンとの対比など、個人的な検証も行っています。
今後、私の実体験を元とした動画の製作が増えてくることも予想されていますけれど、こちらも、ちゃんと資料に書かれていることを根拠に動画を作っていくつもりです。
また、資料にはそのように書かれていなくとも、そういう表現をしたほうが解りやすいのではないか、という感じで、私なりの表現を使っての解説も今後増えていきます。
得にアスペルガー症候群の症状を、健常者に理解してもらうためにも、そうしたたとえを多用するべきだと考えています。が、一方で、その例え話で使うそのもののたとえが、場合によっては、専門知識がなければ解らない場合も出てくるはずですから、それでうまくいくかどうか。
ま、自分なりに、色々とやってみますです、はい。

発達障害がある人のための みるみる会話力がつくノート (こころライブラリー)
柳下 記子 野波 ツナ
講談社
売り上げランキング: 11,641