大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。



ボールペンの替え芯と、その替え芯に入っているインクの筆記量について、以前から気にはなっていたんだけれど、その比較の資料を掲載しているサイトを見つけました。
ただし、このサイトでは、リフィルの価格が記載されていないため、実際のコストパフォーマンスまでは不明です。
ってことで、私が使用しているボールペンリフィルに限定して、実際の筆記距離と、現在のメーカー希望小売価格から、100メートルあたりのコストを割り出してみよう、とまあ、こういうわけです。
装填されているインクの量と、ボール径の大きさによる筆記線の幅との関連性もあり、ボール径が小さくなれば、筆記量も増えるのですが、そのあたりのデータを揃えるのが困難あるいは面倒くさいことから、入手しているデータのみでの比較としています。
また、今回のこの記事では、すべてのリフィルを網羅しているわけではなく、あくまでも、私が使用しているボールペンリフィルについての資料です。
この記事は、資料を見つけ次第、更新する予定であること、また、この記事のページのみを表示することで、データの更新状況及び、更新時の個人的な感想なども掲載します。

なお、このリストでは、100円あたりの筆記線の長さをCPとして表示しています。ですので、100円を下回る値段のリフィルも、この計算方式に従っています。
また、ボールペンは、トラブルにより筆記できなくなる可能性もありますので、購入時は、コストパフォーマンスのみを考慮せず、芯を交換したらペン先も新品になることも念頭に置いてください。

【パーカー互換リフィル】
Parker Quink Flow(油性・低粘度) 3500m/800円 CP 437.5
STAEDTLER 458F-9(油性) 10000m/280円 CP 3571.4
Fisher SpacePen(油性・窒素加圧式) 4570m/1000円 CP 457.0
OHTO P80‐07NP(油性・低粘度) 1400m/80円 CP 1750.0
OHTO PG‐805NP(ゲル) 500m/80円 CP 625.0

【クロス互換リフィル】
CROSS Ballpoint Pen Refill F(油性) 3500m/800円 CP 437.5

【独自規格リフィル】
CARAN d'ACHE Goliath(油性) 8000m/1100円 CP 727.3
三菱 JETSTREAM SXR-80-07(油性・低粘度) 250m/80円 CP 312.5
三菱 Powertank SNP-7(油性・窒素加圧式) 800m/100円 CP 800.0
トンボ鉛筆 BR-SF(油性・特殊機構加圧式) 500m/60円 CP 833.3

【例外】
Fisher INFINIUM PEN(油性・窒素加圧式) 480000m CP ∞
こちらは、インク切れ一生涯保障、インクが切れたら新品に交換するという代物ですので、ある意味コストパフォーマンス最強のボールペンと言えます。 紛失さえしなければ、の話ではありますが、この1本さえあれば、一生涯他にボールペンを購入する必要はありません。
以前は、人類が火星に到着するまでインク切れ保証という制度の製品もありましたが、そちらは廃盤となっているようですね。 続きを読む


YouTube版 → https://youtu.be/_GeXIzORRIA
ニコ動版 → http://www.nicovideo.jp/watch/sm29150603

と、いうわけで、久しぶりに、動画を、大雑把に撮影し、アップロードしました(`・ω・´)ゞ
動画をアップロードするのって、これ、1ヶ月ぶりなんじゃないかなあ。このところ、他の用事やら色々やってて忙しいもんで。
ちなみに、使用しているプランターは、国華園で販売している、透水ポットという名称の、フェルト製(不織布)のポットです。
これ、ホームセンターで、同じような商品が売られているんだけれど、国華園で販売されているオリジナル商品のほうが割安だったりします。
同じ大きさの他社製品だと、この製品の倍以上の値段しちゃうからなあ。
ちなみに、このプランターだけれど、とんでもなく頑丈にできていて、利便性も高いです♪




突然ですが、1日だけ緊急入院しました
午前中、少し遠方まで出向いて、色々と用事をこなした後、お昼過ぎに帰宅したんだけれど、後に、だんだん、体力が低下してきているのを感じで、布団の上で過ごすことにした。
後にヘルパーさんが来て、家の用事を色々としてくれてたんだけれど、体調は回復するどころか、かえってつらくなるばかりでして…
そもそも自宅には車がないもんだから、移動手段の確保が難しいことや、安静にしていれば回復するだろう、という思いもあり、病院に行くことを渋っていたんだけれど…
主治医から、「調子が悪いときに診察しないと病状が解らないから、遠慮せずにとっとと来い」とかいう言葉を思い出し、ヘルパーさんに、病院などに代わりに電話してもらい、状態を主治医に伝えたところ、とっとと来い、とのこと。
ヘルパーさんの事業所が車を手配してくれ、病院に放り込まれ、様々な検査を受けた結果、今回の症状は、脱水症状だ、とのことで、一人暮らしであることも考慮した主治医の指示で、一泊入院することになっちまった(´・ω・`)
ついでに、血液検査や心電図、レントゲン、CTなどなど…の検査を受け、それらの検査の詳細は後ほど、ということになってはいるのだけれど、ともあれ、今回は脱水症状だけで、なんとか今は回復しつつある。まだ体がふらふらしているけどね。
この記事は、退院して、しばらく安静にしてから、いつものPCで原稿を書いているんだけれど、まだ体力は完全に回復しているとは言えない状態。だけどまあ、座っているくらいなら、ある程度普通に過ごすことができていたりします。若干吐き気があるくらいで、あとは問題は無いと思う、たぶん。

そもそも、脱水症状になった原因は?

さて、その、脱水症状になった理由なんだけれど…
脱水症状ってのは、もちろん、体内の水分不足が原因。なので、水分補給をしっかり行っていさえすれば、防ぐことができた。
だけれど、私の場合、ふたつの要因が重なり、それを予防することができなかったんだ。
ひとつめは、糖尿病の治療薬を服用しているため、普段以上に水分を補給する必要があるにもかかわらず、水分をあまり補給しなかったこと。
飲んでいる薬の中には、血液中の血糖を、どんどん尿と一緒に排泄する効果のあるものがあって、この薬の服用に伴い、大量に水分を補給するべきとされている。
場合によっては、1日あたりで4リットル以上も飲んでいることもある。
ところが、当日は、振り返ってみると、病院に運び込まれるまで、飲んだ水分量は1リットル未満。排尿の回数も、当日のその時点で2回と、いつもより少なかった。尿の色も匂いも濃かったのを覚えてる。
そしてふたつめは、発達障害者にありがちな、自身の体調の変化に気づきにくいってところでして…
当日を振り返ってみると、色々と用事をしなければならないことがあり、目的を果たすことや移動することなどに集中していた。つまり発達障害者特有の、過集中状態になっていた。
そのため、喉が渇いているにもかかわらず、喉の渇きに気がつかない、たとえ気がついても、水分を摂取しなければならないというところまで意識が向かないわけでして。
こうしたことが、結果的に、脱水症状を引き起こす、つまり手遅れ状態になってしまった、とまあ、こんなことが言えます。

今回の事で得た教訓
今まで、体調が悪化した場合は、自力で対策を取って安静にして体力回復を図り、後日、主治医に、どんなことがあったかを伝えていた。
なので、「調子が悪いときに状態を見ないとわからんから、そうなったらすぐに来い」と、事前に主治医から言われていたことから、病院で診察を受けるという選択を取ったわけだけど…
今回の、脱水症状、あるいは低血糖のことだけを考えると、これは自分の体調管理さえうまくできていれば、防ぐことができたはず。ところが、とある薬を服用したころから、今まで以上に、自分の体調の変化に気づきにくくなってしまっている。
おそらく、服用しているADHD治療薬の影響だと思うんだけれど、この感覚を言葉にして説明するのは、ちと難しいので、今は割愛しておくとして、まあとりあえず、発達障害者は、健常者に比べて、自分の身体の感覚が分かりづらいと考えてくれたらいいかと。
なので、自分の体調が今どんな感じなのか、自分の体に意識を集中して確認し、対策を取らなきゃいけない、わけ、なん、だ、けど、ね…
それがなかなかできんのよ(´・ω・`)

今考えている、そのための対策
ってことで、どうにかして、今やっていることを停止し、自分の体調を確認するよう仕向けるか、ってことなんだけれど…
スマホに時報アプリを放り込んで、定時に時報を読み上げるようにしてはいるものの、その時報を聞いただけでは、結局、「あ、時報鳴ってる」程度にしか思えないんだよなあ。
なので、棒読みちゃんで、「体調の確認しろ」とかいう音声データを作って、それを時報に仕込めばいいか、とか思っていたり…
また、バイブレーションつきの腕時計を身につけるとか、あるいはスマートウォッチを入手して使用するとかして、どうにか自己管理ができるようにできないかと考えてはいるんですけどね、んでもコストが…。
結局、どうすれば、うまくいくんかねえ?



実際、こういう、バイブ機能が搭載されている腕時計で安価なものもありはするんですけれど、そもそも腕時計をつける習慣がないからなあ…。

そうした、自身の体調の変化に気づくような、発達障害者向けのトレーニングなんてのがあるんかな。
つくづく、私の脳機能の不甲斐なさがいやになるね。脳障害とはいえ。


ニコ生で生放送なんぞをやっていると、相談を受けることが多々あったりするんだけれど、その相談に対して、私が回答をする際、いくつか気をつけているポイントがある。
このポイントってのは、テレビやラジオなどで行われている相談番組などと比較しても、また、一般的に相談を受け付けている人達の回答方法を見ていても、視点が全然違うんじゃないかな、と思っていたりする。
その、私が気をつけているポイントってのをとりあえずここに簡単に書いてみます。

相談者の人生に介入しない

おそらく、このポイントが一番大きいんじゃないかなあ。
相談を受けるのはいいけれど、どのようなことであれ、行動の決断をするのは、その相談者自身であって、私ではない。そして、相談を私に持ちかけてくる相手ってのは、私とは直接のつながりはないし、たとえあったとしても、その人の人生において、その選択を促すようなことは避けるべきだと考えている。
つまり。
回答はするけれど、その回答に対する責任を放棄しようとしている、とも言える。要するに、「逃げ」の部分を用意している、ってことも言えるね。
ただ、誤解して欲しくないのは、たとえ、回答することに対して責任を取らないとしつつも、真剣に回答している、ということ。

意見を押しつけない

自分はこう思う、って意見は色々あるけれど、その相談者が、私の意見に賛同しなくとも、それを追求したりしないようにしている。
中には、「俺はこう思う、こうしろ、俺の言うことを聞け!」みたいな態度で回答している人もいるけれど、そうした意見の押しつけを行うようなことはしないし、やってはいけないことでもあるんだ。もっとも、相談ではない一方的な物言いをしてくるような奴には、私は同じ態度で相手に接し、逆ギレしている様子を見て、馬鹿な人だなあと思ったりすることはあるけどね。悪い趣味だなあ…まあそれはともかく。
そして、私が心がけているのは、その相談者の悩みについて、相談者と一緒に考えよう、ってこと。
その相談者の思考能力、価値観、その他、様々な要素を取り入れ、補完し、気づいていない要素に気づいてもらうよう促して、こういう考え方もあるんだよと伝えたり…って感じで、どのような結果になるにせよ、絶対に間違いのない決断を促すように仕向けている。つまり、後悔の無い選択を行うように、ってこと。T.Qにおける「心の安らぎを得る」って考え方になるよ。

必要以上の情報を聞き出さない

上記に関連する事でもあることだけれど、その問題に対する回答を行う際、回答を出すために必要な情報以上のことは絶対に聞き出さないようにしている
これは、相談者のプライベートな部分を掘り出すことを避けるのもそうだけれど、それ以上に、不要な情報を得る事によって判断を鈍らせることを避けているなどなど、いろんな要素があるわけ。
要するに、必要なことだけを聞き出して、必要以上のことは言わないようにしている、ってことが言える。
もっとも、その話の内容が回りくどいとか言われることもあるけれどね。

現実主義であること

人生のさまざまな要素について、理想を語るのは別にかまわないけれど、でも、その理想がかなうかどうかは別問題だし、また、本人の努力だけではどうしても補うことが出来ない「運」という要素もある
そのため、「こうなればいいな」という、いわゆる「うまい話」はしないよう心がけている。
つまり。
どうしようもないことは、どうしようもないでいい、って考え方を踏まえ、様々な可能性を探り、その可能性の中には絶望も含まれるが、その絶望の可能性も、しっかりと指摘する、ってことも心がけている。
一方、その問題にとりまく状況についても考察して、こういうことも気がついて欲しい、これはあなたがその問題に取り組む上で見逃していることなんだよ、なんて要素も伝えていたりします。

知識が足りないなら補完する

相談者が抱えている悩みというのは、場合によっては、その知識があれば解決する場合もあるんだわ
たとえば、障害者であれば、障害者福祉の問題についての知識があれば、その福祉支援を受けることである程度解決する可能性もある。だけれど、その知識がないため、その相談者ひとりで黒婦していることも多々あるわけ。
なので、相談者さんにその知識がなく、私にその知識や情報がある場合は、それを伝えればいいってわけ。
三人寄れば文殊の知恵、なんてよく言ったもので、ニコ生で相談を受けているときに、私にその知識がない場合、他のリスナーさんが補完してくれることもよくありまして、ニコ生やってて良かったなと思うのは、そうした知識の補完ができる環境がある、ってことかな。私も相談を受けつつ、かえって私が勉強になっている、ってことがよくあります。

見えていない部分を指摘する

人間って、目先の利益を追求するあまり、その先にある不利益あるいは重要な部分に気がつかない場合が多い。これは私も人の事は言えないんだけれど…
ちとこの部分を説明するのは難しいことなんだけれど、要するに、相談する人の中には、ゲームの攻略法のように、この場合はこうする、という感じで、方法論だけを求めようとしている人もけっこういるんだわ
んでも、人生ってゲームじゃないし、攻略法があるわけでもない。
だから、目の前に見えているその問題だけを解決するのではなく、その先にある様々な状況についても考察するよう促すこともあるってわけ。この考え方は、遠回りに見えるけれど、でも堅実な方法でもある。
このことは、先人の知恵というかなんというか…TQと7つの習慣の、ふたつの書籍に掲載されている、思考に関する基盤が大いに役立ってるね。

完訳 7つの習慣―人格主義の回復
スティーブン・R. コヴィー
キングベアー出版
売り上げランキング: 60,496

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)
ハイラム・W・スミス Hyrum W. Smith
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 6,615

見返りは求めない
相談を受ける際には、どのような相談であれ、また、どのような回答をするにせよ、その見返りを求めることは避けている。
これは、いわゆる責任逃れのため、というわけでなく、私の気持ちの問題なんだわ。
この見返り、ってのは、金銭やものなどを要求することだけでなく、私が出した回答が役立ったかどうか、その後のことを聞くことをしない、ってのも含まれている
要するに。「その後どうなったか教えてね」ってことは、絶対に言わない。私の好奇心を満たすような要求も行わないようにしている。
もちろん、うまくいったかどうかってのは、私も気になるところではあるんだけれど…
んでも、どうなったか伝えたいと、その相談者が思ったのなら、それは私に伝えてくれると思う。でも伝えてくれるかどうかについては期待していないし、それに。
一番大切なことは、どうなったか伝えて貰うことではなく、実際にその人の人生が、私の回答が役立ったかどうか以上に、いい方向に向かえばいいってことだからね。


ってなわけで…
これが、私が相談を受ける際に心がけている要素。
もちろん、相談内容によっては、上記以外の要素も出てくるわけだけれど…
この考え方の中には、人間の感情というのは一切含んでいない、その一方で、本当の意味での笑顔を取り戻すための、その手助けになればいいかな、くらいは考えていたりします。


 

ここ最近のアニメで目立つのって、「ゲーム世界に閉じ込められる」とかいう感じで、ともかく日常社会とは違う場所へ飛ばされてどうのこうの…というのが目立つように思う私。
ちと、私の見て来た限りでリスト化してみると、
この他、ゲーム世界を舞台にしたような異世界に飛ばされてどうこう…という話も色々出てきてますね。
などなど…
これらアニメは、今のところ、U-NEXTで閲覧可能です。

U-NEXTは、動画サイトとしては、ちと割高なイメージがありますが、1つのアカウントで4つのIDを登録できること(私のアカウントで悦子も視聴して います)や、スマホオリジナルの音楽配信サービスを受けることができたりするので、そういう点では私は割安だと思ってたりします。



ゲーム世界に閉じ込められた設定小説の先駆者ってこれかな?
さて。
後者はさておき、前者アニメ、あるいは原作小説についてなんだけれど、こうした設定の先駆者となっている小説って、これなんじゃないかなあと思うのがありましてですね。
それが、こちら。
クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫 (0152))
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 105,478
この本、もともとはハードカバー版が発売され、後に、この文庫本が発売されたのですが…
ハードカバー、文庫本共に、すでに絶版(´・ω・`)
さらに言うなら、この文庫本に関しては、正直オススメできないです。と、いうのも、本の冒頭に、いきなりネタバレとなる余計な漫画が出てきてしまいまして、面白さが9割削がれます…
ちなみに、私自身、その書籍を紛失しているので、なんとも。

ゲーム世界に閉じ込められた設定小説の先駆者ってこれかな?
具体的な小説の内容については割愛しますが…後に発表されたソードアート・オンラインと、設定は酷似していたりします。
違うのは、クリス・クロスが発表された当初は、現在のようなバーチャル・リアリティの考え方がまだできていないため、ゲーム世界が、いわゆるフィールドではなく、ウィザードリィのようなダンジョンに限定されている、というくらいですね。
どういうことかというと…
たとえば、過去のSF映画を見ると、将来、コンピュータがどのように発展するか、当時のコンピュータ技術と照らし合わせ、情報を紙テープで出力してそれを読み取る、なんてシーンもあったりします。
つまりは、当時考えられる現実的な設定をしている、って感じですかね。時代も変わったもんです、はい。
この小説が発表された1994年は、まだインターネットも普及しておらず、MMORPGってのもなかったんじゃないかな。そのため、オンラインゲームという概念も、この小説内では登場しません
その上で。
今でも一気に読み進めるほどに面白い内容であることは、私が保証します♪
もっとも。絶版なんですけどね(´・ω・`)

作者・高畑京一郎
なお、この、クリス・クロスの作者である高畑京一郎さんは、
タイム・リープ―あしたはきのう
高畑 京一郎
メディアワークス
売り上げランキング: 98,393
こちらの作者さんでもあります。時をかける少女のオマージュ作品、って感じですね。
この物語は、映画化もされているのですが、いわゆるタイムスリップ作品と大きく違う点があります。
この物語は、まず、1週間の出来事である、ということ、そして主人公の肉体はそのままに、精神だけがタイムスリップして、時間を行ったり来たりするということでして…
そしてひとつの青春小説としても面白いですよ。一読の価値ありです。


このページのトップヘ