大人の発達障害と向き合う静葉ちゃんの試験室

静葉ちゃんが、適当にいろんなことを書いてますよ。

 15日に立ち寄ったいはら釣り具にて、店員と客との会話で、亀浦で28センチのアジが釣れている、という話を小耳に挟んだことから、その亀浦へ釣りに出かけてみた。
 しかし、実際に訪れてみると、とてつもなく強い風にあおられてしまい、とてもゆっくり釣りができる状況ではなかった。
 外海にさびきを投げてイワシが釣れていたため、私もサビキ仕掛けに15号おもりをつけて数度投げたところ、かなり離れたところで釣りをされていた方と仕掛けがからまってしまい、これは後から釣り座に訪れた私に落ち度があるため、自らの仕掛けをカットしてお祭りを解消。
 そして資材置き場に、今度は3本針の胴突き仕掛けで、自作の沖アミを餌に釣りをしてみたものの、相変わらずの風に仕掛けが流されるばかりか、肝心の魚もおらず、唯一、10センチを少し越えるくらいのフグを1匹つり上げた程度で納竿した。
 なお、帰りに、かなり久しぶり、鳴門のいのたにへ、ラーメンを食べに。コロナ対策として、入店時にマスクをつけるよう指示があったり、他にもいろいろと対策をとられていた。
 久しぶりのラーメンの味については、徳島ラーメンの中でも比較的あっさりとした味だった。普段から濃いめの味のラーメンばかり食べていた私からすると、やや物足りないと思うところもあるが、しかし後味についてはすっきりしており、それはそれで堪能することができた。

 リハビリを受けるために、午前9時に整形外科を訪れたのだが、本日の予約は15時40分からとのことで、出直すことになった。
 毎週土曜日は、いつも15時40分にリハビリを受けるよう、ずっと同じ時間に予約を入れているにも関わらず、また間違えてしまった。
 昨年初頭まで、リハビリは毎週、月・水・金の午前9時からとしていたのだが、デイケアに再び通うために時間の変更をし、土曜日は15時40分からとなっている、それがずっと続いているにも関わらず、また午前9時からだと勘違いしていた。
 こうした勘違いは今回に限ったことではなく、昨年より何度も繰り返し間違えている。
 この間違いを行ったそもそのの原因は、手帳を確認せず頭の中だけで予定を確認してしまったことにもあるのだが、ともあれ、大幅な時間の無駄になってしまったことそのものは、いかしかたあるまい。

 なお、リハビリを続けている右腕の様子だが、肩と腕に力が入らず、軽いものを持ち上げるにも苦労しているという状況については変わらず、ただ以前よりも、わずかではあるが力が戻ってきていることは実感している。
 一方、親指にもしびれがくることが最近になってあり、もっとも握力については40キロ近くまで回復してはいるものの、器用さがやや鈍ってきているような気がする。
 今のところ、筆記具を暑かったり、このブログを書くためにキーボードを操作したりといったことについては問題なく行えてはいるのだが、はてさて。

 ふと気がつくと、ともかく何かを食べたり飲んだりしている。それも衝動的に。
 食べる際に、おいしいかどうかはあまり気にしておらず、ともかく食べなければならない、という感じに捉えている。
 そうして、ともかく食べるときに、私の理性、つまり食べないという選択をとることができず、どちらかというと本能を優先して衝動的に行動しているのが振り返ってみるとよくわかる。
 その根本的な原因が、ストレスにあることに、今日になってようやく気がついた。
 発達障害者はそもそもストレス耐性が非常に低いそうなのだが、日常生活では、どれだけストレスが溜まっているのかは自覚しにくい。その自覚できていないストレスを発散するために、私の場合、無自覚のうちに食べている、と、こういうことだと自己分析している。
 実際、ストレスなく快適に過ごせている時間は、日常生活においては皆無といっていいだろう。唯一、温泉にいったときに長時間水風呂に入っているときは、そうしたストレスを一切感じずに済んでいるようだ。
 一応、ストレスに関する学習はかなり行ってはいるものの、それでもストレスとうまくつきあっているとは言い難いのだろう。
 自分自身の内面に意識を向けてみても、やはりかなりきつくなっているような、そんな感じだ。
 どのみち、何か他にもいろいろと対策を立てておいたほうが良さそうな、そんな気がする。

 私が加入しているソフトバンクの契約プランは、毎月50GBまで通信できることに加え、主要な動画サービスの通信料についてはカウントしない契約になっている。
 これは動画の視聴だけに限ったことなのかと以前ソフトバンクに質問したところ、アップロードやストリーム配信にも有効である、とのこと。
 そのため、YouTubeのみならず、ニコニコ動画、またニコニコ生放送についても、外出先での利用については、パケット使用料を一切気にすることなく使用することができるようになっている。
 さて、先日より、いわゆる試食レビュー動画の制作を再会したのだが、デイケアで編集するのみならず、その外出先からYouTube及びニコニコ動画に投稿するようにしてみた。
 PCからアップロードするのとは違い、アップロード作業そのものは非常に簡略的なものとなっているのだが、そこから4K映像、つまり動画のデータ量が非常に多いものをアップロードしてみた。
 ひとつの動画に、だいたい8GBくらいはあるだろうか。
 それくらいの動画データを外出先から投稿するのだから、通信プランが安い、つまりあまりデータ通信料を使うことができないプランであれば、すぐに速度制限がかかってしまうくらいのデータ量ではある。にもかかわらず、特定のサイトのみに適用されるとはいえパケットにカウントされないため、データ通信量には一切影響しない。
 もっとも、ものが4G通信であるため、アップロードするにもかなりの時間が必要ではあるのだが。
 なお、アップロードしてから、再び投稿先にログインし、動画へのコメントなど、いろいろと編集する必要もあるのだが、ただ投稿するだけであれば、特に制約なく投稿することができるのは、私にとっておおきなメリットだと言えるだろう。

 とあるきっかけを理由により、動画の投稿に全く力が入らなくなって久しくなっている。これではいけないと、動画を撮影する機会をなんとか増やそうと考え、準備していたのだが、それでもいろいろと理由をつけて動画を撮影することすら無かった。
 そこで、今朝、ふんぎりをつけて、ともかく試食レビューの動画を撮影しようと、ペヤング超超超大盛り納豆キムチ味の試食レビューの撮影を行った。
 該当製品は、近所のディオで398円で販売されている一方、先日立ちよったドン・キホーテで198円で販売されていた。そこで購入したのだが、半額だからと2つ購入していた。そのうちのひとつを試食レビューの動画として撮影することにした。
 この手の動画は、基本一発撮りで、前説の撮影に失敗した場合は撮影し直すが、それ以外は、たとえ途中で何らかのアクシデントあるいは失敗があってもそのまま撮影を継続し、トリミングなどの編集をいっさい行わず投稿するようにしている。
 そんな感じで、久しぶりに撮影に挑んだわけだが、撮影そのものは、まあうまくいったんじゃなかろうか。
 残る問題は編集作業だけで、簡単な編集は夕刻までに終えたものの、動画のBGMだけは、これまで使っていたBGMが編集ソフトの技術的な問題により使用することができず、どのようにすればいいのか悩んでいる。
 最終的な編集及び投稿作業は、とりあえず明日行うことにしておき、本日行った撮影手順を試食レビューなどの今後の撮影フォーマットにできればと思う。

このページのトップヘ