大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。


ってことで、カランダッシュ・エクリドールを修理に出しています。
修理に出しているのは、ミレニアム・エディション。私が使用しているボールペンの中で、もっとも使用頻度の高いものだったりします。
そもそも、私、油性ボールペンのインクの色が苦手。と、いうのも、油性ボールペンのインクの色には、紫色が混じっておりまして、それが光の反射によって見えてしまい、気持ち悪く感じてしまう。だけど、カランダッシュの油性ボールペンリフィルは、そうした色が今まで見えたこともないし、書き味も、また、持ったときのバランスもちょうどいいってわけ。

で、実際に修理に出してみたんだけれど…
まず、修理に出すためには、見積もりとして千円必要、とのこと。それは修理するしないの有無に関わらず必要なのだそうで、さらにそこから修理代が必要になる、とまあ、こういう形になるそうで。
修理そのものは、たぶん日本で行うんだろう。場合によってはスイス本国に送ることになるのかも?

また、コロナウイルスの騒動のせいで、修理から帰ってくるまで、だいたい2ヶ月くらい見て欲しい、とのことでして。まあ、しゃあないですね。

ちなみに、修理する場所は、クリップ。クリップがいつのまにか開いてしまっているものだから、こちらを治さなきゃならん。はてさて、修理代、いくらかかることやら。
購入価格は1万円だったっけ確か。クリップ部って溶接されているだろうし、新しいものに交換するようになるとは考えにくいけれど、はてさて、どうなることやら。

ドウモ( ・∀・)っ旦
8月に転倒した際に両手をつき、その痛みがなかなか取れないとして整形外科に相談したのが11月。
その整形外科でMR撮影を受け、首の神経に狭窄があることがわかり、その日からリハビリが開始。
翌日、その旨を主治医に相談すると、さらに脳のMR撮影を受けることに。つまり、日をおいて二度、MR撮影を行うことになった。
そしてその検査結果についてなんだけれど、昨年12月に同じくMR撮影を行っていて、その比較もしてもらいつつ説明を受けたんだけれど…
それが、小脳などの萎縮が年齢からしてかなり進行している、とのこと。
現時点では経過観察ということになっているけれど、将来的には何らかの治療が必要になる可能性を指摘されていたりする。

小脳、中脳、橋に異常?
指摘されているのは、小脳、中脳、そして橋(きょう)と呼ばれている部分。
いずれも、運動神経などを司る部分とされているみたい。
ん~、私、発達障害の学習をする上で、大脳、つまり思考を司る部分についてはある程度注目しているし、また小脳の成長過程と発達障害に、ある一定の関連がある、というくらいは知っていた。
んでも、中脳や橋という言葉を聞いたのが今回が初めて。なので、なんですかそれは状態だったりする。
個人的に気になっているのは、今回指摘されている小脳の萎縮が年齢と比較して進行していることそのものが発達障害と何らかの関係があるのか、という点なんだけれど、ただ、その関連性があろうとなかろうと、事実そのような状態になっているので、対策は取らなきゃいけないんだけどね。

で、私が思うこと。
まあ、その小脳の萎縮がどうこうってのは、実際そうなっているんだから仕方がない。
また、主治医は、大脳については異常は一切ないと言ってる。なので、「少なくとも思考力に影響がないなら何とかなるかなあ」って感じに、気軽に考えてはいるんだわ。
その上で思うことがもうひとつ。私自身、少しずつ確実に、死に向かっているんだなあ、ってこと。
日常生活においては、私は特に自分の年齢について自覚することもないし、それこそ、記憶を失った当時と変わっていないと思っている。
たまに振り返ると、以前より知識も経験も豊富になっていることが解るため、それだけ私も成長しているんだよなと思うくらいで、現時点で私が45歳だということを全く自覚していないんだよね。
もし若い頃に結婚して、子供がいたりしてたら、そうした自覚もあるのだろうけれど。
んでも、こうした明確なデータが出てくると、私も歳を取っているんだなあと、他人事みたく思うわけです。

 ↑
主治医から言われたのが、運動することで脳の萎縮の進行速度を軽減させられるよ、ってことなんだが、私、そもそも運動苦手なんだよなあ。
今、移動手段としてスクーターを多様しているんだけれど、今後は徒歩に切り替えようと考えている。
なぜそういう風に考えるようになったかについては、またいずれブログで書いてみるつもりです、はい。



且⊂(゚∀゚*)ウマー
ってことで、久しぶりに、いろいろとブログを更新してみよう、ということで記載しているんだけれど、このブログ、実はAndroid端末で執筆していたりします。
このブログはLivedoorBlogにて、独自ドメインを取得した上で運用しているんだけれど、Android端末で記事を編集するには、ちときつい仕様でして。
と、いうのも、ブラウザを用いて編集しようとしたところ、スマホ版の編集画面では文字に色をつけたりといった細かな編集ができず、また、PC版画面で記事を執筆しようとすると、文字がうまく入力できない。
なので、いったんテキストエディタで記事を執筆し、それをPC版ブログエディタにコピペして色づけを行う、という方法を採らざるを得ないんだわ。
じゃあ、なんでこういう面倒くさい方法を採用しているかというと…

メインPC、クラッシュしました(´・ω・`)
とまあ、上記のような理由でして。
メインPCが、BIOSすら立ち上がらなくなってしまい、どうすることもできなくなっているんですね。
この症状は、実際には今年の夏あたりに発生していたんだけれど、対処のしようがないんですわ。
つい先日、そうして放置していたメインPCを改めてチェックしてみたところ、結局、マザーボードがクラッシュしているという判断をせざるを得ない状況でして。
なぜそうした判断を下したかについては割愛するけれど、ともあれ、運用してから5年くらいかな? 活躍していたメインPCが、お亡くなりになったことそのものについては間違いない。
やられちゃったのがマザーボード。もしシステムを復旧したいと考えるなら、同等のマザーボードを新調すればいいだけの話なんだけれど、CPUがSocketFM1という、いわゆるAPUが登場した最初期のもの。中古でも出回っていないものだし、そもそもCPUを取り外すための工具がないため、マザーボードだけを交換するという手段が取れないんだわ。
となると、結局、「マザーボード」「CPU」「メモリ」の3つを交換しなきゃならない、ってことになるんだけれど、…貧乏な私にそれらを捻出するだけの予算を捻出する余裕がないもんだから、少なくとも年内のメインPCの復旧は見送りとなった。

ノートPCもクラッシュ?!
その上で。
実はデータ取り専用に24時間フル稼働させていた、性能のかなり低いノートPCがあるんだけれど、こちらも調子が悪くなってた。
その原因は何かといろいろと探っているうちに、最終的に起動すらしなくなってしまった。
こちらは、その起動しなくなった原因がハードディスクがクラッシュしていることだということはすでに解っている。
そもそも、理論的に分けていたDドライブが認識しなくなっているのを確認したものだから。
ただ、問題なのは、なぜ、チェックディスクを走らせていて問題ないと判定されていたHDDがいきなりクラッシュしてしまったか、ということ。
と、いうのも、10月あたりに、レジストリがクラッシュして、OSを再インストールした経緯があるんだけれど、そもそもレジストリがクラッシュすること事態通常であればあり得ない。
つまり、ノートPCで運用していたシステムに、理論的な何かが作用してクラッシュし、その上で物理的にHDDがクラッシュしたんじゃないかな、と考えているんだわ。
このノートPCだけれど、前述のように性能が低すぎて一般的な作業には向いていない。データ収集と、ある一定のブラウジングくらいなんだ。
一応、予備のSSDがあるので、それに交換してOSを再インストールして運用することも考えているわけ、なんだけれど…
その、予備のSSD、どこに置いたのか解らなくなっちまった(´・ω・`)
まあ、最悪、メインPCのSSDを入れてしまうこともできはするけれど、そちらは最終手段、という感じかなあ。それに、メインPCに使用していたSSDだから、OSのシリアルも入っているし、それをデリートするわけにもいかんからね。

動画の編集、どうすんの?
で。
現在、問題としているのは、動画の撮影及び投稿をどうするか、ってこと。
これまで、メインPCで動画の編集及び投稿を行っていたんだけれど、そのメインPCが使用できないため、スマホで行わなければならない。
実際、撮影はスマホ、編集はメインPCという感じで行っていたため、撮影環境そのものが無いわけじゃないんだ。
ただ、動画の編集は、けっこう細かな手順が必要であるため、そうした細かな編集が行えないとした上で、今後どのように動画を「撮影」「編集」「投稿」していけばいいのか、その手段を模索しているところなんだ。
理想としては、1台の端末、つまりこの場合はスマホだけれど、その1台ですべての作業を行うことができれば申し分ない。
ただ、その編集ソフトが、スマホでは、これまでのような編集ができず、たとえできたとしてもその操作環境がかなり面倒になっている。
まあ、要するに、これまでと同じような編集はできない、ってわけ。
そこで考えているのがYouTubeの生放送。
YouTubeで、投稿したい内容の動画を、そのまんま生放送という形で放送し、それを動画として残しておけばいい、と考えているわけ。
もちろん、基本生放送だから、少なくとも「編集」はできなくなるわけだけれど、「撮影」と「投稿」を同時に行うことはできる。一発勝負だから、トラブルなどに対応するのがきわめて難しくなるけれど、そういう方法で投稿を続けていくのもありかな、なんて考えているわけ。
まだ、そうしたプランニングを行っている段階で、具体的には今月中に試験的にYouTubeで生放送をしてみるつもりだけれど、それでうまくいくかどうか。
勢いだけで生放送して、それをそのまま動画として残しておくようにする、という方法は、総合的に考えると時間や労力の節約にはなる。
ただ、この場合、これまでニコニコ動画に投稿していたけれど、投稿先がyoutubeだけに絞られてしまう。
でも、それはそれでしょうがないかな、とも思っていたりする。
そもそも、ここ数年、動画の投稿そのものをさぼっていたからね。

実際に、こうした考えがうまくいくかどうかも解っていないし、やってみないことには始まらない。
その上で、どこまでできるか挑戦してみてもいいかな、なんて思っていたりします、はい。

このブログ、独自ドメインを取得した上で運用しているくせに、このところ更新していないでやんの(´・ω・`)
もったいないことこの上ないんで、ちょっとした雑記がてら、ブログを書いてみることにします。
まあ、近況がてら、って感じで。

発達障害と診断されて以降、いろんな出来事があった。
発達障害という診断を受けたのはいいけれど、そもそもその当時は発達障害という障害そのものを知らず、精神障害の一種なんだしすぐに治ると思っていた。だけどそれがそうじゃないことが少しずつ解ってきて、また、いろんな福祉関係の方々に協力を求めたりしていかに状況を改善するか必死になってた。
この時期、いい歳をしていたにもかかわらず、ともかく泣いていたことが多かった。
また、言いがかりによる訴訟を起こされ、それに対応するために弁護士に協力をいただき、かつ、その訴訟相手が私の関係者に行った数多くの行為を私が知ることになり、その訴訟のために多大な時間と費用、そして人脈を費やした。
そんな中、婚約者とも別れることにもなった。
そうした一連の事態が、どうにか落ち着いたのが、今年の10月。ここまで、3年の歳月を費やしている。
この、たった3年で失ってしまったものは非常に大きかったけれど、それがあるからこそ今の自分がいる、という風に考えることができるようにようやくなってきた、わけだが。
そんな中、11月半ばから、立ちくらみやめまいがひどくなり、それも毎日発生しているものだからいろいろと調べてもらったところ、小脳及び中脳の萎縮が通常よりもかなり進んでいることが解った。
大脳については異常はないものの、運動神経を司る脳に異常があるとのことで、とりあえず経過観察になってはいる。
その状況を、MR画像を用いて説明を受けたときの感想は、ふたつ。
ひとつは、大脳、つまり思考を司る脳については問題がないため、少なくとも考えることそのものについては問題はないということ。
そして、もうひとつは、人間は間違いなく少しずつ死に向かって進んでいっているんだよなあ、ってことだった。

そもそも、私は、23歳のときに、思い出に当たる記憶のほぼすべてを失っている。現在では、当たり障りのない範囲でわずかに思い出すこともあるんだけれど、そのせいか、私自身、実年齢が45歳であるという実感が現在でも持てない。
もし、若い頃に結婚をし、子供も出来ていたならば、そうした子供の成長とともに自身の年齢についても実感が持てていたのかも知れない。だけれど、私の場合、その記憶を失った23歳のまま止まっているような気がする。
とはいえ、その当時の私と現在の私とを比較し、特に思考については、これだけ自分が成長している、ということを実感することはあるんだけれど、でも、結局のところ、私は私、という意味ではなにも変わっていないようにも思う。

発達障害と診断されたのが42歳。
その2年前の40歳のとき、私は、自分が幸せになることをあきらめた。
そのかわり、もし私の力で誰かが幸せになるきっかけを作ることができたのならば、それでいいと考えるようになった。
発達障害の診断を下した医師は、あなたが人並みの幸せを掴むことはあり得ない、あなたの人生は茨の道であると言った。
自身の障害に関する事柄を学習し、翌年、福祉担当者から、ここまで理解が早い人はいないとの評価を受けた。
だからこそ、私が幸せになることはない、というその医師の言葉も解るし、事実、私自身そうだとも思う。
でも、なにもできないわけじゃない。

とまあ、こんな感じの話を以前もこのブログかどっかで書いた気もするけれど、結局のところ、どうにかしていくしかないよね、って感じで考えていたりする。


ま、雑記がてら、こんなことをちらっと書いてみたりする。
ちょっとした気分転換だけどね。

且⊂(゚∀゚*)ウマー
ってことで、タイトル通り、メインPCが故障しておりまして。
BIOSが立ち上がらなくなってしまい、その原因が現在でも不明。仕方がないので、マザーボードにくっついているボタン電池外して、コンセントも引っこ抜いて、そのままの状態でほったらかしにしています。
この、BIOSが立ち上がらなくなった場合、故障箇所の特定が非常に難しく、もちろんマザーボードに原因があるのは当然だけれど、何をもってBIOSが立ち上がらなくなってしまったのか検討もつなかなったりします。
ちなみに。
BIOSが立ち上がらなくなってしまったのは、実はこれが初めてではなく、なぜかWIndowsUpdateによりアップデートを行った直後にBIOSが立ち上がらなくなったことがこれまでにも多々。
もっとも、WindowsUpdateのせいでBIOSが立ち上がらなくなるなんてことはまずあり得ないんですけれどね。

で、今後どうするか、ということなんだけれど。
現時点で使用している端末として、

・Androidスマートホン
・Androidタブレット2台
・WindowsノートPC

の、計4台。
うち、WIndowsノートPCだけれど、これがとんでもない年代物で、データ収集以外では全く使い物にならない。動画編集のみならず、ブラウザでさえ迅速に起動しないというくらい性能が非常にお粗末なものだったりする。
なので、いずれにせよ、メインPCを修理するなり新調するなりしなきゃならん。
まあ、ずっと放置しているPCが、何らかの形で正常に起動すればいいんだけれど。故障して1ヶ月くらいそのまま放置しているからなあ。

ってことで、メインPCの更新を検討しているわけなんだけれど、さて、どうしようか悩んでいるところなんだわ。
予算の問題も当然あるんだけれど、ある一定の性能を持つPCでなければ話にならないから。

で、現在絶賛故障中のメインPCだけれど、CPUが、AMDのA8-3850。なので、せめてこのCPU並かそれ以上の処理速度及びグラフィック性能を持つシステムが必要になると思ってる。
メモリは、もともと16GB搭載しているんだけれど、8GBもあればいいかな。
で、ここで、メインPCを新調する場合、2通りの考え方ができる。
つまり、パーツの交換で対応するか、それとも新調するかって話ね。

仮に、パーツ交換で対応すると考えた場合…
中古でソケットFM1のマザーを探すという方法もありはするけれど、CPUクーラーを取り外すための工具がないため、断念。
また、仮に工具があったとしても、中古のソケットFM1マザーボードの現在の相場が6千円以上ってことでもあるし、それなら新しいマザーボードを購入するほうが安心すると考えている。
そうした上で、
・マザーボード
・CPU
・メモリ(8GB)
の、3点があればいいかな、とは考えてはいるんだ。
記憶装置そのほかは、メインPCのそれをそのまま流用すればいいだけだからね。
そうした条件の上で検討するとなると、もともとのA8-3850の性能が2.9GHz、4コア4スレッドなので、できればそれ以上の性能のものを求めたい。それも、できればAPUのほうがいいと考えている。
CPUは、Intel製でもいいんだけれど、私は昔からAMDを使い続けているので、やはりAMDを採用したい。そしてAMDと言えば、何かと話題のRyzenだよね(゚∀゚)
ここでもし、A8-3850と同等性能のCPUを選ぶとするならば、4コア4スレッドのRyzen3になる。クロック周波数も、A8-3850よりも高いし。
んでも、どうせなら、その上位種のRyzen5のほうがいいと思ってる。ただ、APUタイプのものがあるかどうかについてはまだよく解ってない。もっとも、今はただ考えているだけだから、そのあたりは本気で調べなくてもいいや。
そしてCPUが決まればマザーボード。
現在使用しているマザーボードはATXタイプ。なので、同じATXを採用してもいいけれど、拡張性能はさほど必要ないとも思っているから、そこまでごついのは必要ないかな。でも予算としては、だいたい1万5千円程度。
そしてメモリなんだけれど、CPUやマザーが変わるのだから、メモリも新調しなきゃならないよね。で、メモリは、8GBで充分かな、と思っているんだけれど、現時点で4GB×2で、1万円もしない程度みたい。
ってことで、

・CPU Ryzen5 約1万5千円
・マザーボード 約1万5千円
・メモリ 約1万円

の、トータル4万円で、パーツ交換を自分でやりさえすればメインPCが復活できると思ってる。
電源や記憶装置云々はそのまま流用しちゃえばいいし、そもそもPCの組立そのものは、そこまで難しいものじゃないから、時間はかかるけれど、とりあえずこれでデータの引継混みで全部まかなえるかな、なんて思ってたりします。



でもなあ、どうせなら、システムを全部一新したいよね、とも考えているんだよなあ。
特に、グラフィック性能がそこそこのノートPCを購入するのが理にかなっているんじゃないか、とも考えていたりする。

ま、購入する前に、あれこれ悩むのがおもしろいんだけれどね。

さて、ノートPCだったら、どれくらいの予算が必要なのか、ちと調べてみるとしますか。

このページのトップヘ