大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

まいど(`・ω・´)ゞ
ってことで、久しぶりに、動画を作成し投稿しました。
今回は、その内容と裏話でも…。

発達障害者が積極的に摂るべき栄養素 

URL https://youtu.be/cXSDj7Ric_s

この動画の製作にあたって
さてさて。
例によって、棒読みちゃんを使用し、ゆっくり解説動画として制作したわけなんだけれど。
ゆっくり解説動画を作成する場合は、AviUtilなどのソフトを使用して制作するほうが効率がいいってことは、私も知ってはいるし、一応インストールもしてある。
だけれど、今まで通り、PowerDirectorを使用した方法のほうが、私としてはわかりやすいんだわ。
なので、これまで通り、まず原稿を作成し、それを、棒読みちゃんで音声ファイルを出力し、テロップをコピペで入力して、画像を貼り付けて云々、という、手間のかかる方法をとっている
さらに、これまでの作り方だと、なんか味気ないって感じがしていたもんだから、フリー素材を使用させていただくことにした。特に背景の画像は、私の趣向に沿った感じだし、そもそもスマホで私が撮影した画像は、色が濃すぎて、なんとなく見づらいって感じもしていたからね。
それなりの撮影技術やら、画像の加工技術やらがあれば、私ですべてのデータを制作することもできるんだろうけれど、んでも、そうした技術の習得は、また後ほどって感じでいいと思う。
また、いずれ、PowerPointを使用してのプレゼンテーション動画にも挑戦してみたい、とも考えている。慣れれば、こちらのほうが、動画制作は早くなるとは思う。

過集中入りました(´・ω・`)
で、この動画なんだけれど、悦子が徳島から広島の自宅に無事帰宅してから、制作を開始したんだ。
pose_necchuu_computer_man
動画を投稿していなかった間、今後どのように動画を投稿すればいいのか、検討していたんだけれど、それをある一定の形にしようとして、動画の内容に関するテンプレートから、動画タイトルのテンプレート、動画の原稿を作り、それを棒読みちゃんで出力、さらに資料となる画像をあちらこちらから取り寄せたり云々で、一気に仕上げました。
nebusoku_tetsuya_ake_man_smile
気がつくと、すでに夜が明けていて、強烈なのどの渇きと疲労感に襲われたもんだから、動画の出力を実行したあと、動画が完成するのを待たずに、ばたんきゅ。
確か、トータルで7時間ほど、延々と、動画に関する作業を行っていたと思う。その間、トイレを含む休憩一切無し。
この、過集中状態というのは、作業効率からするといいことではないか、と思われるだろうけれど、実際には、身体にも精神にも多大な負担がかかってしまい、かつ、その反動が強烈なんだわ
この、過集中状態を、いかに自分自身でコントロールするかってのも、今後の私の課題ではある。
ちなみに、このブログ記事を執筆しているときも、過集中状態だったりします。いかんいかん。

動画の内容に関する懸念も
そして、動画そのものについてなんだけれど。
まず、棒読みちゃんで読ませている、いわゆるゆっくりボイスについてなんだけれど、読み上げ中、ノイズが入っているのが気になってる。んでも、これはおそらく仕様だろうから、仕方ないかな。
そもそも、発達障害者って、棒読みちゃんのような、ある一定のリズムに従った音声が聞き取りやすく、かつ心地よく感じるものなんだわ。なので、あえて、発達障害に関する動画に関しては、私の音声ではなく、棒読みちゃんを使用している。
ノイズの原因については、たぶん、ソフトの仕様だけでなく、私のPC環境も関係しているんじゃないかな、とは思うんだけどね、そのあたりは、どうなんだろ。
それと、今回は、勢いに任せて原稿を作成しているもんだから、その内容に関して、少し筋をはずしているとも感じている。そもそも、今回の動画の内容の根拠となった資料の提示をあまり行えていないってのもあるからね。
なので、今後は、まず原稿をしっかりと執筆した上で、動画制作作業を行うよう心がけるようにするつもりです。

この動画の元となっているブログ記事

で。
この動画は、事前に、このブログに掲載した内容と同じような感じになっている。
動画の説明文には、その記事を元にして動画を制作したよ、って感じに書いたんだけれど、実際には、そのブログ記事を一切参考にせずに、一気に動画を作り上げてます。

今後の動画制作に関して
さてさて。
今回の解説動画から、ひとつの取り決めをしてみたんだ。
その取り決めとは、動画のシリーズ化を考えず、当面は、単発の内容として提供していこう、ということ。
私の特性として、
karoushi_hakui_man
情報を整理し提供することそのものが苦手だというのが解ってきている。
一応、プランニングを行う為のツールも、考え方も知識として蓄えているし、それを実践することも可能ではあるんだ。
でも、当面は、動画制作に関する技術向上とフォーマット作りに焦点を当て、単発の企画だけでやっていこうかな、と。
そうしないと、頻繁に情報を提供することが難しい、と思ったからね。そもそも、動画の制作そのものもさぼりがちだし。
もっとも、動画の制作が滞っているのは、機材の故障だけじゃなく、他にもいろいろと勉強したり、いろんな方の助力をいただかなければならなかったりするからなんだけど。
んでも、動画による情報の提供で、誰かの役に立てるようにも考えているから、せめて週に1本のペースで、情報の提供ができれば、と考えていますよ。



動画の編集で使用しているソフトは、このソフトの旧版。新版は、さらに使いやすくなっているそうだよ。

以前、悦子に、こんなことを聞かれた。
「離れているときに、私のこと、どういう風に考えているの?」
悦子が今広島で、どんなことをしているのか、想像したことがあるか、という質問なんだけれど、
この質問に対して、私は、そうした想像を一切行っていない旨を伝えてる。
denwa_keitai_man
もちろん、電話やLINEなどでのやり取りは毎日行っているし、そこで体調や生活について、いろいろと話をしたりもしているんだけれど、そうしたやり取り以外の場面で、彼女がどのように過ごしているかということは、実際に今まで考えたこともないし、考えることもしていない。そのように考えようとする意思が働かないんだわ。悦子のことをそれだけ信頼しているからでもあるんだけどね。
もちろん、何かあった際は、それを知った時に、一緒に考えたり行動したりもする。
悦子が入院した際も、スクーターで片道12時間かけて広島までお見舞いにいったこともあるくらいだ。悦子には怒られたけど(´・ω・`)

自閉症の夫を持つ妻からの相談
さて。
先日、アスペルガー者の夫を持つ立場の方から、相談を受けたんだ。
結婚してからというものの、夫との時間は、1日15分にも満たない。帰宅してすぐにゲームなど自分の世界に入ってしまい、夫婦の会話がない。何のために夫婦になったのか解らない。
その相談に対して、私は明確なアドバイスを、当時行うことはできなかった。
そもそも、この問題は、妻が夫に変わって欲しいと望んでいるからに他ならないんだけれど、でも、夫が、そうした夫婦の時間を大切にする、ということに気がつかない限り、改善しない。
これは自閉症云々とは関係なく、どのような夫婦関係、家族関係でも言えることではある
その上で、私は、最終的には離婚という判断もあり得る、その選択はあなたの為だよ、という話をしてはいるんだけれど、ではどうすれば良好な夫婦関係を築くことができるのかというところまで、明確にアドバイスできなかったんだわ。
と、いうのも、同じアスペルガー者であっても、「認知」に関する部分については、それぞれ差があるから。

悦子と一緒にいるとき、私はどうしてる?
相談を受けた方の旦那さんは、妻とどう過ごすといいのかというところまで考えることが出来ていない。そもそも、妻とどう過ごすべきなのかを考えることそのものが出来ない、というのが正確だと思う。
自閉症スペクトラムは、興味を持つ事以外を認識することが非常に苦手。なので、妻とどのように生活していけばいいのかということを考えることが難しいと考えられるんだ。
love_couple_good
私の場合はどうかというと、悦子と一緒に過ごしているときは、私は、悦子と一緒に過ごすことを最優先に考えている。
つまり、「悦子と一緒に過ごす」という価値観があるからで、そのためには何をどうするかということも考えているからに他ならない
悦子と離れているときでも、悦子とこういう生活をしてみたい、という理想はあって、そういうことは、離れていても二人で時折話をしている。一緒に暮らすようになったら、こういう過ごし方もいいよね、って感じで。
study_daigakusei_man
もちろん、その理想に対して、私も、一刻も早く現状を打破するために、それに対して必要な勉強を必死になってやってる。「自然の法則」というキーワードを元に、「認知」に関するいろんな事柄を身につけていってるし、それ以外の事柄についても、幅広く学習しようとしてる。
そして、発達障害と診断される前から、悦子と過ごすときは悦子最優先にするようにとは考えていた。
もともと「認知」に関する学習をある程度行っていたからでもあるんだけれど、それ以上に、私にとって、悦子はそれだけ大切な人だってことでもある。
heart_inuku_man
いやもう悦子ちゃん大好き♪
そして、私の、アスペルガー者としてはかなり特殊な思考特性のひとつ、「人の役に立ちたい」という意志がとてつもなく強いこともあり、悦子の為に何ができるのかを、その状況に応じて必死に考えているからでもあると思う。

話し合いの場を作ることが大切
で。
前述の、相談についてだけれど、あのとき、こういうアドバイスをしておけばよかったと痛烈に反省していることがあるんだ。
アスペルガー者、自閉症スペクトラム者は、一度決めたことは、よほどのことがないかぎり、曲げることがない。いい意味でも悪い意味でも頑固なところがある。
yubikiri_couple
私の場合も、悦子といろいろと話をして、その結果、こうすると決めたことは、よほどのことがない限り、曲げることはないんだ。
その上で。
私にその相談した方には、
・夫に、一度、ゆっくりと話をする時間を取るようお願いする。
・自分がどのように感じているか、考えているかを伝える。
・今後どのように過ごしていくか、「合意」をしていく。

という事を伝えることができればよかったと思う。
正直、その相談をした方の気持ちってのは、私もある程度理解はできるんだよ。
でも、変わらなければならないのは妻ではなく夫であって、夫に変わってもらうためにどうすればいいかということを、明確に伝えることがその時はできなかったんだわ。
あとになって、こう伝えればよかったと思って、その反省を込めてこの記事を書いているわけだけれど、でも、上記の3点ってのは、これは何も特別なことじゃないことは解るんじゃないかな。
つまり、相手が発達障害者であろうと健常者であろうと、そうして意志の疎通を図ることは大切だということなんだ

私と悦子、会話が途切れない
ちなみに、私と悦子は、離れているときは仕方がないけれど、一緒にいるときは、割といろんなことを話したりしてる。
それが重要なことであるか、どうでもいいことなのかは関係なく。
悦子は、よく、思い出とかも話したりするし、また、こんな夢見たよとかいう話もしてる。
この前なんか、私が不倫してる夢を見たとかいって怒られたことがあったが(´・ω・`)
ただ、私からは、悦子に、そういう話を積極的に持ちかけることは、悦子と比較してかなり少ない。これからどうするか、どうしたいかとかの話はするけれど。
要するに、会話に関しては、「受け身」であることが多い
一方で、私自身は、上記のように、「役に立ちたい」という意識が強いことから、悦子の為に何ができるかを考えていたりする。朝食を作ったり、毛糸で何か作ってみたりというのはその一例かな。
んでも、それくらいしか私にはできないんだわ。

相手の状態に気づけないのも広汎性発達障害の特徴
そして、もうひとつ重要なこと。それは、「言われなければ解らない」ということなんだわ。
たとえば、悦子が体調が優れなかったり、気分が悪かったりしていたとしても、それに私が気づくことがほとんどないし、実際にそういうことは今まで何度もある。「察してほしい」と悦子が望んでいることは私も知ってはいるんだけれど、でもそれが全くできない。
前述の相談者の旦那さんも、おそらく私と同じような感じになってると思う。
女性の立場からすると、そうして「察して欲しい」「いたわって欲しい」などなど、という風に考えていると思うんだけれど、でも、発達障害者からすると、言われなければ解らないし、かつ、伝え方にもある一定の工夫が必要だったりもする
これは健常者でも同じこと。たとえ好き同志であったとしても、言葉にして伝えないとわからないことだらけ。言わなくてもわかるだろうと考えてしまうのは、それはちと違うと思うんだよね。
でも、でもだよ。
言われなければ解らない、イコール、言ってくれれば解るってこと
もちろん、その時に言ってくれたら、その時だけ解る、という表現にもなる。
hansei_koukai_man
もし、私が、そうした、自分以外の人たちの状態を視認したりすることができていたなら、悦子の心労も軽減できていただろうし、そして、健常者が当たり前のようにできることが私にはできない、というのが、心苦しくもある。
でも、それでも、解れば配慮はできる。察することができなくとも、それが解ればできることがある、って感じで私は考えているし、そのあたりのことは悦子にも伝えてる。
悦子が、いろんなことを私に話してくれるのも、私がそう悦子に願ったからでもあるし、そして悦子も、私の為に、そうしてくれている、って感じだね。

話すことは、当たり前なのでは?
その上で、私は、こうも思う。
夫婦といえど、それぞれが違う人間なのだ。言わなくても解る、なんてことは絶対にあり得ないと思う
communication_hanashiai
だからこそ、いろんなことを話したりして、お互いのことをさらに深く知ることができる。
そうすることで、信頼関係がさらに深まるんじゃないかなあ。


 

どうも(*・ω・)ノ
ノートPCの変わりとして使用すると考え、入手したWindows10タブレットPC。
 VOYO Winpad A1 Miniという機種で、このブログでも、何度か話題にしたことがあるんだけれど…

充電できなくなった…何故だ?
昨年の、確か6月くらいだったと思うんだけれど、そのときから、なぜか充電ができなくなってしまった。
正確に表現すると、充電用ACアダプタを差してさえいれば、タブレットPCは使用できる。だけれど、PE画面上では、充電中となっていても充電容量が増えるわけじゃなし、ACアダプタを抜くと、すぐにタブレットが落ちてしまう(´・ω・`)
要するに、充電器を差しておかなければ使用できない状態になってしまったわけでして、これじゃあタブレットじゃないやん、なんて思いつつ、それでも、充電器さえ差していれば使えるわけだから、んじゃキーボードをBluetooth接続してノートPC代わりに使えばいい、って感じで、今までずっと使ってたんですね。

本体が膨張!
そういう状態が続いてはいたんだけれど、んでもPCとしては普通に使えるわけでして、メインPCで何らかの作業をさせているときなんかは、そのタブレットで別の作業を行う、って感じで重宝していました。
なので、ACアダプタを挿しっぱなしにし、電源もつけたままにしておいて、24時間付けっぱなしにしていたんです。そうしなければ、一度電源を落として再び電源を付けようとしても、なかなか着かなかったもんだから。
そうした状態のまま使い続けていると、なんと本体が、焼いたお餅のように膨れてきてしまいまして、結果的に、使用不能とあいなりました(´・ω・`)

実際の写真が、こちらです(´・ω・`)
ってことで、実際に、どのようになったかというとですね、
タブレット 2017-03-07 18-00-42
こんな風に、ケースが、貝のように、ぱかっと開きました(´・ω・`)
タブレット 2017-03-07 18-00-35
画面も、…指紋つきまくりではあるんだけれど、だって壊れたタブレットの画面拭くのも面倒くさいもんで。
タブレット 2017-03-07 18-00-45
で、このように、割れてしまっています。
こんな状態なので、もうPCとしては使用できないもんだから、ケースをばらしてみました。
するとですね、
タブレット 2017-03-07 18-00-59
こんな感じに、中央にある銀色の袋状のものが、おもいっきり大きくなっています。
おそらく、これはバッテリー部ではないかと思うんですけれど…
スマホなどに使用されているバッテリーは、金属により密閉された構造になっています。
ですが、これ、どう見ても、袋です。
タブレット 2017-03-07 18-01-07
それが、このように、膨らんでしまっているわけです。そりゃタブレットも壊れるわ…
タブレット 2017-03-07 18-02-26
ここまで大きくなってしまうと、見事なもんですね、って呑気に構えている場合じゃないです。これ、大事故になってたんじゃないかなあ
自宅留守中でも、電源付けっぱなしにしておいて放置していたわけですが、これ、下手したら、バッテリーが破裂して、…破裂だけで済むならまだしも、火災になっていた可能性だってある。そうなると、泣くに泣けない状態になってた。
そう考えると、かなりやばいところまでいっていたんじゃないだろうか…。

バッテリーの発火といえば…
さて。
バッテリーの発火といえば、最近では、サムスン製のスマホやタブレットの発火事故が大きく取り上げられていたことは記憶に新しいところです。
この場合は、バッテリーの設計そのものに問題があったこと、またソフトウェア側にも同じく問題があったことが公式発表で分かりますが…
そもそも、こうした、モバイル端末に使用されるバッテリーは、基本的に、金属で密閉されたものが使用されています
この、バッテリーを、金属で密閉する技術は、日本のとある小さな工場しかその技術を持ち合わせていない、なんて話を聞いたことはあるのですが…
そもそも、このタブレットには、そうした金属で密閉された電池容器そのものが使用されていなかったことが解ります
それでも事故にさえ繋がらなければいい、はず、なんだけれど…
んでも、これでは…ねえ。

中華パッドには手を出すべきではない?
このタブレットは、メインPCのサブとして購入したものでした。それはそれで利便性が高かったのですが、ですが購入当初より、MicroUSB接続端子がうまく反応せず、挿していても認識しないことも多々ありました。
そのことから、性能はいいけれど値段が安いのは、それだけ安い部品を使っているから、という認識が私にはありました。
ですが、それが、安全性にも繋がるバッテリーにも影響されていたとは思いもしませんでした。
確かに性能はかなり良かったんですけどね。当時、2万円以下で購入したのですが…確か1万5千円くらいだったかな。一般メーカーの同等性能のWindowsタブレットの性能のものと比較しても、価格が半額以下で購入できたのだし。
当時はWin8.1だったものを、Win10にアップグレードして使い続けていたんだけれど…
ただ、こうしてバッテリーが駄目になったひとつの可能性として推測できることとして。
Windows10にアップグレードした際、中に組み込まれていたジャイロセンサーが使用不能となり、画面の回転を手動で行わなければならなくなりました。
と、いうことは、このタブレットに組み込まれている独自のパーツのドライバが使用できなくなった、ということが言えます。
私は、このジャイロセンサーの使用については諦め、そのまま使用していたわけですが、もし、バッテリー制御の何らかの専用ドライバがもともと組み込まれていて、Win10にアップグレードした際、そのドライバが使用不能となり、かつ、Win10の汎用ドライバでは対応できなかったことが、今回の事故に繋がったのではと推測すると、なんか納得できちゃうかも…?
振り返ってみると、Win10にアップグレードする前までは、ジャイロセンサーの問題も、もちろん充電の問題もありませんした。
ジャイロセンサーは、アップグレードした際、どうやれば使用できるようになるのか、散々調べてあきらめた経緯があります。
ですがバッテリーが、いつからこのような症状になったかについては、あまり記憶しておりません。ただ、アップグレードした際には、こうしたバッテリー問題は一切無かったようにも思います。ですので、バッテリー制御用ドライバの影響とは、考えにくい。
んでもまあ、結果的に、使えなくなってしまったんだし、それはそれで仕方がないことなんで、いろいろ推測しても、しょうがないんですけどね。

ともあれ、こういう状態になっているタブレットPCを、いつまでも自宅に置いておくのは無理がある。さっさと廃棄しなきゃいかんから、他のものとまとめて、無料で引き取ってくれるところに委託するしかないですね。

まいど(*・ω・)ノ
ちと、私がストリーム配信している、ニコ生での生放送で、リスナーさんから、「耳で聞くのが苦手なのはどうしてか」とかいう話題があったので、その話題を今回の記事のネタにさせてもらいますです。
私が発達障害の診断を受けたときに、医師から受けたアドバイスのひとつに、「意思疎通は、会話ではなく文章で行うように」と、メールなどを活用するようにと指導を受けています。
日常会話であっても、相手の言葉を耳で正確にとらえるのが苦手なところがあるわけなのですが…

耳が悪い、わけじゃない
そもそも、会話というものは、口で発声し、耳で聞くものです。
その、耳で聞くことそのものが不得手なんです。
mimi_sumasu_man2
でも、決して耳が悪いわけじゃない。
私の場合だと、左耳は、現在、耳鳴りに悩まされていて、ある一定の音域をとらえるのが苦手ではあるのですが、それでも、音は普通に聞こえます。右耳は異常なしです。
なので、音が聞こえたら、聞こえてることはもちろん解ります。
その上で、会話に関するやり取りを行うことが、そもそも健常者と比較して、とてつもなく苦手なんですね。
これには、さまざまな条件や要因が重なってくるんですけれど…

言われたことをすぐ忘れてしまう
症状として一番困っているのは、まさしくこれです。
発達障害者は、ワーキングメモリ(瞬間記憶)が、健常者のそれよりはるかに劣っています。
body_nou
これは、脳の「海馬」と呼ばれている部分に異常があるためとされているわけですが、このあたりの話については、いずれまたわかりやすく解説できるようにしてみます。この部分を明確に理解していただければ、発達障害者が苦手としている部分が見えてくると思います。
ともあれ、この脳の機能が著しく劣っているため、その場で行われている会話についても、次々に忘れてしまっていくんですね。
ひとつの例として、電話をしていて、その電話を切ったときに、今まで何をしゃべっていたのかわからなくなってしまったりします
こうしたことは、誰にでも一度は経験したことがあるとは思うのですが、その頻度がとてつもなく多いんですね。

言葉を誤解したり曲解したりしてしまう
そして、このワーキングメモリが原因による症状として、瞬間記憶の記憶違いも頻繁に発生します
相手が言っていることと、まったく関係のない回答をしてしまうことも多くあるのですが、それも、相手が何をしゃべっていたのかを、部分的に忘れてしまうから、と考えられます。
悦子と一緒に精神科医の診察を受けていたとき、医師の質問に対して、私はその質問を正確にとらえ、回答した、つもりでした。しかし悦子から、「しーちゃん気付いてる?全然関係ないことを言ってるよ」と言われたことがあったり…。
おそらく、そうした私の勘違い発言で、悦子もかなり苦労しているとは思うんですけれど…でも、私はそのとき、何をどう勘違いしているのか、全然わからないんです。

複数の話題についていけない
さらに、発達障害者は、ひとつのこと「だけ」しかできません。同時に複数のことを並列で行うことが苦手なのです
たとえば、会話中に、ひとつの話題で盛り上がっているときに、その話題とは全く関係の話題が突然振られてしまうと、それまで何を話していたのか、すっぽり消えてしまうんですね。
この症状は、会話だけでなく、実生活についても同じことが言えます。「これおねがい。…ついでにこれも」という感じでお願いされてしまうと、それがとても簡単なことであったとしても混乱してしまいます
ひとつの話題にまず集中させ、それをすべて終わらせてから、次の話題にうつるようにしなければ、それがどんな簡単な内容であったとしても、ワーキングメモリが劣っている発達障害者は、解らなくなってしまうんです。

周囲の音に疎外されて集中できない
たとえ1対1の会話であっても、周囲にさまざまな音が発生している場合、その会話に集中できない、あるいは音が混ざって聞こえてしまったりして、相手が何を言っているのかわからなくなります。それが、どのような些細な音であったとしても。
これは無意識のうちに、周囲の音を気にしてしまう傾向があるからで、決して耳が悪いわけではありません。

実は会議が苦手
さらに、これは特に自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)の場合になりますが…
一対複数の対話が、とてつもなく苦手です。
kazoku_kaigi
これは悦子からも指摘されたことなのですが、家族での会話であったとしても、他の人がいろいろしゃべっていると、私はだまって聞いているだけになります。積極的に会話の輪の中に入ることができないんです。
要するに、1対1の会話のキャッチボールができているのであれば、ある一定の会話は可能です。ですが、どこからボールが飛んでくるかわからないような、複数での会話の場合は、やはり私はダメです
先日も、とあるワークショップに参加していましたが、どうやっても、うまく話すことができませんでした。
こうした、複数での会話の場は、さまざまな話題であふれています。それを頭の中でうまく整理することが非常に難しいんです。
講演会のような、一人で延々としゃべるだけの場であれば、なんとかなるのですが。

会話が苦手な発達障害者が取る対策は?

そこまで会話が苦手で、すぐに忘れてしまうのであれば、ならメモを取りながら話せばいいのでは、と思う方もいらっしゃるでしょう。
ですが、上記に書いたように、発達障害者は、複数の作業を同時に行うのが苦手です。話を聞きながらメモを取ることも、非常に難しいんです

会話が苦手な発達障害者が心がけることはあるの?
そんなこんなで、会話が、脳の機能障害のせいで苦手な私ですが…
では、どのようにすれば、うまく会話ができるか、どんな工夫ができるのかについて、私自身、いろいろとやってみたところ、対話の場面において、絶対にうまくいくような方法は、まだひとつも見つかっていません
唯一、わからなければ、もう一度言ってもらうようお願いするくらいでして…
私が落ち着くことができる雰囲気で、1対1での会話、そして相手が安心できると感じることができた場合は、会話そのものは、ある程度うまくいきます
もっとも、アスペルガー者の特性である、特徴的な言葉遣いがあるため、誤解されることも多々ありますが、そのあたりは、私の言葉は事務的にとらえて欲しいと事前に伝え、相手に理解してもらうようにしています。
そしてそれ以上に、なるべく文章でのやり取りを行うよう心掛けています。文章、特にメールやLINEであれば、送信する前に見直すこともできたりして確認しやすく、また情報を反復して読むことで理解がしやすいですね。
もっとも、中には、そうした文章でのやり取りを拒否されることもあります。やむを得ないのかもしれませんが…。

発達障害者に対して健常者に心がけてほしいこと
では、発達障害者に対して意思疎通をする際に、何を心がけてほしいか、ですが…。
hitsudan
発達障害者側は、しっかりと自分の意思を伝えたいと考えています。そのために、一般的な手段での意思疎通ではなく、筆談や、メールなどでの、文章でのやり取りを希望することもあります。
その希望を尊重しさえいただければ、安心して会話を行うことができるのです。
ですので、口でしゃべったほうが楽だとか、面倒くさいとか思わず、正確に、かつ明確に意思疎通ができるよう、配慮をお願いします

余談。ニコ生での私の感覚は?
ところで。
ニコ生でストリーム配信をずっと続けている私ではありますが、そのさい、リスナーさんとの対話がスムーズにできている、と感じている方も多くいらっしゃるはずです。
その、ニコ生での私の感覚は、その対話の場においては、1対0です。つまり、一般的な会話の感覚とは違うんです。
その時の私の感覚は、送信されたデータに対して受け答えをしている、という表現でいいと思います。
それでも、ひとつの話題に集中しているときに、まったく関係のないコメントがきてしまうと、それまで話していたことが頭の中から吹っ飛んでしまうことは多々。
こうしたことを自覚したことも、精神的にはしんどいことではあるけれど…しょうがないんだよなあ…。









まいど(*・ω・)ノ
発達障害に関する学習を行うことで、私自身が抱えている障害の理解、そして、私自身そのものへの理解を深めていっているわけですが、一方で、その勉強を進めつつ、その症状が出ているときに、実際に私自身は、どんな感覚になっているのかを言語化できるようにもなっていっています。
その言語化というのは、もちろん、私自身がそう感じるというもので、一般的に言われていることとは違っているとは思いますけれど、変な話、当事者が当事者自身の研究をしているってのは、あまり例がないんじゃないかなあ

話が長い?
さて、今回は、発達障害の中でも、これはアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の傾向の話になるやと思いますが…
hanashi_nagai_man
私がよく言われるのが、「話が長い」とか言われてしまうこと。
私は、相手に、私の意思を明確に、かつ確実に、誤解なく伝えられるよう心掛けているのですが、どうもそれが、相手にとっては、話が長いとか、くどいとか言われる原因になっているようです。
もちろん、これは、受け取り手の問題でもあるのやもしれません。
ですが、私は、ちゃんと私の意思を伝えることができているかどうか、かなり気にしているんですね。
この、話が長い云々は、いずれの機会に記事にするとして。

悦子と標準語で話しています
そしてもうひとつ。私は、普段から、標準語で話をしています
私は、生まれも育ちも徳島。県外に出で生活したことは、今まで一度もありません。
親とは、阿波弁で話すこともありますが、ですが悦子に対しても、いまだに、標準語です。たまにかんたんな広島弁が混ざります。「たいぎ~(めんどうくさい)」とか。
ちなみに、そうした悦子の広島弁を初めて聞いたときは、
question_head_boy
何のことか、さっぱりわかりませんでした。今では、「たいぎー」「たわん」とかは、悦子に説明してもらってわかりますし、そのためなのか、映画「この世界の片隅に」で使われている広島弁も、ほぼすべてわかりました。漫画原作も入手しましたよ。
映画については、気が向いたときにレビュー記事を書いてみることにします。迫力もなければ、わざとらしさもない(若干ファンタジーが入っていますが)、戦争中の、ごく普通の生活を描いた作品は、おそらく今まで無かったのではないかと思います。

私が標準語で話すようになったわけ

私がなぜ標準語で話すようになっているのか、ですが、これは、記憶を失う前の、実社会での経験も関係あるようです。
私の当時の仕事、そして記憶を失って以降に行っていた仕事もそうですが、不特定多数の方々と話をする機会が非常に多くありました。
ですので、阿波弁で話すと、阿波弁がわからない方々との意思疎通に問題があると考えたわけです
私の意思を正確に伝えるためにも、阿波弁を使うより、常に標準語を使うほうがいいと考え、独学ではありますが、普段は標準語を使うように練習をしていきました。
もちろん独学ですので、一般的な標準語とは、ややイントネーションに違いがあるでしょうが、その結果、徳島県人の方々に、「どこの生まれですか」と聞かれるようになることも多々。ずっと徳島で暮らしていると答えると、驚かれます。

話が長くはなってるけれど…
ってことで、標準語で話をしているのは、相手に配慮するためでもあり、そして私の意思を正確に誤解なく伝えたいため、と考えたから、なのですが…

こちらの書籍を読んでみると、アスペルガー者は、生まれ育った家族以外の方々とは、標準語で話す傾向があるそうです。それがたとえ良き伴侶であったとしても
実際、上記のように、婚約者である悦子との会話であっても、私は標準語を話しています。
ですので、悦子には、「標準語ではなく阿波弁で話してほしい」と、よく言われてはいるものの、今でも悦子と阿波弁で話しかけようとしても、なぜか、葛藤というか、抵抗というか、そんな感覚があります。
悦子は、「しーちゃんが阿波弁でしゃべってくれんけん、いまだに阿波弁が私にうつらん」とかぼやいておりました。
もっとも、私の母の阿波弁が少しうつっているようですが。悦子は、私の母と、仲良くしてくれています。

何故悦子に阿波弁で話しかけられない?
私は間違いなく悦子がハイパー大好き(・∀・)
でも、それでも、いまでも悦子に標準語で話をしている。他人行儀だとかそんな感じで悦子にも言われたことがあるのですが、それでも、いまだに、ほぼ標準語のままです。
なぜ、私が、そのように、いまだに標準語で話しかけているのか、なのですが…
それを私自身が、認知行動療法のひとつを用いて、私のことを推測してみると、結局のところ、悦子に誤解されないようにしたいから、という感じでした。
私の親とであれば、阿波弁で会話をしても、私の意思を理解してもらうことができる。これは、「親と阿波弁で話す」という習慣ができているから、ですね。
ですが、悦子とは、阿波弁で会話するという習慣そのものがもともとありません。それを、阿波弁で会話するよう修正しようとしても、【変化に弱い】という発達障害者特有の思考により、強烈な抵抗を持っている、と考えられます。

標準語を話すきっかけは、コミュニケーション能力が要因?
アスペルガー者(自閉症スペクトラム)は、対人関係、つまりコミュニケーションに関する障害を抱えています
私自身、発達障害と診断され、その勉強を進めるうえで、過去の、そうした対人関係に関するトラブルを振り返っていきました。そして、私の、コミュニケーションに関する考え方が、健常者のそれと大きく違うことがわかりました。
もっとも、それでも、私は、健常者のコミュニケーションの考え方のほうがおかしいと思ってもいます。このあたりのことは、いずれまた違う記事で書くとして。
ともあれ、そうして、対人関係のトラブルを数多く経験しているからこそ、相手に、正確に、明確に意思を伝えたいと自然に考えるようになったことから、標準語を話すようになっていったと推測しています
ですが、そうして標準語を話すようにしたことで、同じ徳島県人からは不自然に思われるようになったと考えられます。徳島県人にとっては、阿波弁を話すのが当たり前。標準語のほうが、かえって珍しいのですから。

今後悦子と阿波弁で会話できるの?
とまあ、このように、普段から標準語を話し続けている私ですけれど…
shinpai_man
ここでひとつ気になるのが、悦子に対して、今後も標準語で話しかけるのか、ってこと。
何度も阿波弁で話をしようとしてみたことがありはするものの、ちゃんと言葉が出てこなかった。
それに、私が標準語を話しているとはいえ、会話による意思疎通はできているわけだし、阿波弁で悦子に話しかけるという必要性もないんじゃないの、とか、普段から、阿波弁を話そうとしても、なんかわざとらしいという感じがするとか、そんな感覚になるんです。
私の、そうした、アスペルガー症候群の特性については、悦子は理解している、と言ってくれていることもあるため、悦子に阿波弁で話しかける努力をしないでいい、の、ですが…
普段から阿波弁で話すことのない私には、難しいことなのやも知れません。

一人称が「私」である理由
ちなみに、これは余談ですけれど…
普段から、私の一人称は「私」です。それ以外の言葉は使ってはいません。
なぜ私が「私」と表現しているか、とある方から質問を受けたことがあるのですが、どうもこれは、何かの漫画の影響のようです。
どの漫画なのかは解らないのですが、社会人になったら、一人称は私にしなさい、という感じの台詞があるのを、その質問を受けたときに思い出しまして、おそらく、それを見てから、「私」と表現しだしたのではないかと。
ですが、何らかのきっかけで、ふと「俺」と表現することがあります。年に数回あるくらいのことではあるもの、ふいに「俺」という言葉を口にします。
なぜ、「俺」という言葉が出るのかは、いまだによく解っていません。
そもそも、私の事を「俺」と表現することを、私は嫌っているようにも感じています。嫌っている一番の理由は、普段、使わない言葉だからだと思うのですが。
なぜいきなり「俺」という言葉が私の口から出るのか…ただし、見ず知らずの方々の前で「俺」という言葉が出たことはありません。
communication_hanashiai
悦子と話をしているときにだけ、ふいに「俺」という言葉が出ています
と、いうことは。
私が「俺」と言ってるのを聞いたことがあるのは、おそらく悦子だけなんじゃないかな?


茉莉綉球(ジャスミンティー) 福建省福州産 100g
ジャスミン茶の中でも、比較的値段が手頃かつ、おいしいお茶がこちら!
抽出時間を短めにさえすれば、茉莉花のふっくらとした優しい香りがお茶から漂い、一口含めば、幸せな気分を楽しむことができますよ♪



当ブログの、こちらの記事もご参照あれ♪
茉莉綉球(ジャスミンティー) 福建省福州産



このページのトップヘ