大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

且⊂(゚∀゚*)ウマー

2019年も後半戦に突入しました、が。毎日、体調も精神状態も一定ではなく、一日中調子のいい日ってのが少なすぎて、うまく行動できていないかったりします。
こうしてブログを書く機会も減っているのがいい例ではないかと。書くネタは色々あるんですけどね。

発達障害の解説を行うYouTubeチャンネル準備中
ってことで、先月から、新たにYouTubeのチャンネルを2つ作成し、現在、その下準備を行っていたりします。
ひとつは、釣りとアウトドアに関するチャンネル。
もうひとつは、自身の発達障害についてあれこれ解説するチャンネル。
特に発達障害のチャンネル、なんだけれど…このチャンネルで色々と、発達障害その他に関する情報を流してみようかと考えていたりします。
チャンネルはまだ開設したばかりだし、動画の投稿も行えていないので、URLは、いずれこのブログでもお知らせします。

なぜ発達障害の情報…?
で、あえて発達障害その他に関する話を動画で提供しようとしているのか、だけれど。
そもそも、私は、発達障害の当事者であって、医師でも心理士でもない。なので、発達障害について、専門的に勉強しているわけじゃない。となると、医学的な話というのを行う立場にはないと考えている。
その上で、特に当事者として痛感しているのが、発達障害に関する間違った情報が、ネットのみならず書店でも多く流されているという印象があるんだ。
そして、そうした間違った情報を、その当事者が過信していたり、そしてそれ以上に、発達障害当事者が、その障害の特性、つまり自分自身について、そこまで理解している人が少ないのではと思ったんだわ。
なので、発達障害という、障害そのものの情報については、例えば厚生労働省とか製薬会社などなどが、正しい情報を配信してくれているので、そちらに任せておくとして。
私自身は、当事者の視点から、私なりの考え方を伝えていってみてもいいんじゃないかな、と思っている、とまあ、こういうわけ。
特に、障害の特性を理解し、それをいかにカバーするか、その工夫に関する情報はあまり流れていない。確かに、障害の特性というのは人それぞれ違うものだから、その人なりの工夫が必要になってくるわけだけれど、その上で、私はこのような工夫を行っている、ということを伝えることくらいはいいと思っているんだ。
また、私の場合、「自閉症スペクトラム障害」と「ADHD」の2つの発達障害の特性を持っているわけだけれど、成人してから診断された影響もあり、その特性を、様々な資料と照らし合わせて自分の中でどのような思考状態になっているのか、ある程度の言語化ができるのではないかと考えているんだわ。

発達障害だけに限った話はしない
そしてもう一つ。
チャンネル名称は「発達障害と向き合う静葉ちゃんの情報局」、つまりこのブログタイトルと酷似したものにしているけれど、そうしたタイトルにはしてはいるものの、発達障害「だけ」の話をするつもりは今のところない。
と、いうのも、例えば、発達障害者が行っている様々な工夫は健常者(この場合の健常者とは発達障害者以外の方々を指すと考えて欲しい)にも有効なのがすでに解っている。
特に、発達障害者はストレスに弱いとされているんだけれど、そのストレス対策については、ある一定の学習を行っていて、マインドフルネスとコーピングに関しては、あくまでも私が行う上でだけれど会得してる。なので、そうした話もできるのではないか、と思うんだよね。
また、発達障害を抱えているお子さんを育てている方に対し、なぜお子さんがそのように行動してしまうのか、私に当てはめてある程度の推測ができるのではないかとも考えているんだ。
もっとも、本当にそういうことができるのかどうかについては、私もよく解ってはいないんだけれどね。

いずれにせよ、とりあえずチャンネルを作っただけで、まだ動画そのものは作成してはいない。
その動画の作り方についても、…発達障害者は、特に合成音声(たとえば、ゆっくりボイス)が聞き取りやすいとされているんだけれど、実際に合成音声とテロップで動画を作成するのか、それとも実写にて動画を作成するかについて、まだ悩んでいる。
手間がかからないのが実写なんだけれど、はてさて、どうしたものやら。

且⊂(゚∀゚*)ウマー
いろんなことを今後もやってみようと考え、その第一歩としてスクーターでツーリングしつつ、ニコ生で生放送をするようになった私。
そこで問題になるのが、スマホのバッテリーでして。
内蔵バッテリーだけだと、だいたい3時間程度くらいまでは配信できる、んだけれど、そもそも長距離移動しながら放送しているもんだから、配信時間が3時間で済むはずがない。
一応、ひとつ大容量バッテリーを保有しているけれど、そろそろバッテリーのへたりが気になってきたので、新しいバッテリーを購入することにしたんだ。

Ankerのモバイルバッテリー
と、いうことで、入手した(゚∀゚)

DSC_0001

Ankerの製品は、以前から信頼性が高いと聞いていたもんだから、とりあえずこちらの製品をチョイス。
もちろん、値段もそれなり(´・ω・`)
だけど、それだけの価値はあるんじゃないかな。

PIC_20190618_154712
DSC_0002
パッケージには、充電地本体の他に、充電用MicroUSBケーブルが1本入ってた。
PIC_20190618_154754
本体は、こんな感じ。
もちろん、大きさもそれなりだから、けっこう重い。
まあ、重さはこの際仕方がないとしてもだ。
PIC_20190618_154803
従来使用していたモバイルバッテリーと購入したバッテリー、2つをバッグに入れると重たいのなんの!
両方合計で1キロくらいあるんじゃないかこれ?!
んでも、安定した配信を行うためには必要不可欠だし、仕方ないっちゃ仕方ないんだけどさ。それにしても、
・現在使用しているスマートホン
・機種変更し予備端末として使用しているスマートホン
・8インチタブレットPC(外出先でのメールなど用)
・10インチタブレットPC(外出先での原稿作成用、この原稿もその端末で作成)
と、なんだかんだで端末を多く持ち歩くようになっているこの現状は、いかんともしがたい。そもそも8インチタブレットの性能があまり良くないし、メインスマホだけではまともに用事ができないしで、こだけの台数を外出先で同時に使用しているのも、異常っちゃ異常だわな。
ま、なんだかんだいいながら使いこなしているんだけどさ。


ってことで、今後もツーリング配信なんてのを増やしていくつもり。
それ以外にも、動画の撮影や情報の提供など、いろんな事を考えてる。
ここ数年、クリエイターとしては停滞していたし、本格的に活動するために、ともかく一所懸命やっていかなきゃね。

且⊂(゚∀゚*)ウマー
タブレットPCで記事を執筆しております。…ブラウザベースで記事を執筆することができないため、ちと不自由ではありますけれど。
まあ、前置きはともかくとして。

5月の静葉ちゃんの釣果報告
ってことで、6月から本格的に釣りを再会している私ではありますけれど、その釣果については、あまり満足した結果は得られていなかったりします。

5月前半
場所:堂浦漁港
時間:夕まずめ
仕掛:コンパクトロッド・胴突
えさ:マルキュー 生イキくん
午後4時から実釣開始、あたり連発で、ガシラ、ベラといった根魚系統がかなりの数釣れました(゚∀゚)
型はいずれも15センチ前後、ベラに関しては20センチオーバーのものもちらほら、といったところ。
この釣りのさなか、ナマコも釣れまして。でも、調べたところ、ナマコは5月から禁漁となっており、お持ち帰りすることは違法でしたのでリリースするしかありませんでした。
堂浦漁港は、年中根魚の魚影が非常に濃い場所で、時間帯さえ間違わなければ、ある一定数の釣果は望めると思います。
午後6時ごろになると、ぱったり釣れなくなっちゃいました。

5月後半
場所:長原漁港
時間:夕まずめ
仕掛:コンパクトロッド・胴突
えさ:チョウセンゴカイ
午後4時から実釣開始
こちらは自宅近くの場所にて。長原漁港は、今切川河口から少し上ったところにある場所で、釣り場としてはさほど人気のない場所。
このあたりは水深が非常に浅い場所で、魚影もあまりないという、釣果もさほど期待できない場所だったりします。
その分、釣れた魚については良型♪ だいたい20分ごとに1匹程度で、15センチオーバーのベラばかり釣れました。
また、当日は対岸の岸壁でサビキ釣りをされている方がいらっしゃって、こちらは30分ごとにアジが1匹、という感じ。
いずれにせよ、釣れるときは良型が釣れるけれど、数は望めない、という感じでした。

その他、あっちこっちに偵察に出かけてみたけれど、全体的にそう釣れていないって印象だった。

で、徳島県北部に関しての釣果情報。
亀浦観光港は、サビキ釣りの定番スポットなんだけれど、こちらも私が偵察にいった際は、ほとんど釣れてないです。夕まずめ時期であったとしても。
夜釣りでのメバルに関しては、ネットでの情報では、まあまあ釣れているのかな、って感じではあったけれど、でもそこまで期待できるような感じではなかったですね~。
時折いはら釣具店に行って釣果情報を確認しているんだけれど、このところ、釣果情報は一切記載されていないです。
ネット上でも、あまりいい話は聞かないですね~。
徳島は、基本的に南部のほうが魚影が濃いもんだから、そっちだといい話はけっこう聞きはするんだけれど、でも、そこまで釣りに出かけることはないので、どうにも。

で、6月からの釣りの予定について。
釣りをはじめてからもう15年以上になるのかな。その当時購入した仕掛けを大量に保有しているので、それを使い切ることを目的に、6月はいろんな釣りを楽しんでみるつもり。
中でも、胴突きとぶっこみなど、ごく簡単な仕掛けで至近距離を探る感じの釣りを重点的に行うつもりです。
んで、動画の撮影もやってみるつもり。
ここ数年で、徳島在住の動画投稿者が増えたみたい。なので、私も、釣りとアウトドア専門のチャンネルをYouTubeに作って、そっちで色々と投稿できたら、なんて考えていたりします。
ま、釣りもアウトドアも、いわゆる「ガチ勢」じゃないけれど、んでも誰でも手軽に楽しめるものを映像として提供できればいいかな。

且⊂(゚∀゚*)ウマー
本日は2019年4月1日。「エイプリルフール」という文化が、日本の、特にインターネット上でいろいろと根付き、もちろん冗談とわかるような形でいろいろと楽しませてくれております。
とはいえ、エイプリルフールの為に準備をすることはリソース(労力)の無駄だとして、Microsoftは、公式にではないものの中止するよう社員に求めた、なんて話もありあすけれど、まあともかく、冗談だと解る範囲で、いろいろと楽しませてもらえるものです。
日本のGoogleは、毎年、新しい入力デバイス、それも、キーボードの代わりになるようなものを発表していますが、今回は「スプーン曲げ」だそうでして
もちろん、冗談として発表している入力デバイスとはいえ、毎年、入力に苦労しそうな、あるいは、入力に手間がかかりそうなものばかりを考えていますが。何やってんだか。

元号の話題ばかりが目立ってますけど。
平成の次の元号について、いろいろと話題になっていますけれど。
なんというか、発表されてすぐWikipediaに記事が立項されているもんだから、呆れるやらなんというか。
そもそも元号は、天皇が退任し、次の天皇に代替わりする際に変更になるものなんだけれど、これまでの元号の歴史を見てみると、退役するという理由だけじゃなく、日本に災害があったりした時の厄払いみたいな感じで変えたこともあったみたい。その際、天皇も名称を変えるだけ、なんてのもあったそうだ。
また、退位したあとで、いろんな事情があって復帰した天皇もいるんだってさ。
とはいえ、日本の近代史においては、天皇が代替わりにする歳に変更されるものだ、という認識になっているね。
でも、その次の元号について、大きな話題になることはあっても、現在の天皇の役職や年齢については、あまり話題になっていないんじゃないかな、って印象がある。

天皇という「役職」
そもそも、天皇という「役職」は、日本国の憲法及び法律で定義されていて、変な話、私たち日本国籍を有している者が権利として与えられている様々なものが無い立場でもあります。職業選択の自由とか、参政権とかね。
そして、その法律により、天皇陛下は、その職務をご自身の意志で降りることができない。要するに、退職する自由もなければ、そもそも「定年」という概念もないんですね。
そのため、現在の平成天皇の前代、つまり昭和天皇は、崩御されるまでその天皇としての職務を遂行し続けなければならなかった。
天皇の仕事のひとつとして、国会で成立した法律の承認(という言葉が正しいのかどうかは調査不足ですので間違っている可能性が高い)というのがある。国会で可決成立した法律に対し、署名、捺印するという仕事があるわけ。
そして、この署名、捺印がなければ、法律は正式に成立も改訂もされない、なんてことにもなり得るそうでして。
なので、天皇陛下が病気などでその職務ができなくなってしまうと、国の運営が成り立たなくなってしまう可能性があるってわけ。
想像してみてほしい。天皇陛下が寝たきりになったり、いわゆるアルツハイマーになってしまったりして、そうした職務が遂行できず、かつ、天皇の地位から退位することもできない状態になってしまったとしたら、どうなるだろうか。
そして繰り返しになるけれど、天皇陛下に定年退職という概念はないんだわ。
そうした懸念から、陛下は生前にその地位を退く意志を伝えた、のだけれど、これが大変。何せ、法律上では、天皇陛下の生前の退位について、何も決められていなかったのだから。
なので、国会内でいろいろと法律を作ったりして、陛下が退位できるようにした、ってわけ。
そもそも、天皇皇后両陛下、かなりの高齢なのに、それでも国は法律で死去するまでその立場で居続けるよう強制しているんだから、たまったもんじゃないよね。だって、今、85歳だよ、天皇陛下。定年退職になる年齢、とっくに過ぎているのに、その上で今でも精力的に公務をされているんだから。何度も大病をされている上で、だよ。
もちろん、次に天皇陛下になる現皇太子殿下だって、59歳という高齢ではあるんだけどさ。

天皇という「仕事」をしている
ちなみに、前述のように、天皇は世襲制。要するに、血筋でもって、日本の象徴としてその役職に就く立場ではある。
その天皇陛下が公務を行われている様子については、YouTubeにも数多くアップロードされている。
よく被災された方へのお見舞いの様子などなど、誰かにお会いする仕事をされているシーンなんてのは、よくニュース番組で流れるんだけれど、事務的な仕事をされている様子については、あまり見かける機会がない。
それと、神道の神主という立場(でいいのかな?)の仕事も行われているけれど、これも一般に公開されているわけでもないので、実際に天皇の仕事って、どういうものがあるのか、なんてのを知らない人も多いんじゃないかな。そもそも皇室アルバムとかいうテレビ番組、そうした仕事の様子なんて、ほとんど映さないやんか。
私も、そのすべてを知っているわけじゃないんだけれど、でも、そうした映像を見ると、すごい迫力があるように思える。
ここで、YouTubeにアップロードされている昭和天皇の動画を紹介してみるので、良かったら見てみてほしい。
昭和天皇は、崩御される直前まで公務を行われていたそうだけれど…
ともあれ、画面を通しても、すごい迫力があるように思えるんだわ。
もっとも、「ドライヤーで乾かす」とかいうナレーションが入ったのには、思わず笑ってしまったけれど。

天皇制度は賛成?反対?
ところで。
現在存命の世界中の人物の中で、一番神様に近い立場が天皇陛下だ、なんて意見を述べている人がいる。政治に介入することがないにも関わらず国の代表だからとかなんとか、そんな理由だったっけ。
一方、天皇制度を廃止するべきだと主張している方も多くいらっしゃる。
その天皇制度の廃止を求める方々の意見としては、その一例として、独裁政権になるからとかいう感じで主張している人もいるんだけれど、そもそも天皇陛下は、法律上、日本国民という立場ではないような感じになっちゃってる(前述のように参政権がない、つまり政治に介入することができない)もんだから、その意見は正しくない。
ただ、生まれながら天皇になることを運命づけられた立場だという点については、個人的には思うことはある。
その上で、私個人としては、天皇制については、賛成とも反対とも考えていない。
ただ唯一、天皇陛下は、人間として尊敬できる人だとは思ってる。人に対する思いやりのある人物だ、という印象を持っているからね。

以前、「なかなか孫に会えない」みたいなコメントを報道を通じて聞いたときには、「やっぱり、ふつうのおじいちゃんだよなあ」なんて思ったりもしたなあ、そういえば。



なんというか…早速、新しい年号を題した書籍の予約が始まってる(´・ω・`)



恒福茶具バナー

苦丁茶(一葉茶) 50g
苦丁茶は、苦くてマズい? それは、品質の悪い茶葉だからだよ!
若葉を丁寧に摘み取り、端正に作り上げた、他店には無い最上級の苦丁茶が、これ!
さわやかな軽い苦さと、とろりとした甘み、そして爽やかな喉越し!
恒福茶具の苦丁茶を飲むと、他店の苦丁茶は飲めなくなっちゃうかもね♪
苦丁茶に関する参考記事は、こちら!
 ・苦丁茶(一葉茶)の薬効・効果
 

どうも(*・ω・)ノ
今季のアニメで私が一番楽しみにしているのが、「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」
両親を事故で亡くしたばかりの、出不精で人づきあいが苦手な小説家の主人公と、ひょんなことから飼うことになった猫の話。
主人公である青年と猫の、それぞれの視点で描かれているアニメなんだけれど、動物を取り扱うアニメの中でも、かなりいい出来だと私は思ってたりします。
と、いうのも、これまでのアニメでは、動物の声は、その大半は声優が演じているんだけれど、主人公視点のパートでは、猫をはじめとした動物の声は、声優さんの声ではないんだわ
実際の動物の声を収録したかどうかについては分からないけれど、そうした細かい点も非常に気に入ってます、はい。

そんなアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」11話では、それまで両親から旅行に行くのをいつも断っていた主人公が、両親(特に母)の思いをたどり、なんと徳島へ1宿2日の旅行へと訪れます
今回は、そのシーンについての解説をいくつか。
著作権などの問題もあって、シーンの映像を出すことは避けます(引用であればいいみたいだけれど)。その旨ご容赦を。

主人公の旅行先の具体的な場所
まず、主人公が宿泊先として選んだのが「四島荘」という旅館なんだけれど、少なくとも同名の旅館は徳島にはありません(´・ω・`)
たぶん、どこかにモデルとなった旅館があるんじゃないかなあ。
どうも主人公の両親が、旅行のために乗車したバスの事故により亡くなった、という設定なのですが、その際の旅行先として選んだのが、その徳島の「四島荘」だった、と捉えられるシーンがありました。東京から徳島への高速バスかパッケージツアーでの事故だったのかな。
そのほか、電話で、提案される様々な宿泊先をメモしているシーンもありますが、そうした宿泊先も実在しないものだと思われます。
さてさて。
主人公の素晴が旅行先に選んだ具体的な場所は、徳島県美馬市脇町
アニメでは、「徳島県美馬市脇坂町」と表記していましたが、脇坂町というところはありません
そして、脇町であるというのを決定づけたのが、主人公の素晴が旅行先で訪れた場所。それは、そのものずばり、「うだつの町並み」です。
主人公の素晴は、この「うだつの町並み」を散策しつつ、藍染めの見学も行っている、と考えられるわけです。
また、主人公が直接立ち寄っているわけではないものの、徳島市のシンボルともいえる眉山も、2回ほどシーンに登場しています。
眉山は、徳島駅から展望できますので、主人公が眉山を見たことそのものは不自然ではありません。
そして、主人公が宿泊した旅館ですが、まあ、本当は特定しないほうがいいのかもだけれど、そのモデルとなった旅館については、おそらくは、
こちらだと思われます。少なくともアニメに登場した旅館の門構えと一致していましたから。…だからといって旅館に直接問い合わせないように。
でも、同じ脇町にある旅館ですし、主人公の旅の日程から考えても、この旅館の可能性が非常に高いと考えられます。

主人公の旅路について
さて、主人公の旅路について考察してみますと。
主人公は、徳島阿波踊り空港から脇町へと移動したと考えられます。
東京からの便ですと、朝早く到着する便が8時20分。ですが時間の余裕を考えて、おそらく10時5分着の便で徳島に来たんじゃないかなあ。主人公が自宅を出る際も、外は明るかったみたいですし。
ただ、ここからが問題。
徳島は、公共交通機関が発達しておらず、徳島空港から脇町へ直通する交通機関がないんです
仮に公共交通機関で移動するとなると、現実的に考えられるのが、
徳島あわおどり空港→徳島駅(徳島バス)→穴吹駅(JR)→脇町(徒歩あるいはタクシー)
という工程になるのではないかと思うのですが、そうなると、徳島あわおどり空港から脇町まで、2時間以上かかります。下手したら3時間はかかるかも?
このことから、アニメでの主人公の行動における時間の使い方から考えても、8時20分の便で徳島空港に着いたと考えるのが現実的かもしれません。
もちろん、空港からタクシーを利用し直接訪れている、という可能性もありますけれど。
ともあれ、主人公は、お昼ごろに脇町に到着し観光を楽しみ、夕方前に旅館へチェックインした、という感じのようです。うだつの町並み近辺には、藍染めの見学もしているのだし、おそらく3時間くらいは滞在してるんじゃないかなあ。

阿波弁について
ところで、旅館のおおおかみさんが話していたのが「阿波弁」。しかも、その話している阿波弁が、阿波弁の中でも特徴的といえる言葉でした。
たとえば、
「あるでないで」
普通に聞けば、あるのかないのかどっちやねん、って感じだけれど、標準語に変換すると、「あるじゃないか」という意味になります。
そしてさらに特徴的なのが、
「どちらいか」
標準語にすると、「どういたしまして」という意味に近い、って感じなんですけれど、どうも、どういたしましてという意味と完全にイコールというわけでもないらしい。私もよくわからんです。
でもまあ、その阿波弁のイントネーションも非常に自然でした。いやはや。

さらに細かいところ。
旅館の玄関先に欄が飾られていますが、徳島は欄の栽培も盛んでして、假屋崎省吾さんが、毎年、そのうだつの町並みにてイベントを開催しているそうです。
また、アニメでも触れられていましたが、徳島は、藍染めでも有名なんですけれど、そのきっかけが、藍染めの染料となる「すくも」の保存法を確立したことにあります。そして、デニム生地の染料は藍染め。つまり、世界中に徳島の藍染めの技術が広まっていっている、と言っても過言ではなかったりします、いやほんと。現在では合成染料が主流になっていますけれど、戦後日本の高度経済成長を支えたもののひとつとして藍染めもかかわっているそうですよ。
ともあれ、そんなアニメの1シーンで脇町に興味がありましたら、徳島へおいでませ♪






このページのトップヘ