大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

どうも(*・ω・)ノ

ってことで、新しく開設したYouTubeチャンネル「静葉ちゃんの鯖威張るdeアウトドア!」の、2回目に投稿した動画は、「おみくじの引き方」についての解説動画となりました。



おみくじの引き方を知らない人も多いんじゃないかと思って、同じく地元の春日神社にて、おみくじの引き方の動画を撮影し投稿したわけですが…

撮影の裏話
ってことで、今回も撮影の裏話を。
実は、このおみくじを実際に引いたときは、事前に神様に「撮影するためにおみくじを引きます」って感じであいさつを行い引いたわけなんですけれど…
撮影を終了し、帰ろうとしたところ、引き留められるような感じがしまして、神社を振り返ると、目に留まったのは例のおみくじの入った箱。
つまり、おみくじをもう一度引くようにと神様に言われているような気がしまして、あらためておみくじを引こうとしたときに、自然と私がそのとき悩んでいることが口からでまして、その上でおみくじを引いたんです。
そして今度は、事前に春日神社にあらかじめ参ったうえで、大麻比古神社に出向き、同じくおみくじを引いたところ、これがびっくり、春日神社で引いたおみくじとまったく同じことが書いてあったりします。
具体的にどのようなことが書いてあったのかについてはここでは述べませんけれど、なんというか、やっぱり神様はいろいろとみてくれているのかな、って感じでした。
困ったときの神頼みなんて言葉はあるんだけれど、私は神様の前では、これから出かけるときの旅の無事くらいしかお願いはしないんですけれどね。なんというか、頼み事をするのは筋が違うような気がしているものですから。
また、後日、眉山のふもとにある天神社へ、同じように撮影にいこうと思い、まず地元の春日神社にその旨伝えるために詣でたところ、何か神様が起こっているというか、機嫌が悪いような雰囲気を感じ、「まあとりあえず行くだけ行ってみますね」とあいさつをして出向いたところ、なんと天神社は七五三で大忙し! これは撮影するような状況じゃないと思い撮影を断念したりしております。
ちとオカルトにはなるんだけれど、こんな感じで、以前からもそうでしたが、最近は特に強く神様の気配を感じるようになってきたような気がしますです、はい。

どうも(*・ω・)ノ

相変わらずブログの投稿も、また動画の政策もさぼっているわけですが…これじゃいかんということで、新しくYouTubeにおいて、アウトドア活動をメインとするチャンネルを解説しました。



今後は、アウトドアに関連する内容はすべてこのチャンネルに集約し、1から動画をアップロードしていく所存だったりします。
その第1回目の投稿として、私の地元にある春日神社に参拝する様子を撮影し、アップロードしました。




撮影に関するあれこれ
メインPCがクラッシュしてしまい、やむを得ずスマホで動画を編集することにしたその第1回目となるのですが、実際にやってみると、簡単な編集であれば比較的簡単にできることが分かったので、今後はスマホだけで撮影から編集、さらに動画の投稿までを行うようにしました。
で、この動画の撮影については、カメラの撮影位置を何度も変えて、私が実際に散歩しているような感じで編集したのですが、
・撮影を開始
・実際に歩いて引き返す
・撮影を停止
というのを何度も繰り返しています。
なので、実際には、春日神社の境内を何度も往復することに…
んでも、それなりの映像になっているのではないかと思いますです、はい。

と、まあ、こんな感じで動画を今後も投稿し続けていく予定です。
とはいえ、相変わらず映像編集技術も撮影技術もいまいちではありますけれど、ぼちぼちやっていきますよん。


ってことで、カランダッシュ・エクリドールを修理に出しています。
修理に出しているのは、ミレニアム・エディション。私が使用しているボールペンの中で、もっとも使用頻度の高いものだったりします。
そもそも、私、油性ボールペンのインクの色が苦手。と、いうのも、油性ボールペンのインクの色には、紫色が混じっておりまして、それが光の反射によって見えてしまい、気持ち悪く感じてしまう。だけど、カランダッシュの油性ボールペンリフィルは、そうした色が今まで見えたこともないし、書き味も、また、持ったときのバランスもちょうどいいってわけ。

で、実際に修理に出してみたんだけれど…
まず、修理に出すためには、見積もりとして千円必要、とのこと。それは修理するしないの有無に関わらず必要なのだそうで、さらにそこから修理代が必要になる、とまあ、こういう形になるそうで。
修理そのものは、たぶん日本で行うんだろう。場合によってはスイス本国に送ることになるのかも?

また、コロナウイルスの騒動のせいで、修理から帰ってくるまで、だいたい2ヶ月くらい見て欲しい、とのことでして。まあ、しゃあないですね。

ちなみに、修理する場所は、クリップ。クリップがいつのまにか開いてしまっているものだから、こちらを治さなきゃならん。はてさて、修理代、いくらかかることやら。
購入価格は1万円だったっけ確か。クリップ部って溶接されているだろうし、新しいものに交換するようになるとは考えにくいけれど、はてさて、どうなることやら。

ドウモ( ・∀・)っ旦
8月に転倒した際に両手をつき、その痛みがなかなか取れないとして整形外科に相談したのが11月。
その整形外科でMR撮影を受け、首の神経に狭窄があることがわかり、その日からリハビリが開始。
翌日、その旨を主治医に相談すると、さらに脳のMR撮影を受けることに。つまり、日をおいて二度、MR撮影を行うことになった。
そしてその検査結果についてなんだけれど、昨年12月に同じくMR撮影を行っていて、その比較もしてもらいつつ説明を受けたんだけれど…
それが、小脳などの萎縮が年齢からしてかなり進行している、とのこと。
現時点では経過観察ということになっているけれど、将来的には何らかの治療が必要になる可能性を指摘されていたりする。

小脳、中脳、橋に異常?
指摘されているのは、小脳、中脳、そして橋(きょう)と呼ばれている部分。
いずれも、運動神経などを司る部分とされているみたい。
ん~、私、発達障害の学習をする上で、大脳、つまり思考を司る部分についてはある程度注目しているし、また小脳の成長過程と発達障害に、ある一定の関連がある、というくらいは知っていた。
んでも、中脳や橋という言葉を聞いたのが今回が初めて。なので、なんですかそれは状態だったりする。
個人的に気になっているのは、今回指摘されている小脳の萎縮が年齢と比較して進行していることそのものが発達障害と何らかの関係があるのか、という点なんだけれど、ただ、その関連性があろうとなかろうと、事実そのような状態になっているので、対策は取らなきゃいけないんだけどね。

で、私が思うこと。
まあ、その小脳の萎縮がどうこうってのは、実際そうなっているんだから仕方がない。
また、主治医は、大脳については異常は一切ないと言ってる。なので、「少なくとも思考力に影響がないなら何とかなるかなあ」って感じに、気軽に考えてはいるんだわ。
その上で思うことがもうひとつ。私自身、少しずつ確実に、死に向かっているんだなあ、ってこと。
日常生活においては、私は特に自分の年齢について自覚することもないし、それこそ、記憶を失った当時と変わっていないと思っている。
たまに振り返ると、以前より知識も経験も豊富になっていることが解るため、それだけ私も成長しているんだよなと思うくらいで、現時点で私が45歳だということを全く自覚していないんだよね。
もし若い頃に結婚して、子供がいたりしてたら、そうした自覚もあるのだろうけれど。
んでも、こうした明確なデータが出てくると、私も歳を取っているんだなあと、他人事みたく思うわけです。

 ↑
主治医から言われたのが、運動することで脳の萎縮の進行速度を軽減させられるよ、ってことなんだが、私、そもそも運動苦手なんだよなあ。
今、移動手段としてスクーターを多様しているんだけれど、今後は徒歩に切り替えようと考えている。
なぜそういう風に考えるようになったかについては、またいずれブログで書いてみるつもりです、はい。



且⊂(゚∀゚*)ウマー
ってことで、久しぶりに、いろいろとブログを更新してみよう、ということで記載しているんだけれど、このブログ、実はAndroid端末で執筆していたりします。
このブログはLivedoorBlogにて、独自ドメインを取得した上で運用しているんだけれど、Android端末で記事を編集するには、ちときつい仕様でして。
と、いうのも、ブラウザを用いて編集しようとしたところ、スマホ版の編集画面では文字に色をつけたりといった細かな編集ができず、また、PC版画面で記事を執筆しようとすると、文字がうまく入力できない。
なので、いったんテキストエディタで記事を執筆し、それをPC版ブログエディタにコピペして色づけを行う、という方法を採らざるを得ないんだわ。
じゃあ、なんでこういう面倒くさい方法を採用しているかというと…

メインPC、クラッシュしました(´・ω・`)
とまあ、上記のような理由でして。
メインPCが、BIOSすら立ち上がらなくなってしまい、どうすることもできなくなっているんですね。
この症状は、実際には今年の夏あたりに発生していたんだけれど、対処のしようがないんですわ。
つい先日、そうして放置していたメインPCを改めてチェックしてみたところ、結局、マザーボードがクラッシュしているという判断をせざるを得ない状況でして。
なぜそうした判断を下したかについては割愛するけれど、ともあれ、運用してから5年くらいかな? 活躍していたメインPCが、お亡くなりになったことそのものについては間違いない。
やられちゃったのがマザーボード。もしシステムを復旧したいと考えるなら、同等のマザーボードを新調すればいいだけの話なんだけれど、CPUがSocketFM1という、いわゆるAPUが登場した最初期のもの。中古でも出回っていないものだし、そもそもCPUを取り外すための工具がないため、マザーボードだけを交換するという手段が取れないんだわ。
となると、結局、「マザーボード」「CPU」「メモリ」の3つを交換しなきゃならない、ってことになるんだけれど、…貧乏な私にそれらを捻出するだけの予算を捻出する余裕がないもんだから、少なくとも年内のメインPCの復旧は見送りとなった。

ノートPCもクラッシュ?!
その上で。
実はデータ取り専用に24時間フル稼働させていた、性能のかなり低いノートPCがあるんだけれど、こちらも調子が悪くなってた。
その原因は何かといろいろと探っているうちに、最終的に起動すらしなくなってしまった。
こちらは、その起動しなくなった原因がハードディスクがクラッシュしていることだということはすでに解っている。
そもそも、理論的に分けていたDドライブが認識しなくなっているのを確認したものだから。
ただ、問題なのは、なぜ、チェックディスクを走らせていて問題ないと判定されていたHDDがいきなりクラッシュしてしまったか、ということ。
と、いうのも、10月あたりに、レジストリがクラッシュして、OSを再インストールした経緯があるんだけれど、そもそもレジストリがクラッシュすること事態通常であればあり得ない。
つまり、ノートPCで運用していたシステムに、理論的な何かが作用してクラッシュし、その上で物理的にHDDがクラッシュしたんじゃないかな、と考えているんだわ。
このノートPCだけれど、前述のように性能が低すぎて一般的な作業には向いていない。データ収集と、ある一定のブラウジングくらいなんだ。
一応、予備のSSDがあるので、それに交換してOSを再インストールして運用することも考えているわけ、なんだけれど…
その、予備のSSD、どこに置いたのか解らなくなっちまった(´・ω・`)
まあ、最悪、メインPCのSSDを入れてしまうこともできはするけれど、そちらは最終手段、という感じかなあ。それに、メインPCに使用していたSSDだから、OSのシリアルも入っているし、それをデリートするわけにもいかんからね。

動画の編集、どうすんの?
で。
現在、問題としているのは、動画の撮影及び投稿をどうするか、ってこと。
これまで、メインPCで動画の編集及び投稿を行っていたんだけれど、そのメインPCが使用できないため、スマホで行わなければならない。
実際、撮影はスマホ、編集はメインPCという感じで行っていたため、撮影環境そのものが無いわけじゃないんだ。
ただ、動画の編集は、けっこう細かな手順が必要であるため、そうした細かな編集が行えないとした上で、今後どのように動画を「撮影」「編集」「投稿」していけばいいのか、その手段を模索しているところなんだ。
理想としては、1台の端末、つまりこの場合はスマホだけれど、その1台ですべての作業を行うことができれば申し分ない。
ただ、その編集ソフトが、スマホでは、これまでのような編集ができず、たとえできたとしてもその操作環境がかなり面倒になっている。
まあ、要するに、これまでと同じような編集はできない、ってわけ。
そこで考えているのがYouTubeの生放送。
YouTubeで、投稿したい内容の動画を、そのまんま生放送という形で放送し、それを動画として残しておけばいい、と考えているわけ。
もちろん、基本生放送だから、少なくとも「編集」はできなくなるわけだけれど、「撮影」と「投稿」を同時に行うことはできる。一発勝負だから、トラブルなどに対応するのがきわめて難しくなるけれど、そういう方法で投稿を続けていくのもありかな、なんて考えているわけ。
まだ、そうしたプランニングを行っている段階で、具体的には今月中に試験的にYouTubeで生放送をしてみるつもりだけれど、それでうまくいくかどうか。
勢いだけで生放送して、それをそのまま動画として残しておくようにする、という方法は、総合的に考えると時間や労力の節約にはなる。
ただ、この場合、これまでニコニコ動画に投稿していたけれど、投稿先がyoutubeだけに絞られてしまう。
でも、それはそれでしょうがないかな、とも思っていたりする。
そもそも、ここ数年、動画の投稿そのものをさぼっていたからね。

実際に、こうした考えがうまくいくかどうかも解っていないし、やってみないことには始まらない。
その上で、どこまでできるか挑戦してみてもいいかな、なんて思っていたりします、はい。

このページのトップヘ