大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

発達障害に関する動画を作っていくことにして、今回も、関連する動画を作成してみました。
今回は、発達障害を含めた、障害者全員と、健常者にも対象となっている、『障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律』について、これだけは知っておいて欲しいという感じで、簡単な解説動画を作ってみました。

Youtube版 → https://youtu.be/9kfS7bm1X08
ニコニコ動画版 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm28753018

まあ要するに、こういう法律ができましたよ、この法律にはこういう理由があって、こういう目的があってどうのこうの…という話をしたわけですけれど、いわゆる解説動画として、やっぱりわかりにくいのかなあ、と思っていたりもします。
とある視聴者さんから、これまでの動画についても、「専門用語がわからない」という意見が届いていますけれど、どれだけの人が、その言葉を理解しているのかを計ることができないため、どの言葉が分からないのかってのを聞いてみるべきなのかなと思ってみたりします。

また、今回も、法律の文言を、そのまま流用しています。そのほうが、誤解無く相手に伝えることができるだろうから。そのぶん、かたっくるしい言葉になっています。

それでですね…
この動画を作り、アップロードしてしばらくして、その話題を扱うべきじゃなかったのかな、と思った事がひとつ。
棒読みちゃんにしゃべらせているのではなく、動画内の文章で書いたことなのですが、
この事件について。
そもそも、この事件は、今回話題とする内容とは関係がありません。
ですが、発達障害も含め、障害を抱えるお子さんの子育てに悩む親御さんが、子供の将来を悲観し、自ら手をかける事件は、あとを立ちません。
なぜこの事件が起こったのか、その背景には、もちろん子育てに関する悩みからなのですけれど、その事件の舞台となった、山梨県韮崎市で、その家庭に対する支援を怠っていたのではないか、とする報道を見かけました。そのため、その報道の内容の真実については私は考えないとした上で、ともあれ発達障害児及びその家族への支援を訴えるために、あえて記載したわけです。
ですが、その話を、この動画で伝えるのは、そもそも動画の目的とは違いますし…。
一方、本当に、地方自治体が、その家庭への支援を怠ったのか、それを確認する術を私は持っていないことから、実際どうだったのかを判断しない、としているわけです。実際現場を見たわけではありませんから。
ただ、その動画の文章を書く前に、その事件の背景として、山梨県及び韮崎市での、実際の、発達障害に対する支援制度はどうなっているのだろうと考え、検索はしてみました。
検索範囲は、山梨県及び韮崎市の各ホームページなのですが…実際に調べてみると、韮崎市でも、発達障害児及びその家庭に、訪問して相談を受けるなどの制度があることなどが書かれていました。
では、なぜ、このような事件が起こったのか。
そもそも行政が行う福祉サービスは、国が定めた法律に従い、各地方自治体が実施しているもので、その内容については、各自治体で差があります。その差についてはともかくとして、そうした福祉支援事業には、必ず、何らかの限界があるわけです。
福祉制度がいくら充実していても、そこからあふれてしまう人が必ずいる。支援が必要なのに、必要とする支援を受けることができない。そうした事例は、たくさんあります。一方で、その要求に応えたくても、現行制度を含め、現実的に難しいことも多い。
この、福祉の限界については、この私自身が実感していることでもあるのですが…もちろん、なんでもかんでも助けろって話じゃないですよ。福祉担当者も、それが必要であることを実感していても、どうしてもできないこともある、という話をされていたりもします。
こうした、当事者でなければわからない背景もあることから、投稿した今になって、その話を、動画内で紹介するのは、かえってミスリードを発生させる可能性もあり、行うべきではなかったんだろうなと思っています。

なお、この問題についてですが…
この映画も、ちと皆さんに見てほしいですね、関連する話題として。

動画として、発達障害者に対する福祉を含めた世の中の現状についても、ちと書いたほうがいいのかなあ。
私の実体験として話をしてみても、それは別に悪くはないだろうけれど。悩むところです。


次の動画は、もっと手短になるような話題に絞ろうかな。アスペルガー者は、こういう感じで見ると納得するんじゃないかな、なんて話も用意しているんだけれど、原稿を考えたりするの、本当に手間なんだよなあ。
ブログだったら、記事を書いて終了! だけれど、動画となると、原稿書いて、棒読みに読ませてファイルを組み合わせてテロップ付けて画像のっけて音楽のせて動画出力してエンコードしてアップして動画内容をフォローするためのブログ記事書いて…って感じで、文字通り1日仕事あるいはそれ以上に手間のかかる作業だもんなあ。
まあいいか。ともかく頑張るのです。







 

ロジカルシンキング、要するに論理的思考ってやつなんだけれど、どうも私、もともと論理的思考ができているみたい。
ただ、それを補う為にも、紙に書いて明確にする必要があるわけでして、それで役に立っているのが、
この本。
マッキンゼー式ロジカルシンキングと銘打った本はたくさんあるけれど、この本の著者である赤羽雄二さんの本が、極めて一般向けなんじゃないかな、と思ってたりします。
実際Twitte上でも評価高いですよ。
この本の中で紹介されている「A4メモ術」を用いて考え事をしているわけなんだけれど、その考える内容については、私としては、どちらかというと、お遊びみたいな感覚で取り組んでいたりします。
ただし、私のやりかたは、赤羽さんの開発した方法を、自分がやりやすいよう、自分なりに改造していたりもします。
で、今日、そのお遊びの一環で、何を考えたかをTwitterでアップしてみました。










…今振り返ったら、7つ目、アップしてないでやんの。まあいいや。

今日書いたことは、全部まとめてファイル書庫に放り込んで、終了!
あとでフランクリンプランナーに計画を移し替えることもありますけれど、まあとりあえず、今日はこれで終わり!って感じです、はい。

ちなみに、使用した筆記具は、私はパーカーのボールペン。で、赤羽さんは、Vコーンを使用しているとか。
私は速記の際は、ちと力が入ってしまうんで、ボールペンのほうが有利。このところ、油性ボールペンも、色合いがよくなってきて、いい感じです、はい。

ってことで、今回も、発達障害に関する動画を作ってみたよって話ではあります。

YouTube版 → https://youtu.be/VjuB27lZVIA
ニコニコ動画版 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm28733670

今回は、アスペルガー症候群特有の、コミュニケーション障害についての解説その第一弾って感じにしましたけれど、その第一回目は、「コミュニケーション障害として一般的にイメージする症状」を、あえてスルーしてみました。
そもそも、コミュニケーション障害についての言葉の定義を勘違いしている人が多いんじゃないかな、と思って。
動画でも触れているように、コミュニケーション障害とは、他者と円滑なコミュニケーションをとることができない障害の総称でして、これは精神あるいは思考に関する障害と、身体的な事情による障害の、2つの系統にわけることができます。
その具体的なリストアップについては、今はあえて避けているんだけれど、いずれ、そういう解説動画も作ってみていいのかなあ。
で。
こうした障害の解説を行うにあたっては、資料にかかれていることだけでなく、自分の実体験と、他者の思考パターンとの対比など、個人的な検証も行っています。
今後、私の実体験を元とした動画の製作が増えてくることも予想されていますけれど、こちらも、ちゃんと資料に書かれていることを根拠に動画を作っていくつもりです。
また、資料にはそのように書かれていなくとも、そういう表現をしたほうが解りやすいのではないか、という感じで、私なりの表現を使っての解説も今後増えていきます。
得にアスペルガー症候群の症状を、健常者に理解してもらうためにも、そうしたたとえを多用するべきだと考えています。が、一方で、その例え話で使うそのもののたとえが、場合によっては、専門知識がなければ解らない場合も出てくるはずですから、それでうまくいくかどうか。
ま、自分なりに、色々とやってみますです、はい。

発達障害がある人のための みるみる会話力がつくノート (こころライブラリー)
柳下 記子 野波 ツナ
講談社
売り上げランキング: 11,641


bmp

ってことで、今回は、U-NEXTで公開されている映画「母なる証明」のレビューを…。
この映画は、今年入ってからだったっけ? 悦子と一緒に布団の上でくっつきながら、最初から最後まで見てましてですね、いやもう悦子ちゃんハイパー大好き(゚∀゚)
 
この映画は、2016年4月29日現在、U-NEXTで、会員であれば、どなたでも視聴可能となっています。
U-NEXTは、動画サイトとしては、ちと割高なイメージがありますが、1つのアカウントで4つのIDを登録できること(私のアカウントで悦子も視聴しています)や、スマホオリジナルの音楽配信サービスを受けることができたりするので、そういう点では私は割安だと思ってたりします。



どんな映画?
貧しい暮らしを強いられている、老いた母親と、知的障害を抱える成人した息子。その息子に、ある日、殺人事件の容疑がかけられ、拘留されます。
その息子の容疑を晴らすため、母が奔走します。

見所は…?
息子の為に奔走する母の姿と、息子を取ります様々な人物などは、確かに見所ではあります。
役者さんの演技もすごくて、それはそれでいいんだけど…でもね。
映画のいたるところに、ツッコミいれたくなるようなところが満載なんですわ(´・ω・`)
映画の冒頭で、いきなりお母さんが踊り出したり、警察の捜査がずさんだったり(だいたい、携帯電話が普及している時代背景で、科学捜査を一切行っていないとはどういうことだ?韓国の警察って、そんな無能なわけないだろうに)、いちゃつきながらしりとりしてたり…

参考資料的なリンク
静葉ちゃんのお勧め度
★★★☆☆/5点満点中
なんというか…その…
おおまかなあらすじだけを取るのなら、私は、いい映画だとは思いはします。最後の最後にああなるとは思いもしなかった。いい意味で裏切られたって感じはします。
その一方、前述のように、その物語に関わっている様々な、細かな部分に、いい加減な設定が非常に多いため、なんだこりゃ? と思えてしまうところが多い
それに、はじめの30分くらいは、ともかく退屈。ですがその30分に、映画の基本設定が含まれているため、飛ばしてしまうとわけがわからなくなったりもします。
まあとりあえず、一度見て、いい映画ではあったけれど、もう一度見るのはおことわり、って感じになりますが、それでも一度見るだけの価値はあるとは思うのでお勧めはしていいの、かな? という、なんとも微妙な評価になります、はい。
ちなみに、予告編では、「カンヌ映画祭で賞賛の嵐!」とかいうキャッチコピーがついていましたけれど、これ、賞賛はされてもいいけど、「嵐」という言葉をつけるだけの賞賛を受けたのかどうか、ちと懐疑的だったりします。
カンヌ映画祭がどうのこうのとかいう宣伝文句は、信じないほうがいいんだろうね、やっぱり。

母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2010-04-23)
売り上げランキング: 41,429


bmp

ってことで、今回は、U-NEXTで公開されている映画「リアル・スティール」を視聴しました。
見た目SFですし、たまには、こういう娯楽作品を見るのもいいかな、と思いまして。

この映画は、2016年4月21日現在、U-NEXTで、会員であれば、どなたでも視聴可能となっています。
U-NEXTは、動画サイトとしては、ちと割高なイメージがありますが、1つのアカウントで4つのIDを登録できること(私のアカウントで悦子も視聴しています)や、スマホオリジナルの音楽配信サービスを受けることができたりするので、そういう点では私は割安だと思ってたりします。



どんな映画?
ロボット同士が拳を競い合う“ロボット・ボクシング”が人気を博す近未来。活躍の場を失った元プロボクサーのチャーリーの元に、前妻との息子マックスがやって来る。二人は廃棄場で見つけた旧式ロボ“ATOM”と共に再び誇りを取り戻す闘いに挑むのだが…。
ってのが、U-NEXTで記載されている映画のストーリーです(´・ω・`)
確かにロボットボクシングのシーンがあるのですが、このロボットボクシングそのものは、物語を盛り上げるためにあるようなものでして、内容も、SFとかアクションとかというよりも、どちらかというとヒューマンドラマに近いですね

見所は…?
落ちぶれた元プロボクサーの、その落ちぶれぶりと、そしてその息子との、親子の絆と信頼を取り戻していくその様子が一番の見所になるんだけれど
そのお父さんは、当初は、目先の利益しか考える事ができていません。そしてそれを諫める息子との言い争いがあるのですが、物語が進むにつれ、二人の距離が縮まっていきます。
ロボット同士のボクシングのアクションも見所ではありますけれど、どちらかというと、それは演出の為のおまけみたいな感じがしますね。迫力はありますよ。

参考資料的なリンク
静葉ちゃんのお勧め度
★★★☆☆/5点満点中
ちと評価が普通みたくなっておりますが…
ロボット同士のアクションシーンは、間違いなくCGが使われているのでしょうけれど、その動きは非常に滑らかで、さすがCG先進国って感じです。ロボット同士のボクシングの試合展開も、迫力がありました。
ですが、物語の本質は、あくまでも、離ればなれに暮らしていた親子の絆でして、当初は、お金がないことから、目先のお金のことばかり考えていたその父親が、息子の堅実な考え方に気づいていったり、また、彼のボクサー時代を知っている彼の恋人が、彼を支えている様子など、そうした人間性について、適切に描かれています。
その一方で、私が映画を見ながら思った事ですが…。
この物語のおおまかな流れ、なんかどっかで見たことあるなあと思ってたら、シルベスタ・スタローン主演の「オーバー・ザ・トップ」にそっくり! もちろん、おおまかな流れが、ですよ。展開も、ちと似てるな~ってところもありまして、そうした点から、ちと評価が低くなっております。
ともあれ、難しい事を何も考えず、純粋に楽しむことができた映画でした。
なお、私は、吹き替え版を視聴しておりますよ。

リアル・スティール [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-04-17)
売り上げランキング: 19,887


リアル・スティール (角川文庫)
リチャード・マシスン
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-11-25)
売り上げランキング: 694,508

このページのトップヘ